谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

「老衰死」はなぜ、起こるか?

NHK・TV「NHKスペシャル」(平成27年9月20日)で「老衰死」を特集して放映していた。
「老衰死」に至る人を取材していた。
体の中の細胞、脳の細胞もふくめて「再生されないこと」が機能の低下を招く、という主旨だった。
生理学的にはそうかもしれない。
だが、その「老衰」に至るまでとその経過はかなりの異常なものだった。
家族も施設の人も、医療者も、「老人」の「顔、目を全く見ない」のだ。

 「NHKスペシャル」(TV番組)の「老衰死」を観て気づくことがある。
 自宅にいる高齢者が食事を摂る場面で、ひとりでもくもくと食べている。誰も話しかけないし、誰も「老人」の顔と目を見て、「話させよう」ともしない
 ここでは、人間の脳の「短期記憶」と「長期記憶」のうち、「短期記憶」の脳の部位しか働いていない高齢者家族の人、だ。
 「短期記憶」とは、一般に考えられているように、「短い間しか憶えられないこと」のことではない。すぐに消えてなくなること、この現実に少しの間しか滞在しないものを憶えることをいう。
 哲学による正しい語義とは、こういうものだ。

 TVでは、施設の職員が「高齢者」の世話をする場面が取材されていた。食事の世話だ。
 職員は、白い大きなマスクをして、ゴム手袋をつけて、スプーンを持ち、食物を高齢者の口に入れていた。
 「だんだん食べる量が減っていますね」と言っていた。
 「これが衰弱死の始まりです」と医者は言う。
 試しに、家族の人の全員が「白いマスク」をつけて、ビニール手袋をつけて食事を運んで来て、「白いマスク」の目だけで見られる中で食事をしてみるといい。誰だって「衰弱」していくのではないか。生きた心地がするものか、どうかを、職員も施設の責任者も医療者も、試してみるといいのだ。

 見舞いに来た息子がいた。中年の男性だ。
 ベッドの中に寝ている老いた母親をベッドの側で見ている。
 顔に、大きな白いマスクをつけていた。
 声を聞けば自分の息子だとは分かるだろうけれども、お互いに、「顔も目も見ない」ので全く「認知の能力」が働かないのだ。

 「あなたは誰ですか?」と顔とか、名前を「忘れる」ことの方が、よっぽど人間らしい関わり方になる。
 このテレビの中に出てくる息子は、おそらく、風邪のウィルスかなにかを心配しているのだろうけれども、実の母親の「目で見る」ことの「感覚の知覚」を拒否して遮断している。すると、母親であることはもちろん、「生きている人間」であることも分からなくなる
 これが「体験を忘れる」という認知症の中核症状なのだ。

 またべつの家族のケースがある。心優しそうな長男の母親が、衰弱してベッドの中にいる。どうも医療をかねた施設のようだ。
 起き上がれない母親に、心優しそうな男性(中年の男性だ)は、遠くアメリカに留学している子ども(男性)の写真を見せる。じっと見せつづける。一言、二言くらいは何かを言う。
 「あ、少し笑った、喜んだふうだ」とまわりの人に話しかける。

 ここでは、「見る」ことに共時させた「聴覚」(左脳の聴覚野・言語を聞く)が何も無い
 すると、母親の脳の中では、虫の音とか風の音のようにしか、話されている言葉は聞こえない。山の中か、広い海の中に一人でぽつんと孤絶した状態になる
 自律神経の交感神経全く働かなくなり無気力不快感苦痛感がつのって心身にダメージを受けるのだ。

 もし、この男性が、写真を見せながら「何をしている」とか「どういう活躍をしている」とか「アメリカの友だちはどうだと言っていた」と説明の話を、写真に対応させればどうなるのか
 社会性のある会話ができるのだ。仮にどこかで死ぬにしても、「そういう人はいなかったも同然」という存在証明の記憶が残らないような死に方ではなくなる。「顔、目を見て話して、その人が生きていた」という共同共生の中で、多くの人の心の中でなおも生きつづけるような「死に方」、「生き方」の技術を学習すべきではないか。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.