谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)のつくられ方と対策を教えます!!

第10ヵ月めの『谷川うさ子王国物語』(パート・W)(実践実技・日本語講座、日めくり式プリント形式のテキスト)は、
カリキュラムを変更して、日本人の認知症(痴呆症)の発生の原因と理由を説明します。
そして、予防、改善のための対策を教えます。

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、約40数年にわたって、人間のの働き方を研究して、心身の病気の改善予防のために役に立つ対策を開発しています。
 ポルソナーレが研究している人間の脳の働き方とは、「人間は、どのように言葉を生成するのか?」についてです。
 そして、日本人の使う日本語は、脳の中でどのように働いているのか?についても解明しています。

 ポルソナーレは、「人間の脳の働き方」(言葉のつくられ方)をほぼ完全に解明しました。
 そこで、日本人の最大の問題である「要介護状態」「認知症」(痴呆症)の発生の機序(原因と理由からみたしくみ)の解明にとりくんでいます。

 このような研究と考察は、日本はもちろん世界のどこでもおこなわれていません。世界のどこでもおこなわれていないことの理由は、いろいろに推察されます。
 その最大の理由は、認知症(痴呆症)の原因や理由を研究しても、産業としての利益を追究するテーマにはなりえないからだと推測されます。少なくとも、目先の利益、巨大な資本を投下して大量の雇用を生み出すほどの中期の利益にはなりにくいと思われていることは確かです。
 それよりも、介護保険制度薬を投与したり、あてどもなく薬の研究をつづけることの方が市場になりうると考えられていることはたしかです。

 しかし、だからといって、現在の医療制度や介護制度が、人間一般に対して悪意をもっているということではありません。経済金融動向によって、人間の脳の働き方が、人間のもつ「観念」とか「人間的意識よりも、人間のもつ「自然性の領域」(生理的身体のことです)に大きくシフトして、「自然を優位に立てる」という思考の仕方が世界的な傾向になりました。そのけっか、人間の間に「」「精神」といわれる領域に「病気」がものすごく大量に発生しました。
 これは、日本だけではなく世界的な傾向です。

 だから、「DSM・4」とか「DSM・5」といわれる診断マニュアルが広くいきわたり、「病気」に該当する「行動の止まり」の症状や社会問題は、全て、薬や施設、社会保障制度で自宅に閉じ込めて隔離されるようになったのです。
 こういう「病気」への対処の仕方を「疫学」(えきがく)といいます。

 日本と世界のこのような状況がつづく中で、ポルソナーレだけは、「人間の本質」の「観念」や「人間的意識」というものを対象にして、「病理」をふくめて社会問題を考察しつづけています。

 日本人にとって最大の問題は「要介護問題」「認知症の問題」(痴呆症)です。
 若い世代の半数以上の人は、「要介護」も「認知症」(痴呆症)も、「自分とは関係はない」と思っているようです。そういうアンケート調査があります。

 しかし、ポルソナーレの脳の働き方の考察からみると、「要介護状態」も「認知症」も、若い世代から起こっています
 認知症の発症率15パーセントであるということです。このときの「認知症」とは、「体験を忘れる」という中核症状をあらわす人のことをさしています。

 ところが、「認知症」(痴呆症)には「周辺症状」というものがあり「周辺症状」はものすごくたくさんあります身体症状とか、妄想とか幻聴とか幻覚とか「行動障害」といわれるものです。
 この「周辺症状」がつづいて、ある日、パタッと行動が止まるときが「体験を忘れる」という中核症状の(認知症)になります。

 すると、認知症(痴呆症)は広義の認知症と狭義の認知症の二通りがあることが分かります。

 では、この「認知症」(痴呆症)の中核症状の「体験を忘れるということは何か?というと、ものごとの「客観」を「忘れる」という意味です。「客観とは何か?主観とは何か?」の説明は省略します。
 人間の脳には、「客観を憶える」「主観を憶える」という二つの領域があるということだけをご理解なさってください。

 日本人の場合は、この「客観」ということを学習しない(憶えない)ということをおこないます。
 それが「会話のときに人の顔、目を見ない」ということです。ふつうに考えてみるとよく分かりますが、人間は、ものごととかかわるときに、必ず「対象を見る」でしょう。
 自転車に乗るときは前方を見るでしょう。
 刃物を使うときは、その対象を見ます。
 しかし、ここでよく考えてみてほしいのですが、「ハシを使う」「ナイフを使う」「ハサミを使う」というとき、どういう使い方をしても行動は成立する、ということが起こります。

 たいてい機械や道具が代わりにおこなうことがあれば、正しい使い方などどうでもいいということが成立します。
 これと同じことが、「会話」の中でもおこなわれます。
 それが相手の顔、目を見ない」という「話し方」「聞き方」です。
 「対象を見ない」ということが共通します。

 正しい関わり方関わらないとき、会話の中では「客観」というものが学ばれない、学習されないということが起こります。

 「会話」の中でこれをおこなうと、広義の認知症の「周辺症状」がつくられるのです。
 「つくり話をする」「異常行動をする」(入浴しない、そうじをしない、片づけをしない、ゴミをためこむ、など)、が広義の認知症の「周辺症状」です。

 ポルソナーレの考察では、会話のときに「人の顔、目を見ないで話す、聞く」ということが、狭義の認知症の出発点であり、到達点です。

 ポルソナーレのこの考察にもとづき、対策を実行した人は、誰もが驚く効果をあげています。
 実行すると辛く感じる人もおおいとは思いますが、しかし、効果は明確です。ぜひ、お試しになってみてください。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.