谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)は、
「相手の顔、目を見ない」で話す、聞く、が始まり

日本人の認知症(痴呆症)の原因は「分からない」といわれている。
だが、脳の働き方のメカニズムから見ると、会話のときに「相手の顔を見ない」「目を見ない」、が原因と理由だ。

 人と会話するときに「あなたは、相手の顔も目も見ませんね」といわれると、内心、すこしムッとするのではないか。
 おおくの日本人は、誰と話すときも、いつでも、どこでも、相手の顔、目は、見ないソッポを向いて話しているからだ。
 自分だけ相手の顔を見て話しても疲れるし、おもしろくもなんともない
 だからムッとする。

 どうしても相手と向かい合って話をせざるをえないときがある。
 家に人が訪ねてきたときだ。テレビをつけて画面を見ながら話す。
 帰りが一緒で同じ電車になったときだ。
 下車までの時間がある。スマホの画面を見ながら話す。ソッポを向いたまま話す。
 大声で笑いながら話す、聞く。

 人間の目は、自律神経で働いている。遠くを見るとき交感神経が働く。
 人間と話すときに、相手に話の中身を伝える相手の話の中身を聞くことをおこなう。
 この話の中身を聞く、話すときには、目は相手の顔を見なくてはならない
 英語の会話で「I」「uou」と必ず言うのは、「話す内容に注目する」という意味だ。
 「I」「you」は、交感神経の働きが、「目」と「耳」の両方に成立しているということだ。

 欧米人は「I」「you」と発語するから自律神経の交感神経が働いている。これは「左脳の聴覚野」が働いている証拠になる。
 「左脳・聴覚野」は、「右脳・実像」の目の感覚の働きの交感神経支配のゾーン(Y経路)につながっている。

 日本人は「わたし」とか「あなた」とか「山田さん」「小川さん」とはそのつどいちいち言わない。ここでは、「右脳・実像」の目の働きの感覚と知覚の部位は副交感神経しか働いていない(X経路のことだ)

 日本人の「聴覚野」は「右脳・聴覚」しか働いていない。
 この「右脳・聴覚野」は、「人間の言葉」を認識しないのだ。秋の虫の音とか風の音、カラスの鳴き声、雨の音など自然の音を認識するというように聴く
 「右脳・聴覚野」しか働いていないということは、自分が話すことも自然音を発声することを中心に話す。歌声、うなり声、泣き声、怒り声、笑い声、叫び声などをいつまでも発声しつづけると快感に感じる。「話の内容」「話の中身」「話の意味」は話せない
 聞こうとすると不快に感じる。もしくは辛くなる
 ムリに聞くと、風の音のようにしか聞こえないのだ。相手の話を忘れるといえば、いったんは憶えることをいう。だが憶えることはできない。当然、「仕事」も、「学校の勉強」だって何も憶えられなければうまくいくはずがない。不登校、休職、退職の理由、原因になる。

 「右脳・聴覚野」しか働かない人が、会話のときには、相手の顔を見ない、目も見ないで話すのである。そして顔を見ない、目を見ないままに相手の話を聞くのだ。
 このばあい「目の感覚野」(右脳・実像という部位)は、副交感神経支配の領域しか働いていない。

 交感神経が働いていないから血流障害が起こる。白内障がつくられるのだ。女性に多い。30代、40代から発生する。遠くのものがかすむ、ボヤける。だからよけいに相手の顔も目も見なくなる。文章も読めない。手で文も書けない。人の書いた「手書きの文字、文」など読めない。筆順が分からないから、手書きの文字、文が分からなくなるのだ。
 「右脳・実像」の交感神経の領域は、パソコン、スマホ、ディスプレーのテクノロジーに占領されている。「左脳・聴覚野」もテクノロジーに占領されている。じぶんの脳の「右脳・実像」も「左脳・聴覚野」も止まり、虫の声や風の音、犬・猫の鳴き声しか聞けない(分からない)脳の働き方の人間に変わっているのだ。

 女性におおいといわれるのが白内障、緑内障である。突発性難聴右耳だけが聞こえなくなる。人の話を聞くと、左の顔半分がいびつに歪む)も女性におおい。会話のときに「下を向く」「左横を向く」「右上を見る」という聞き方、そして「話し方」が原因だ。
 「話をする相手」「話をしてくれる相手」が誰ひとりとしていない、というときが認知症(痴呆症)なのだ。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.