谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

パソコン、スマホの依存症は、
脳の働き方の「聴覚障害」である。対策は?

人間の本質というものがある。「考えたことを実行し、考えないことは実行しない」。
パソコン、スマホの依存症は、テクノロジーが「見せること」「語ること」のとおりに実行する。
テクノロジーが耳元でこっそり囁(ささや)かないことは、行動しない。
認知症(痴呆症)の「聴覚障害」と同じことが起こっている。

 の働き方とは、「客観」という空間構造と空間概念を生成することだ。
 人間は、この脳の働き方を「0歳8ヵ月」に完成する。
 この「客観」を最初につくり出すのが「目の働き」だ。「右脳・実像」という部位でおこなう。
 この視覚のつくる「客観」の認知は、同じ「右脳のブローカー言語野・3分の2のゾーン」で「認識」の対象として恒常的なイメージを表象する。
 この恒常的に表象するイメージ(ホメオスタシス)を、「左脳の聴覚と音声、発語」が「法則」を記号化して言い表す(書き表す)のである。

 パソコン、スマホなどのディスプレー表示は、「右脳・実像」の「視覚による認知」の部位の「客観」に関する「パターン」を通信技術化するのである。
 視覚の認知の働きのゲシュタルト原理の「パターン」をイラストとか画像とか、絵や形状で写し出すのだ。これを通信技術で享受者に送りつける。

 ここに、文字、音声、短めの文を重ねる。
 これが「右脳・実像」の「X経路」の働きをする。また、人間の脳の聴覚(右脳も、左脳も)に、届く。
 ここで、人間の側の「脳」は、機械が「見せるもの」機械が「聞かせるもの」だけを見て、そして聞く
 脳の中では、目の働きと、耳の働きがバラバラに分離して、別々に働く。「視覚」も「聴覚」も、テクノロジーに占領されて、人間の本質の「客観」を生成する脳の働きは金シバリにあってこれっぽっちも働かなくなっている
 「聴覚」だけ勝手に働くから認知症と同じ聴覚障害が発生している。
 今はまだ認知症(痴呆症)ではなくても、人間と向かい合うと、分裂病の話し方(聴覚障害)をあらわしている

 現実との関わり方は、「右脳・実像」の視覚の客観にかんする「認知」は非常に不安定になっているから、「話し方」「態度」「倫理」(行動秩序)の破綻が起こっている。人間の社会で常識とされている「マナー」「作法」「礼儀」というものをあからさまに壊しつづけているだろう。

 対策は、人間の本質の「無意識の観念の運動」という法則を回復させることだ。
 「人間は、考えたことを実行し、考えないことは実行しない」(無意識の観念の運動)。
 対策の方法は、「認知的不協和の法則」をおこなう。人間は、頭の中に、二つの相反する考えが思い浮んだとき、矛盾を嫌って、いずれか一方を排除する。これが「認知的不協和の法則」だ。
 対策の実行の仕方は「ブルガリア方式」である。

 パソコン、スマホの依存症の人の脳の働き方は、どうなっているのか?

 「目でものを見ること」と「耳で人の話を聞くこと」(文字を読むこと、文と文章を読むことも)が、別々になっている。こういうことを「聴覚障害」という。
 この「聴覚障害」を改善しなければどうにもならないのだ。このことをよく憶えておこう。
 何ごとも、「目的」が分かって「手段」が正しく成立するのである。
 「目で見ること」とは「倫理」という行動の秩序の対象である。難しいことは何もない。「入浴する」「食事をする」「会話をする」「後片付けをする」「手で物を洗う」などだ。
 「経験同一化の法則」のことだ(目で見たものに触り、手で触ったものを見る。人間は、この対象について考える…経験同一化の法則)。

 これらの対象の一つ一つをプロセスに分解する
 部分と全体で構成するのだ。部分の一つ一つを言葉に言いイメージする。これを「ブルガリア方式」の対象にして、ノルマにする。認知的不協和の「不協和」を発生させる

 そして「不協和」が消えるまで、一日のノルマとして一日あたり「5個」くりかえす相手に話す。もしくは自分のためにはノートに手で書くことをくりかえす)。

 脳の働きは、自律神経がつくり出している。恒常性(ホメオスタシス)が自律神経の本質だからパッと劇的には変化しない。だから「ブルガリア方式」しか有効な改善策はないのである。
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.