谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「わたし、赤面症です。手、声も震えます」の治し方

「赤面症」という対人恐怖の症状がある。
「手が震える」、「声が震える」、「脚も体も震える」。
脳の働き方が分かれば、正しく治せる。

《相談の事例・わたしは中学生のころから顔が赤くなる症状がありました。
結婚して主婦になってもまだ治りません》
(高藤伸子(仮名)、38歳、主婦)

 わたしは、今、結婚して10年めの主婦です。
 赤面症で今も悩んでいます。
 始まりは、中学生のころからです。理科の授業のとき、男性の教師の顔を見ながら授業の話を聞いていると、なぜか、不自然に顔が赤くなったのです。
 わたしの顔が赤くなったのを近くの席の女の子に気づかれました。
 わたしの顔が赤くなることがクラス中に広がりました。
 わたしは、理科の授業がすっかり嫌になりました。

 わたしは男性恐怖症になったのではと思いました。
 、相手の人が男性でなくても、女性と話しても頭の中はまっ白になります。話をすると声も震えます。結婚する前は、会社に勤めていましたが、手が震えるのを上司に見られてたいへん辛い思いをしました。
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 「赤面症」と「声が震える」「手が震える」「足が震える」というのは、日本人の対人恐怖症の症状としてよく知られています。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人要介護問題に焦点をあてて脳の働き方を説明しています。
 要介護状態とは、認知症(痴呆症)中核症状行動の止まり」のことです。

 この「行動の止まり」は、認知症(痴呆症)の周辺症状から始まります
 「赤面症」とか「手、声、脚が震える」という症状は、周辺症状です。
 脳の働き方からみると、このことがよく分かります。
 「行動が止まる」ということに周辺症状の本質があります。
 相談の事例の女性は、「学校で勉強をすること」「会社で仕事をすること」「結婚して主婦として人間関係をつくること」の全ての「行動」が「止まっている」ことに脳の働き方の特徴があります

 「赤面症の人は、学校でも仕事でも、結婚生活でも、ぜんぶの行動が止まっているというと、意外に思うかもしれません。学校にも行ったし、会社にも勤めたし、今は結婚して主婦としての生活をおこなっている。ちゃんと行動しているように見えるじゃないか、と誰もが思うでしょう。

 ところがそうではないのです。
 赤面症とか、声が震える、手が震える、脚が震える人のおこなっている行動は、擬似行動といいます。
熊野クマ江 犬とか猿とかの動物に芸を教えるためには、くりかえし、なんども反復して経験させます。手、指、身体の皮膚の触覚に記憶させます
 人間がこのようにして行動を憶えることを擬似行動といいます
とは、ポルソナーレの熊野クマ江さんです。

 脳の働き方からみると、「母親が子どもの顔、目を見ない」「母親が子どもの話を、顔を見ながらおしまいまで聞かない」という生育歴をもつ女の子は、中学生をすぎたころから、「赤面」したり、「手、声、足」が震えるという症状があらわれます
 「行動にともなう言葉記号としても丸暗記できない、行動を言葉で憶えられないという脳の働き方に原因があります。

 人間の行動は、視床下部の欲の脳がつくり出します。女性の性の欲視索前野が中枢です。
 言語と人間関係の法則(対幻想)をつくります
。女性が、言葉を丸暗記もできない行動を言葉で憶えられないとき、自分の行動を他者から言葉で話されるとか質問されると、視索前野が生殖としての性の意識を思い浮べさせます。この生殖の性意識が赤面をつくります恥意識が起こります。自分はヨソ者だ、穢(けが)れているという孤立感が生まれるのです。これが赤面です」と、ポルソナーレの熊野クマ江さんは説明します。

 行動のための言葉を憶えられないのに、なぜ行動がつづけられるのか?というと、日本語の「内扱い」が自分の行動は立派だ」と、自分で自分を高く評価して、尊敬するからなのです。
 これは「作り話による行動の作為」という行動です。必ずミスが起こり、デタラメの行動になります。それでも「内扱いのイバリ」で行動をつづけると異常な筋肉の硬直となり「震え」が起こります

 「ポルソナーレの特別の個人指導のレクチュアを受けました。
 行動と言葉は一致しているから、行動を言いあらわす言葉を学習しました。これで赤面症が治りました。次に、どんな行動も、決めたとおりに、正確にガマンしておこなうように実行しました。一週間で赤面症と震えが治りました。
 今では、何十年もの悩みがすっかりきれいに解消して夢を見ているように幸せです」と高藤伸子さんは、喜びの声を語ります。
うさ子
谷川うさ子さん
関連ページ:予防と改善の決定版「日本人の認知症(痴呆症)、および要介護状態」の引き起こされ方と増加のしくみ。

関連ページ:「予防と改善の対策」 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である

関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
日本人の最大の問題である「要介護状態」「認知症」(痴呆症)の予防、防止、改善


◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら


うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.