谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

すべての日本人に共通する大問題
「要介護」「認知症」(痴呆症)の原因と対策

平成27年8月23日付の日本経済新聞に「軽度認知症(MCI)という軽度の「物忘れ」のことが特集されていた。
「人の名前」などをサッと思い出せない障害のことだ。
これが進行してアルツハイマー病、認知症(痴呆症)に進むという。
果してそうか?

 MCI(軽度認知症)という概念は、アメリカの研究の紹介という体裁をとっている。「老年医学協会」も研究しているという。
 「国立長寿医療センター」「愛知県大府市」でも診断しているので、診断を申し込めとアピールする。
 筑波大学発のバイオベンチャー企業MCBIも「もの忘れ」が「アルツハイマー病」に至る血液中の特定たんぱくを見つけて、「MCI」を見つける技術を開発中だ、と報道している。

 「MCI」についてのこういう説明の仕方は「疫学」(えきがく)というものの考え方にもとづいている。
 分布図をつくり、現象の要素となるものを原因とみなし、排除したり、隔離するという手法だ。
 対処療法の考え方だ。
 インフルエンザとかコレラとか、ウィルス性の感染病に適用されている。

 こういう疫学(えきがく)の考え方は、鬱病、分裂病(統合失調症)にも適用されている。
 普及させたのはアメリカの精神医学会の「DSM‐4」だ。

 認知症(痴呆症)も鬱病も分裂病(統合失調症)も、いったいなぜ、「疫学」(えきがく)で、「十把一絡げ」(じっぱひとからげ)に取扱っているのか?
 ひとつは、インフルエンザなどと同じように、あまりにも発生件数が多いからだ。
 もうひとつは、医療や介護、関連する企業にとって「市場」として扱う方法になるからだ。

 本当の、真実の原因を究明しても企業や国の収入にはならない。問題が無くなれば、治療や介護、介助、薬の消費のために誰もお金を払わない。介護保険制度だって消滅する。

 前掲紙の日本経済新聞はこう書いている。
 「オーストラリアの研究によれば、認知症の発生の時期を2年遅らせられれば、2050年の同国内の認知症の有病率を20%下げられる。5年間で43%から49%下げられる」。

 社会保障費が増加していく一方、しかし、財政赤字財政破綻はすでに現実のものとなっている。個人負担は、個人貯蓄の1300万円でも足りない(上野千鶴子『ケアのカリスマたち』亜紀書房)、ケアの人材不足で人件費を上げて、介護企業も倒産している。だから認知症の増加傾向にほんの少し、歯ドメをかけたいという主旨だ。
 日本人の要介護、そして認知症(痴呆症)は、とくに女性が問題になる。
 「健康寿命」は女性が男性よりも3年長い。
 この3年間に認知症(軽度認知症も)が内包していれば、ここに財政負担、個人負担(月の35万円から55万円)が発生する。
 「国民平均貯蓄」は1300万円(上野千鶴子による)というが、要介護にかかる費用は1300万円でも足りない、持ち家を売却してもそれでも足りないという。
 男性が3年も先に早く死亡して、女性は、自らの認知症(痴呆症)と要介護状態の生活(食事、トイレ、入浴など)をじぶんひとりの力で背負わなければならなくなるという問題だ。

 ポルソナーレの認知症(痴呆症)、要介護の問題の考え方は違う
 疫学(えきがく)はつまるところ「帰納」「確率」を思考の仕方とするプラグマティズムだ。
 ポルソナーレは、原因や理由を追究する「演繹」による証明論理を思考の仕方とする。
 多くの日本人にはなじまないし、プラグマティズムとは水と油のような関係にある。
 だから圧倒的に少数意見だ。しかし、人間の本質には見合っている。人類がつづくかぎり不滅のものの考え方である。

 ポルソナーレが要介護、認知症(痴呆症)を直接の原因は何か?と明らかにすれば、端的には、人の話を聞く、人と話す」というに「ソッポを向く」(下を向く、別の方向を見るということだ。仕事でも、学校の授業でも、「せっせとノートに書くことだけをおこなう」、などが脳の働き方を破壊するのだ。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.