谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)は、
「内扱い」の尊大(イバり)が原因である

報道によれば、政府は、認知症対策を強化するという。
「新オレンジプラン」というのらしい。
認知症が疑われる人をMRI(磁気共鳴画像装置)を用いて診断し、早期の治療、介護につなげるのが内容だ。
国の医療費抑制が課題だというが、認知症(痴呆症)の改善には関心はない。
そこで、ポルソナーレだけが正しい改善策を教える。

 仕事の中では、会議がある。
 仕事の打ち合わせとか、プロジェクトの説明だ。
 ここで、資料があっても、スクリーンなどで説明の図が表示されても、「せっせ、せっせとノートに聞きながら説明の言葉を書き取る」「せっせと、パソコンなどに聞いた言葉を入力する」ということをおこなう人がいる。
 これが「聞き書き」だ。
 結論をいうと、この「聞き書き」が、やがて「認知症」をつくる脳の働き方の原因になる

 学校の授業も同じだ。
 学校の教室で、授業として教師が話すことを「せっせ、せっせとノートに聞き書き」をすると、一見、熱心に勉強しているようには見えるが、脳の働き方と言葉の本質から見ると、そういうことはない。

 ここでは、自分のの「感覚」が「知覚」した中の言葉を、「自分が選別したものを拾って書く」ということをおこなっている。
 「目で見る」(耳で聞くことも)ことの中身の「感覚の知覚」の「認知」ということが全く不問にされている
 こういう聞き方(目で見る見方)のことを日本人は「内扱い」と呼んでいる。

 「内扱い」とは「貴様」(尊い方)をキサマ、オノレ、キッサマ、このヤツめ、ともともとの言葉の秩序をブチ壊すことだ。
 そして自分の欲と感情に一致する言葉に作り変えて、自分の行動を成り立たせることをいう。

 「キサマ!!」とののしり語として言い表すように、相手を支配する尊大にふるまい、イバって、このイバりを仕事の中でも、社会でも適用させようとすることである。

 日本人の内扱いは、大正時代に増えて、昭和になって一般化し、戦争を起こし、日本の国を滅ぼしかけた
 「内扱い」は、「御前」(神様の御前)を「オマエ」「テメエ」「テメエら」「オマエ、このやろう!」と言葉のもつ意味、文法上のルールを壊して喜ぶことをいう。
 内扱いは「親愛」のことだと思う人も多いが、本質は、「尊大にふるまい、人を脅し、自分の行動を押しつけること」である。

 だから、言葉の意味をいちいち辞書で調べることを「めんどうだ」と拒否して、「自分のカンで適当に言葉をつかう」ことを行動の旨とする。
 これが認知症(痴呆症)の本質の「体験を忘れる」ということの実体である

 「入浴しない」「食事をしない」「ベッドから起きない人の言葉は、それぞれ「尊大語」によって拒否されているだろう。
 交感神経働かない生化学物質セロトニンアセチルコリンヒスタミンプロスタグランジンなどが、「行動の秩序」を壊す不快と喜びをつくるから「客観の秩序」を壊すことは、「内扱い」の本領をあらわす。

 政治家も医療関係者も、新聞などのメディアの人も、そして、介護関係者も、こんなことはとっくによく分かっていることなのだ。
 だから、MRIなどという自分の利益(欲)につながることを行動に現わし、支配につなげるこれも尊大(イバり)というものだ。今の日本人の多くはこんなふうな脳の働き方を共通のものにしている

 「治したい」と思った人に、脳の働き方から見たアドバイスをおこなった。
 三ヵ月間ベッドから動かなかった人が、今では外出し、外食をして、銭湯にも行っている。
 正しくかかわれば認知症は回復するのだ。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.