谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

大勢の人の前で心が晴々する話し方

仕事の中の会議で話すと声が震えるということがある。
顔はこわばり、目がひきつり、何も話せないという症状だ。
緊張で倒れそうになることもある。
脳の働き方を変えれば、みるみる劇的に話せる性格になる。

《事例》

 わたしは、独身で44歳の女性です。大手の建築業の会社に25年間勤めてきました。
 特別に親しく付き合った人もなく、心安らぐ人間関係もなく今日まで淋しく過してきました。
 仕事は、長い間勤めている中で責任のある立場を担っていますが、やりがいとか、充実感などは感じられず、慣れているからこなしているという感じです。

 わたしは、職場で何かを言われると何も反論できません。自分の感情を自分で押え込む感じになります。
 部下にあたる若い人が発言したり、行動しても注意もできず、心の中では暗い怒りの気持ちで声が出なくなり、呼吸だけが荒くなります。仕事中にスマホを眺められるとそういうことはやめなさいとは言えず、背中から胸にかけて痛くなります。そしてひどい呼吸困難になります。
 仕事中も、頭がどんよりと重くなります。この25年間、いちども心が晴々として仕事をしたという思いがありません

 わたしは、大勢の人の前で話すのがとてもニガテです。
 ひどく緊張して、何もしゃべれなくなります。会社は、ことあるたびに研修とか、会議とか、打ち合わせというものがあります。
 たしかに、どんどん話している人の中には、聞いていても何を言いたいのかよく分からない人もいて、たいていは媚を売ったり、諂(へつら)ったりしているのがみえみえの話をする人もいますが、わたしは、それすらもできないのです。

 わたしは、長い間、こんな自分に自己嫌悪を感じて、寝込んで立ち上がれないくらいの不調になることもありました。
 わたしの人生には、まだ未来がありますか?
 (中山文子(仮名)、44歳、建築業・会社員)
うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 ポルソナーレは、人間の脳の働き方のしくみについて研究をつづけています。人間の心とか精神は、脳の働き方がつくり出します。約40年以上も研究をつづけているので、相談の事例の中山文子さん(仮名)のような悩みのつくられ方も手に取るように分かります。

 ふつう、中山文子さん(仮名)の抱えている、「大勢の人の前で話すと異常に緊張して、声が震えたり、背中とか胸まで痛くなる」というような症状は、「緊張症」とか、「うつの症状のひとつ」とか言われるでしょう。
 本人がじぶんの体に感じることしか分からないので、そんなふうに、事実としてハッキリ分かることを症状の名前にするしかないからです。

 中山文子さん(仮名)のように「大勢の人の前で話す必要があるのに話せない」ということがあると、誰だって、の身体の中に血流がスムースに流れるところと、血液の流れが広い幅の川の中を流れるようにゆっくりしか動かない、川水がひとつところにとどまって動かないところに分かれる、ということが起こります。血流がとどこおるところには、痛みとか苦痛とか、不快感とかを引き起こす生化学物質が中枢神経に作用しはじめます。これは、脳の働き方というものを哲学の定義の裏付けをとりながら考察してはじめてよく分かることです。
 こういう研究と症状とか病気の治し方を開発しているのは、世界の中でもポルソナーレだけです。

 中山文子さん(仮名)は、脳の中でも「自然性」といわれている機能優位に働かせている女性です。人間は「自然性」を多く抱えていますが、「人間の意識」がつくり出す「人工性」をつくり出す機能ももっています。日本語は脳の中の「自然性」を働かせるための言語です。だから、中山文子さんのような「人の前で話すと震えるとか、自分でも驚くほど緊張して、自己嫌悪におちいる」という人は、ごくごく普通のことなのです。

 中山文子さん(仮名)は、日本人なので、「じぶんは日本語をしゃべれる、日本語というものはよく分かっている」と思っています
 ところが、脳の中で「自然性の機能」を中心に話したり、読んだりしている人は「日本語」というものをよく分かっていないのです。とくに、メールとかスマホを使うのがふつうになると、「日本語」のもっている「伝える機能」「分かり合える機能」を脳の中の「自然性の働かせ方」から脱落させます
 これが認知症(痴呆症)の中核症状になっていくのです。

 中山文子さん(仮名)には、「人工性としての日本語の使い方」を教えました。脳の働き方を「伝える」「分かる」という働き方に変えたのです。
 すると、一週間もしないうちに、職場の中で「仕事の話」をするのが驚くほど楽しくなりました。会議の中で話しても、初めの5分は緊張しても、リラックスして気持ちよく話せるようになりました。

 「今では、子どもの頃から嫌いだと思っていた父親の顔と目を見て話すというアドバイスのとおりに実行して、心から打ちとけて話せています。このときの話し方、聞き方のとおりに話したら、父親の入浴しないなどの異常行動もすっかり治りました」(中山文子さん)。熊野クマ江

 「脳の働き方のしくみを勉強すると、うつ病なら一ヵ月以内に解消です」とポルソナーレの熊野クマ江さんは言います。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.