谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

日本人の認知症(痴呆症)は、
「相手の顔、目を見て話せない、聞けない」から始まる

日本人の要介護、認知症(痴呆症)は、何が原因か?
ポルソナーレの脳の働き方にもとづく考察では、
「人と話す」「人の話を聞く」というときに、「顔、目を見ない」ことが心的異常をつくる。
これが認知症(痴呆症)の直接の原因なのだ。

 あなたが、ある人を見て「この人はちょっとおかしい」と思うのは、何による判断か?

 「遅刻した」「家の中でゴロゴロして、食べてばかりいる」「入浴しない」「部屋の中がひどく散らかっている」といったことか?
 「行動の仕方」を見て「この人は異常っぽい」と判断するか?
 こういうことは、必ずしも異常とか病気の判断の材料にはならない人それぞれの事情、状況によるかもしれないからだ

 つまり、自分の行動は今、どういうことをつくり出しているかということをよく承知していて、一刻も早く正常どおりにする必要がある復元する必要があると分かっているばあいは、異常でも病気でもない。

 しかしこういう人の場合はどう思うか?
 「わたしってば、なぜか人と待ち合わせると、必ず10分くらい遅刻する人なのよね」、「わたし、むしゃくしゃすると夜中でもどんどん食べるんです。体に悪いよと止められても、冷蔵庫の中のものをぜんぶ食べないと気がすまないんです」、「わたし、自分の部屋の中が足の踏み場もないくらいに物であふれかえっています。服は脱ぎっぱなし、汚れ物と重なってホコリだらけ、しわくちゃ。ニオイもひどいのですが、慣れてしまって気になりません」。
 行動していることもだと思うだろうが、発言している「言葉」が異常だとは思わないか?

 「異常だとは思いません」、「よく分かりません」、というのが絶対多数の日本人なのだ。
 「夜中にガツガツ、山のように食べつづける人」が家族にいるとする。
 それは変だとは一応、見たり聞いたりすると、その場では分かる
 しかし、断言してもいいが、すぐに忘れるし、諦めるのだ。日本人は、家族の人がどんなに異常な発言をおこなっても、「お前のせいだ」とか「お前が悪い」と言われて自分との関わりを言われない限り、忘れる、でなければ諦める。よく言えば「好きにすれば?」と放置する
 わるくえいば「この人はもう居ないも同然」と無関心になる

 「わたしって必ず、遅刻するんです」「わたし、むしゃくしゃするとどんどん食べるんです」「わたし、部屋の中が散らかりほうだいで、もう何ヵ月も掃除したことがありません」といった言葉を聞いても、この言葉が異常だと思えないのは、この言葉を聞く人の「言葉」も異常であるからだ。
 どのように異常なのか?「聞いた言葉」を忘れる、無関心になる、興味を無くす、というのが異常なのである。

 「お前のせいだ」「お前が悪い」「お前にウラミがある」などと、自分に関係があることを言われたときには、「忘れない」「関心をもつ」言われた言葉にいつまでも興味をもってしつこくこだわる。これは「悲しい」とか「悔しい」というのではない。脳の働き方は「相手不在」「相手は居ない」という関わり方しかつくれていないから、「げんに今、見ている」という目の感覚の働きの近くがつくっている関係を壊すという喜びを思い浮べ脳の中にドーパミンを分泌させる、脳内麻薬の快感にシビレる、というように日本人の脳は働いている

 「トレンド総研」の調査(平成27年8月27日、日刊ゲンダイ)によれば、日本人の「20歳代から60歳代」の51パーセントの男女は、「自分と、自分の家族に介護問題が発生する」とは「思わない」というのが結果らしい。「人ごとだ」と思っていると解説されている。
 日本人の要介護認定は、この平成27年3月時で「600万人」だと報道されている。年々、22万人とか30万人ずつ増えている。57パーセントが女性だ。なぜ、要介護の状態や認知症(痴呆症)になるのか?原因は「分からない」といわれつづけている。原因が分からなければ、誰にだって可能性があるということだ。
 これがあるがままの現実ということだ。介護、認知症についての文字にしろ、文章にしろ、ニュースの報道にせよ、新聞広告の宣伝にせよ、「目で見る」「客観」のことだ。
 人間の「目」は、こういう「客観」を見るという「感覚」と「知覚」(認知)の働き方をもつ
 もうひとつ、「知りません」「忘れました」「見たくもありません」という「目の働き方」がある。
 「主観」というものだ。

 人間の脳は、「言葉」をつくり出す。これが人間の脳の本質である。
 どのように人間の脳は「言葉」をつくり出すのか?
 まず「目が動く」、次にこの「目の働き」にくっついて「の働き」が起こる。
 この「の動き」と「の働き」を支えるのが「触覚」だ。

 「目の働き方」に、ものごとの「客観」を見るという能力がある。この「客観」を「耳の働き」が言葉にする文法や表現の秩序をつくり出すのだ。

 しかし、日本人の使う日本語は、已然(いぜん)未然(みぜん)という非常に特殊な「文の形式」(構文)で成り立っている。「客観」というものを「見ない」、「発声、発語」をしないのだ。しゃべること、話すことは全部「主観」になる

 人間の心や精神の「おかしさ」(変だという印象)は、ぜんぶ、「言葉」に現わされる。日本人の「この人はだ?」「この人はどこかおかしい」という感じは、「行動をつくる言葉」「行動を言いあらわす言葉」にあらわれる。

 認知症(痴呆症)も「要介護状態」もぜんぶ「言葉」にはっきりあらわされるのだ。

 日本人の認知症(痴呆症)(要介護状態も)の始まりは、会話の中で「相手の顔、目を見て話さない、聞かない」ときの「言葉」に出てくる。

 「相手の顔を見ない」、「相手の目を見ない」とは何か?
 これは、自律神経の交感神経が働いていないということなのである。どんな本にも書いてあるが、目の自律神経の交感神経は、「遠くを見る」。ゲシュタルト形態原理が働くということにある。ゲシュタルト原理とは「プレグナンツ」といって法則・規則・論理を「認知」するのである。
 これが「心的に見る」という働きのことで、「5W1H」などの言葉の能力の土台になる

 日本人は「下を向いたり、ソッポを向いてしゃべる」だろう。
 明らかにおかしい人は、目の前に会話の相手がいるのに、わざわざ首をぐいっと曲げて、誰もいない空間を見ながらしゃべる。しかも、にこにこして、うなづいたり、明るく笑ったりもして、たくさんしゃべりつづける
 おかしいのは、この人の前にいる会話の相手の人あらぬ方向を見ながらしゃべる人と会話をつづけることだ。
 会話の中味は?というと、この両方の人物とも、自分勝手に、自分のことだけをしゃべっている。どこにも会話の一致点は無い二人とも、自分だけの「ひとり言」えんえんとしゃべりつづける。

 この人らの目は、「客観」を見ないので、自分の感情があらわれるかぎりしゃべるという「目の働き方」をおこなっている。しゃべる言葉の聴覚は、「右脳の聴覚野」しか働いていない。人間の「右脳の聴覚野」は、人間の言葉を聞く能力はない
 虫の音や風の音、雨の音しか聞けない。
 自分の感情や欲につながる発声、発語が「右脳の聴覚野」なのである。

 ここでは「左脳・聴覚野」は、電車に「人身事故が起きて止まった」ように、完全にストップしている。
 これが日本人の認知症(痴呆症)をつくり出す脳の働き方から見た「聴覚障害」ということなのである。
 対策は、最小限、「人の顔、目を見て話す」ことだ。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.