谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

認知症の周辺症状「目が疲れる」の治し方

日本人の認知症(痴呆症)は、「目が見えない」、「耳が聞こえない」から始まる。
白内障、緑内障、突発性難聴だ。
ここから強迫観念や強迫神経症がつくられる。
知的に読むこと、聞くことが全くできなくなる、が症状だ。
すると認知症(痴呆症)の中核症状に転落する。
そこで、脳の働き方の原因と理由から対策を教える。

《事例》

 わたしは、大学を卒業して国家公務員になりました。
 ある官庁に勤めています。
 わたしは、高校、大学でよく勉強したのでどんな試験もいい成績で合格する自信がありました。
 かなりの難関といわれた国家公務員に応募して、楽々と合格して現在の職に就いたのです。自宅から通っている25歳の女性です。

 わたしの視力は「左目が〇・一」「右目が〇・〇九」です。ふだんはメガネはかけません。本を読むことは好きなのですが、30分も読むと非常に目が疲れて、ボヤけます
 好きな小説だとか、スマホ、パソコンの画面を見ても疲れは感じません
 少し難しい文章の本を読むとすぐにイライラするので飛ばし読みをします。仕事の中の書類も、いつの間にか飛ばし読みをしてしまい、レクチュアを受けるときに曖昧にしか理解していないためのミスを起こすことがたびたびあります。

 わたしには結婚を約束している交際中の男性がいます。辛いのは、喫茶店などで長時間、話すときです。
 男性の顔を見ていると、目が疲れてきて、突然、耳が聞こえにくくなるのです。相手の男性との距離感がおかしくなって、巨大に膨張して見えたり、男性の目が巨大になって迫ってきて圧迫を感じます。目をつぶってしばらくして目を開けると、普通の距離になっています。
 男性は、ソッポを向いているので目が楽になるのかもしれません

 わたしが困っていることで深刻なのは、「自分の思うとおりに行動ができない」ということです。すぐに「めんどくさい」と思います
 「疲れているからできない。今は休みたい」と思ってしまいます。
 そのいちばんの例が「朝が起きられないこと」です。
 仕事に行く日の朝も、「もう少し寝ていたほうがいいや」と思い、朝食も食べずに出勤することはしょっちゅうです。
 わたしは「もの忘れがひどい」ために、命じられたこと、今言われたばかりのことげんに今自分がやっていたこと取り組もうとしていたことすぐに忘れるのです。

 わたしは、食べることもめんどうになります。食べれば何でもおいしく食べられるのですが、食欲というものが感じられません。甘いものならどういう時でも食べられますしょっちゅう甘いものを食べたくてしょうがありません
 甘いものを食べなければいけないような気持ちになってこれは異常だなと思える食べ方をしています。
 わたしの脳の働き方って、どうなっているのでしょうか。
 (清原安子(仮名)、25歳、公務員)
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 相談の事例の清原安子さんの「目が見えにくい」「目が疲れる」というのは、認知症(痴呆症)の周辺症状です。「認知症」(痴呆症)か?と問われると「広義の認知症です」というのが診断です。
 「目が疲れる」「長い間、本とか、人の顔を見つづけると辛い」ということは、「耳の働き」(聴覚)「視覚」中枢神経脳の中では隣り合わせにぴったりとくっついているので、人間の話す言葉も聞こえなくなっているということを意味しています。もちろん、清原安子さんがいうように、書かれている本の文章も全くといっていいほど読めなくなります
 もちろん、本人はちゃんと人の話を聞こうとしているし、聞いているつもりです。

 また、本も読まなくっちゃと思うし、読んでもみるのです。
 しかし、本人がいくら努力しても、意味不明の音が頭の中に響いているだけで、何を聞いたのか?何を読んだのか?ひとつも記憶できていません
 認知症(痴呆症)の周辺症状は、人の話を聞くことはできる、本も読むこともできます。しかし、中味が分からないのです。中味を分かる能力が働いていないのです。人の話す言葉は、たしかに耳に入ってくるのだけれども、何を言おうとしているのか、何を説明しているのかがまったく分かりません。

 これは、会話のときに、「相手の顔を見ない、目も見ない」で聞く、そして話すということがつくり出す脳の働き方です。脳の中で言葉を生成しない脳の働き方です。目と耳の自律神経は、人としゃべるときに相手の顔を見ない、目を見ないとどこまでも原始的な脳の働き方に変わってしまい、犬とか猫と同じ脳の働き方に近づいていきます

 するとどうなるのか?というと、人間の「欲の脳」に働き方の異常が起こります。「食欲」と「性欲」に異変が起こります
 「視床下部」がつくり出す「性の欲」と「食の欲」が暴走します。
 「食べたくないのに食べる」とか、「食べなければならないのに食べない」というのが「食欲の暴走」です。
 「恋愛している相手に異常なことを言う」とか「性の関係のある相手がいびつに歪んで見える、そこに存在していないように感じられる」というのが「性欲の暴走」です。
 嫉妬妄想見捨てられ妄想被害妄想などが「性欲の暴走」のよく知られている例です。

 「視床下部」の中の性の中枢神経異常な働きは、「目の前の人が、話をするときに顔を見せない」、「食事をするときにも顔を見せない」ということが起こると、暴走が止まるのです。「食べたい」のをつくる中枢神経(外側核)が働いて、「行動」とか「言葉」をつくり出す交感神経を働かせようとします
 しかし、ここでも「顔を見せない」(顔を見ることができない)ということが毎日の「食事」の中で起こると、「過食症」と「拒食症」をくりかえします
 高齢者の場合、ここから「衰弱死」に向かいます。 
 「呑み込み障害」をおこして肺炎で死ぬ人もいます。

 若い人の場合はどうなるのか?というと、中枢神経は、「食べたい」(外側核)と「食べたくない」(腹内側核)の「」の両方を時計の振り子のようにぐるぐる回って、「過食状態」と「拒食状態」をくりかえすのです。
 相談の事例の清原安子さんが「食欲はない。しかし甘いものはいつでも食べる。甘いものを食べるのが強迫神経症になっている」と言っているのが、若い人の「衰弱死状態」です。

 仕事にミスがひんぱんに起こって、朝も起きづらくなり、休日は一日中パジャマでゴロゴロしている状態がつづきました。神経科に行って、仕事を休職するしかないと思っていました。
 ポルソナーレに入会して特別の個人指導を受けたら一週間もしないうちにみるみる頭の働きが回復したのです。職場で誰と話しても二度見されるくらい笑顔が明るく優しくなって、仕事ぶりも上司から高く評価をいただいて、毎日がとても充実しています」と清原安子さんは話します。

 「脳の働き方を認知症(痴呆症)無関係な脳の働き方にするには、相手の言葉のどこに注目して聞き、話すか?というコツがたいへん重要なのです。ここで間違うと内扱いのイバリの言い方になって嫌われます熊野クマ江
 ポルソナーレは、今、ひとりひとりの脳の働き方の歪みを改善しながら対策を教えています。
 認知症になれば思いもかけない労力や費用の支出を迫られます。周辺症状に思い当たれば、今すぐ、改善を試せます」と熊野クマ江さんは呼びかけます。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.