谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

怒鳴る母親が育てた子どもは、人の親切を恐がり、
自分の子どもの子育てに不安いっぱいになる

日本人の人間関係は「内扱い」と「外扱い」が一般的だ。
「内扱い」とは「相手の顔、目を見ない」のことだ。
しかし、怒鳴る、バカにするときは「顔、目を見る」。
怒鳴られた子どもが成人すると、「依存症」ムキ出しの人生になる。

《相談の手紙》

 わたしは、35歳の主婦です。生後4ヵ月の子どもがいます。
 わたしは、子どもを育てる自信がありません。実家に戻り、母親の世話を受けてなんとか、かろうじて子どもを育てています。
 わたしは、実家の母親も嫌なのです。小さい頃から怒鳴られバカにされて育ったからです。
 お前は、バカだから何もできないと言われ何でも母親にやってもらいました過保護に育てられたのです。

 夫の母親(義母)はとてもいい人です。話もていねいで、やわらかくほほえみながらおだやかに放します。わたしはこの義母と話すのがとても苦痛です。はい、はい、そうですね、そうです、と下を向いて話します。
 顔も目も見ることはできません
 思ったことを言おうとすると、顔をそむけてあらぬ方を見て話します
 結婚生活にも自信がありません。毎日、変なことをしています
 そうじをしようと思っているのに、クツを磨くとか、せんたく機を回そうと思っているのにトイレ掃除をする、とかです。気がつけばこんな生活から逃げ出したいとばかりを白日夢のようにボーッと思い浮べています
 (山田花子、35歳・仮名。主婦)

うさ子
谷川うさ子さん

《ポルソナーレのカウンセリング》

 人間のは、脳と脳に分かれています。脳は「言語野」です。脳は「感覚野」です。
 「感覚」とは、「見る」「聞く」「触る」の器官その「内容」(イメージ)のことです。
 脳には「ブローカー言語野」と「実像」の二つの部位があります。
 この「実像」が、今、げんに見ていることと、げんに今、聞いていることについての「対象」を「知覚」し、そして「認知」します。

 ふだん、人間がものを見たり聞いたりするときは、「右脳・実像」の部位を働かせています。
 それは、子どもの脳の働き方を観察すればよくわかります。
 子どもは、じぶん見たこと、聞いたことをそのままそのとおりに話しています。しかも非常に正確に話します。

 子どもの話し方は、ただ見たよ、聞いたよ、という話し方ではありません。
 「動物園に行ったよ。トラがいたよ。トラって大きいよ。岩のかげで寝ていた」
 「雨の降る日は、トラさんは、どうするのかな?」
 「わかんない、ぬれるよ」
 「雨の日は、長グツはくでしょ。カサもさすね。トラさんはどうするのかな?」
 「トラさんはぬれるよ」
 「トラさんはね、長グツを4つはくんだよ。四つ足だからね。カサはどうするの?」
 「トラさんはカサをさせない。ぬれるよ」
 「トラさんはね、しっぽでカサをもってさして歩くんだよ」

 このように、事実や事実関係の内容を見たり、聞いたりするのが「右脳・実像」の「視覚が知覚する認知」です。
 「右脳・実像」は、「目の感覚の働き」と「目の知覚による認知」の二つで二重になっていることを理解しましょう。

 相談の事例の山田花子さん(仮名・35歳)が「子育てに自信がない」「日常生活の中で意味不明の行動をおこなう」のは、母親の怒鳴り声が、「左脳・聴覚野」の言語を分かる働きを壊したからです。
 こういうときの母親は、子どものころの山田花子さんの「顔、目」をぎーっと凝視するように、ニラむように、見ます
 子どもの山田花子さんは、母親の顔、目を見ますが、それは、怒りの声、大声とともに、なので、クローズ・アップ(大写し)に見えてイメージされるでしょう。
 このときの母親の言葉は、母親自身の欲、感情という意味を言い表します

 つまり、5W1Hにもとづく事実などの「客観」の内容ではありませんこれが子どものころの山田花子さんの「右脳・実像」に思い浮びます
 山田花子さんの「」「」の能力は、「認知の能力」(目の視覚の知覚による認知の働き)が壊れてしまったのです。

 成人して結婚した山田花子さんは、「右脳・実像」の「目の感覚の機能」が働かなくなりました。ちょうど、スマホを見ながら歩く人のように、目と耳の「感覚」に迫ってくる母親の指示への言葉に依存症になったのです。

 「義母の顔、目が見れない」といっています。
 依存できないとき、自分の性の欲の衰弱が起こり、ちょうど高齢者が食欲不振に陥って「老衰死」「衰弱死に向かう脳の働き方になっているのです。無意味な行動をくりかえす(仮性作業)ときは、「死」が目の前に迫ってきています。対策の基本は「顔、目を見る」です。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.