谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

認知症状態の人を正常な状態にする話し方

日本の企業の中で心の病で仕事を休んでいる人は10%だ。
家の中で痴呆状態になっていく人は多い。
直接の理由やきっかけはその人それぞれの事情というものだ。
だが、脳の働き方からみた真の原因は、家の中の人、介助者、ヘルパーなどが、その当事者の「顔」「目」を見ないで話すこと、にある。
少しでも回復させようという慈悲があるのならば、「顔」「目」を見て思いを語ってみるのはどうか。

 わかりやすい事例をあげる。
 ある若い母親の話だ。
 「最近、4歳の男の子がわたしの言うことを聞きません。遊びのことで、こういうことをすると危ないのよ、してはいけません、と言うと、わざわざ危ないことをするんです」。

 そこで尋ねてみた。
 尋ねるとは、手がかりをつかんでものごとの道程を明らかにするということだ。
 「子どもに注意したり、説明するときに、子どもの顔と目を見ながら話していますか?

 そういえば、とその母親は言う。子どもの顔も目も見ていません、と答えた。
 「わたし、笑い声を出しながら話すんです。なぜでしょうか?ぜんぜんおかしくもなんともないのに。昔からの癖なんです」。

 この女性の夫も子どもと話すときに、子どもの顔も目も見ない
 「夫は、わたしと話すときにも、横を向いてしゃべるんです。
 変だなという思いはあるのですが、それがなぜよくないのかが、分からないままだったんです」。

 この女性に、子どもと話すときはかならず「顔」と「目」を見て、「笑い声を出さない」で話すことを実行してもらった
 効果は一週間で現われた
 「子どもは、泣く、叫ぶということをしなくなりました。危ないこととか、間違った行動などはしなくなりました。
 素直な聞きわけのいい子になりました」。
 夫も、ポルソナーレのアドバイスする「顔」と「目」を見ながら話すということを聞き入れているという。
 「わたしも、笑い声は出さずに、笑顔で話を聞いています。顔と目を見ながら聞くと、頭の中がすっきりします」。

 人間は、生まれてから1歳半くらいの年齢になると「指さし」ということをおこなう。
 まだ言葉を話せない1歳半のころに、遠くの物を見て、その物に向かって人指し指をピンと伸ばして指し示すのだ。そして親の顔をじっと見る
 この「指さし現象」は、幼児教育の専門家の間でも謎とされている。しかし、おこなわれていることは分かる。
 「共同指示」といわれている。

 母親でも父親でもいいが子どものこの「指さし」に正しく反応する
 「あれはスズメよ」。
 「あれは猫よ」。
 「あれは、電車だよ」。
 子どもは、言われた言葉を耳で聞き、そしてじっと見る
 スズメ、猫、電車が見えなくなるまでじっと見ている。
 この「共同指示」は、やがて、子どもが、母親の見ている物に注目する、というように発達する。これは「共同注意」と呼ばれている。

 は、「言語野」と「感覚野」の二つでつくられている。
 「言語野」とは、脳、脳ともに「ブローカー言語野」だ。前頭葉にある。
 「感覚野」は「実像」といわれている部位だ。「実像」とは光学用語だ。「右脳」にある。前頭葉だ。

 「実像」とは、光学用語があらわすとおり、「」の「覚」と「覚」がものごとの「認知」のために働くところである。
 「実像」は、「客観」「主観」の二つの働きをつくり出す。

 1歳半の幼児の「指さし」(共同指示)は、「実像」の「客観」をつくり出す脳の働き方である。
 哲学のげんみつさにもとづいていうと「指さし」は「感覚」による知覚である。
 「あれはスズメよ」。
 「あれは猫よ」。
 「あれは電車だよ」
という言葉は「実像」の中の「視覚の知覚の内容の認知」なのである。
 「目」の視覚は、「感覚」と「知覚」の二つで二重になっているということを説明している。

 母親が「子どもの顔も目も見ないで話す」というのは、子どもの脳の中で「目」(耳も)の「感覚」は働いても、「目」(耳も)の「知覚」と「認知」が働かなくなるということだ。
 ちょうど「厚いガラスの眼鏡」をかけた状態になる。物のしくみも、置かれている前後関係全く分からなくなる。これが「知覚と認知の喪失」だ。
 子どもは不安いっぱいになるだろう。

 多くの日本人は、人と話すときに「相手の顔も目も見ない」という話し方をする。原因は、尊敬語や謙譲語(形)のルール、法則を知らないことにある。「人の話を笑い声を出しながら聞く」「人に笑い声を出しながらしゃべる」という女性典型である。
 すると、母親から「顔も目も見ない」で話された子どもの脳の働き方と同じになる

 家の中、もしくは、身近「認知症」(痴呆症)と思われる人がいる人は、改善の仕方の対策として「顔、目」をしっかり見ながらくりかえし、くりかえし話すということを試みられよ。
 必ず、効果があらわれると信じてよい。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.