谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

高齢者の虐待は、「顔を見る」「目を見る」、
「そして自分の顔を見せる」が解消する

平成27年9月27日付けの日本経済新聞の「メディカルNOW」欄に、「止まらぬ高齢者施設での虐待」が報道されていた。
「殴る・蹴る」(64%)「無視」(33%)「介護放棄」(17%)という内容だ。
虐待の要因は、「教育、知識、介護技術の理解不足」であるという。
しかし、脳の働き方の観点からみると、本当の原因は「顔を見ない、目を見ない」「自分の顔を見せない」にある。
ここを改善すれば高齢者の虐待はなくなる。

 介護業界でも医療業界も、「認知症」(痴呆症)とは「体験を忘れることだ」と定義している。
 この「体験を忘れる」とは「さっきの食事を忘れる」とか「身近な人の顔、名前を忘れる」といったことだ。
 中核症状という。

 認知症(痴呆症)の中核症状に、人それぞれの「周辺症状」があると説明されている。
 周辺症状はものすごくたくさんある。
 目、耳の神経症(白内障、緑内障、突発性難聴など)、嫉妬妄想物盗られ妄想、自分はイジメられている(被害妄想)、行動障害(つくり話、作話症、仮性作業、ゲーム、マンガ依存など)などだ。

 これは、脳の働き方言語学言語理論を理解しない人には全く理解しえないことなのだが、日本人は、「体験」というものを初めから学習しないのだ。
 「体験」と「経験」という言葉があるが、この二つは内容も意味も全く違う
 「体験」とは、筆順、言葉の意味、本の正しい読み方、文や文章の正しい書き方、推移律、帰納、演繹などの思考の方法、説明の仕方、などのことだ。
 日本人はこれらのことを「内扱い」(ウチ扱い)によって拒否し、学習を否定する
 つまり、「体験を忘れる」といっても、初めから学習していないのだから「忘れる」ということが成り立つはずもない。

 この「体験を学習しない」ことがつくるのが「周辺症状」である。
 不適応不適合などの病理症状は全て認知症(痴呆症)の「周辺症状」なのである。

 この「周辺症状」のとも土台になるのが「相手の顔を見ない、目を見ない」というものだ。
 「相手の顔、目を見ない」中で「話す」そして「聞く」

 この「相手の顔、目を見ない」中で「話す」「聞く」から「妄想をしゃべる」ときには「相手の顔、目を見る」
 これは、「笑い声を出しながらしゃべる、聞く」だろう。
 そして「嫉妬妄想」「関係妄想」を話すときは、「相手の目」をニラみつけながらしゃべる。
 共通するのは、「言葉」のもともとの正しい意味打ち壊し、踏みにじり、粉々(こなごな)に粉砕するということだ。

◎例
1.貴様(尊い方)を「キサマ」と罵(ののし)り語変える
2.御前(神様の前)を「オマエ」「テメエ」と「イバリ語」に変える
3.「おのれ、うぬは盗人か!}
4.「われは、とんでもなく悪い奴だ」

 1,2は「内扱い」で社会のルール、きまり、規則を壊して、自分の欲を優位に立てる仕方です
 3,4は、「一人称」(自称詞)を「二人称」(他称詞)に変えて、自分の「欲」(感情)を相手に覆いかぶせて「相手の存在」を消滅させるという粉砕の仕方です

 1,2が「相手の顔を見ない、相手の目を見ない」ことの目的です。
 3,4は、日本人の多くの人がもつ精神分裂病の構造です。

 また、1,2が認知症(痴呆症)の「周辺症状」です。「作り話を話す」「しょっちゅう作り話を言う」(作話症)という病理です。
 「目を見ない顔を見ない」ことがこういう「作話症」を成立させます

 3,4は、「言いがかりをつける」「人を陥れる」「暴言を言う」「暴力をふるう」「人との約束を踏みにじる」という認知症(痴呆症)の周辺症状です。

 この他者の崩壊を経て、自分自身の全ての「行動が止まる」という自然性優位による人間の世界の疎外」の道をたどるのが、日本人の認知症(痴呆症)の本質です。

 高齢者の虐待は、起こるべくして起こっています。
 「自分の親を殺したくない」「自分の子どもを殺したくない」「自分も、犬、猫以下の存在になって死にたくない」と思うならば、人と話すとき、人と向かい合うときは「顔、目を見る」lことです
 話すときは「自分の言葉の意味のとおりに行動をあらわすことです。
 これが、「高齢者の虐待防止」の正しいとりくみ方です。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.