谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)の発症率は17パーセントの意味

日本人の認知症(痴呆症)の発症率は17パーセントだという推計があるらしい。
この発症率が多いか、少ないかはともかく、30パーセントにも満たないから「自分とは関係はない」と思う人は多いだろう。
だが、「認知症」(痴呆症)は「中核症状」と「周辺症状」がある。
狭義の「認知症」(痴呆症)と広義の「認知症」(痴呆症)の二つに分かれるのだ。

 厚生労働省の発表では、この平成27年3月時で「要介護者」と認定された人は、600万人だという。
 この「600万人」の人は、必ずしも全員が認知症(痴呆症)ではない医者らが診断する認知症(痴呆症)とは、「体験を忘れる」という中核症状のことであるからだ。
 「さっきの食事を忘れる」「身近な人の名前や顔を忘れる」といったことが中核症状だ。

 では、「600万人の要介護と認定された人」は、全く認知症(痴呆症)ではないのか。
 独力で社会的な人間関係を保てない、社会的に適応する会話とか日常生活を行ないえない、ということには、「認知症」(痴呆症)の中核症状の「体験を忘れる」ということは無いのか?

 認知症(痴呆症)には周辺症状というものがある。この周辺症状は非常にたくさんある
 とてもひとくちには言えない種類と量だ。一例をあげると「自分の妄想を根拠にして身近な人を攻撃する」「じぶんは、被害にあっていると強迫的に思い込んで他者を疑う」「作り話をしゃべる」(思いつきをしゃべる作話症)、「同じことをくりかえし、くりかえしおこなわずにはいられない常同症」といったことだ。
 これらの周辺症状にも「体験を忘れる」ということがある。「体験」とは、社会の中にある共通の決まりごと、約束ごと、法則性のことだ。

 すると、認知症(痴呆症)には、義と義の二つがあることが分かる。
 周辺症状は、かならずしも高齢でなくとも、若い年齢から起こる
 それこそ、山ほどある。
 いろんな人が、人それぞれにいくつもの周辺症状を現わしている。
 痴呆症(認知症)は、周辺症状をぞくぞくと現わし、それが「行動の止まり」という身体症状を現わすと、中核症状の目、耳、手などの「感覚の知覚」に「忘れ」が突出して、「経験」(さっきの食事、身近な人の顔や名前)を「忘れる」に至る

  なぜ、こういうことが起こるのか。
 脳の働き方(言葉の生成のメカニズム)の考察にもとづいて説明すると、始まり「会話のときに相手の顔、目を見ない」ことにある。
 この「相手の顔、目を見ない」ということの中にいくつかの構造がある。
 その構造は人それぞれというもので、特徴がある。
 この特徴の一つ一つが周辺症状を現わす。

 およそ親、親から「顔も目も見て話してもらえなかった人」そして「おまえはダメな奴だ」という主旨のことを言われた人は、「過食症」や「拒食症」という周辺症状をあらわす
 人間関係から遠ざかり他者と仲良くするということのできない人の「相手の顔、目を見ない」でソッポを向いて話す人は、親しい人の一人一人とことごとく対立して、自分も否定する
 そして「短期記憶」による「行動の止まり」を起こして自死願望を抱く

 今、日本も世界も、要介護、認知症(痴呆症)をこんなふうに研究している人は誰もいない。
 誰もが「原因は分からない」としか言わない
 「分からない」のは、考察しようとしない理由と目的があるからだ。
 しかし、ポルソナーレは対策の基本を教える
 「会話のときは、相手の顔、目を見て話す。そして相手の話を聞く」。
 これである。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.