谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

わたしは16歳の女の子。
変な目でニラムなと言われて霊憑き女になりました

日本人の認知症の周辺症状は「人の顔を見ない」から始まる。
「ニラムように見る人」は、人間関係を敵視する。
「ソッポを向いて話す人」は、精神の異常をつくる。
なぜ、こういう異常がつくられるのか?脳の働き方のしくみから診断する対策とアドバイス。

《相談の事例・わたしは霊が憑いたかのように、行動のぜんぶがおかしくなります》

 わたしは、16歳の女の子です。
 中学3年生です。
 中学2年生のときに、クラスの男の子から、突然、「ぼくのことを変な目でニラまないでくれ!と言われました。
 この日からわたしは、クラスの男の子の誰とも話せなくなりました

 もともとわたしは明るい性格の女の子だったのです。
 それが急に暗くなりました。胸がしめつけられたようで苦しくなりました。
 表情も暗くなりました。手、足を動かす動作のひとつひとつがロボットになったかのようにギクシャク、ぎこちなくなりました。話す言葉もどもって、声がかすれて、ウシガエルのようにウー、ウー、ウー、ウーと低い声でしかしゃべれなくなったのです。
 何かの霊が取り憑いて、タタられている思いでいっぱいです。

 男の子ばかりではなく、女の子とも人の顔を見て話せなくなります。人が自分を変な目で見ているような気がして、ひとりでいるときも「人の目」を意識して気にしています。

 日が経つとわたしは、元どおりの明るい自分に戻ります。しばらくすると暗い自分になります。
 このごろは暗い自分のほうが多くなった気がします。
 (山沢小夜里(仮名)、16歳、高校生)
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 この16歳の女の子の相談は、「人の顔を見て話せなくなった」、が中心です。
 そして、「霊が取り憑いたかのように体の動きがおかしくなった」と身体症状も説明しています。精神状態もおかしくなっています。表情、声が、話す言葉まで暗く不自然になったといっています。

 日本人の女性は、早ければ小学2年生くらいから心身の不調をつくります。「人と明るくしゃべれない」「人間関係は、どんな人とも緊張して、楽しい関係をつくれない」などが起こります。
 直接の原因は、「母親から顔も目も見てもらえない」「自分の話をしっかり聞いてもらえない」ということがつくり出します
 そんなふうにの働きが動き出すのです。

 母親が、子どもである女の子の顔を見ないで話す目を見ないで話すということが、女の子の視索前野(視床下部)言葉と人間関係を志向していくための行動を止めます
熊野クマ江 「日本の女性は、小学4年生から中学の3年間にかけては、男の子と話をして行動の能力をつくる必要があります。そして、母親が女の子の言葉と人間関係の能力づくりのために、『女の子の顔と目を見るということがなければならないのです。
 さらに、女の子が一方的にしゃべることをおしまいまで聞いて外扱いの話し方を教えなければならないのです」とは、ポルソナーレの熊野クマ江さんの説明です。

・女性(女の子)の欲の中枢神経「視索前野」(言語力と人間関係の中枢)・食べたくない中枢(拒食症の原因)・食べたい中枢(過食症の原因)

 母親が、働いていることや心身の不調を理由にして子どもである女の子の顔はもちろん、目を見て話さないと、女の子は、人間関係に敵意を抱くようになるそうです。
 女の子がここで話す言葉は、ひとり言のように、相手がいないのに話す話し方と同じになります。行動とは全く関係のない言葉がとめどもなく、果てしなく口から出てくるというしゃべり方になるのです。相談の事例の山沢小夜里さん(仮名)の「人と話せなくなった」「顔も表情も、動作もおかしい」という症状は、性の中枢神経の「視索前野」がつくり出します。
 原因は、視索前野の生成する言葉と人間関係の能力が「行動」にむすびつく「言葉」を母親から学習していないことに理由があります。
 これは、精神分裂病と全く同じ言葉の歪み、行動の破綻です。
 「霊が取り憑いたようだ」という発言は、言葉が、完全に行動から引き離されて、勝手にひとりでに夢遊病者のようにフラフラと浮遊しているという心的現象です。
 これは、精神分裂病と同じ現象です。

 「ポルソナーレに入会して、特別の個人指導のレクチュアを受けました。 
 家の中で、毎日行なうことを決め、その行動を正しい文でノートに書く、というように言葉と行動の一致から指導していただきました。
 母親の顔と目を見て話すことをレクチュアしてもらい、人間関係の能力が驚くほど回復しました。精神の不調もすっかり回復して、男の子とも明るく話せるようになりました。毎日、ステキな笑顔で元気があふれていてとっても幸せです」と山沢小夜里さんは話します。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.