谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

仕事の中で要介護、認知症(痴呆症)にもっとも近い人

日本の企業の中で心の病で仕事を休んでいる人は10%だ。
神経科に通って薬をもらって服用しながら仕事をしている人も多い。
どういう人がこういう事態に陥るのか。
上司の話、会議、打ち合わせの中で、「せっせとノートに聞き書きをする人」だ。
パソコンやデバイスに入力しながら「聞く」という人は、明日にも休職するリスクを抱えている。

 仕事の中で「せっせ、せっせとノートに聞き書き」をする人は、目は、「ノート」を見ている。耳の聴覚は「右脳の聴覚野」しか働かない人の話を聞くのは「左脳の聴覚野」だ。
 「せっせ、せっせとノートに聞き書きをする人」は、右脳の聴覚野で、話す人(上司、仕事の中の説明者、学校の教師など)の話す言葉を「虫の音」とか「風の音」のようにしか聞けない。

 「視覚」と「聴覚」は、脳の中で共時して働いている
 ほとんど同時に、別々の場所でありながら連動しているように働いているということだ。

 「ノート」や「パソコン」、「デバイス」などを見ながら人の話を聞いている人は、「左脳」ではなくて「右脳」の聴覚野が働いている

 「脳」言語野だ。
 「脳」は言語野ではない。「右脳・聴覚野」は、人間の話す「言葉」は聞かない

 「せっせとノートに書いているじゃないか。これは、説明している人の言葉を聞いて書いているのではないのか?だったら、人間の話す言葉を聞いていることになるのではないか?」と思う人は多いだろう。
 ところが、それが違うのだ。

 「右脳の聴覚野」の働きを説明する。 
 「視覚」は「ノート」を見ている。このときの視覚の神経経路は、後頭葉から「右脳の頭頂葉」に届く。感覚の働きを働かせるのだ。「見る」という「視覚」は「右脳・実像」の「視覚の見るという感覚」のみを働かせる。「見る」という「感覚」の中身の「知覚」(認知)には関与しない。この「見る」という「感覚の知覚」(認知を働かせるのは、「左脳・頭頂葉」(左脳の視覚と聴覚)なのである。

 「せっせ、せっせとノートに聞き書きをする人」は、「右脳・聴覚野」「右脳・頭頂葉」しか働いていない。すると「右脳・実像」は「見る」という器官の「感覚しか働いていない。だから「右脳・聴覚」は、説明する人の言葉の中で、「自分に分かる餞別した言葉」しか聞こえないし、聞けない。もっというと、自分の大脳辺縁系の中の扁桃核好き」と価値決定した言葉しか聞けないし、聞こえてこない自分の「性の欲」に見合う言葉しか聞こえてこない

 すると、「分かった」という気になるだろう。自分の欲求の感覚に見合った言葉を「ノート」に書くので、あたかも自分が「しゃべった感じ」になる。だから「分かった、分かった」と思うのだ。
 上司が「質問する」と「分かりません」と言う
 「こういうことを説明したよね」と言うと、「憶えていません」と言う。

 「何か質問はありませんか?」と問うと、「質問はありません」と答える。
 これは、目、耳の感覚がつくる「知覚」という中身にかかわることは記憶されていないということだ。
 熱い、冷たい、重い、軽いといった「感覚」にかんすることだけが記憶されている。だから「説明の言葉」の発言なり、発語なりは知覚したが、その内容の「認知」のことは憶えられていないという脳の働き方がおこなわれている。

 こういう「見方」「聞き方」は「白内障」や「緑内障」をつくる。目の自律神経の交感神経が働いていないので血流障害が起こる
 すると、「右耳」(左脳・聴覚野)が止まって、「突発性難聴」が起こることもある。

 この「白内障」「緑内障」の目の働き方の延長に「要介護状態」や「認知症」(痴呆症)がある。
 対策は、「仕事」(学校の授業も)の中で説明を聞くとき「せっせせっせとノートに聞き書きをする」ことを止めることだ。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.