谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

スマホの「見ながら持ち歩き」は、「左耳中心」の聴覚障害

日本人の心身の病気は、認知症(痴呆症)、鬱病、精神分裂病(統合失調症)だ。
脳の働き方のメカニズムからみると、脳の「聴覚」の異常が病気の実体である。
分かりやすい例が「スマホの見ながら歩き」だ。
ポルソナーレが改善策を教える。

 人間の病理を観察するとき、どこを観察するか?
 「一日中、寝ている」、「人と話すとき、あらぬ方向をじっと見詰めてしゃべる。相手の顔や目は見ない」、「一日中、パソコンの画面を見つづけている」(家の中で。ゲームだの気に入った情報を眺めつづけている」、「道路でも駅のコンコースでも、人と話している最中でもスマホのディスプレーを癖のように見る」。

 これらは、脳の働き方のしくみから見ると、全部、耳の聴覚の働きの異常なのだ。
 「いや、動作の異常でしょ?」、「目の働き方がかなり片寄っているから視覚の働きの異常でしょ?」という人もいるだろう。
 「じゃあ、なぜ、誰の目から見てもおかしいとしかいいようのないしゃべり方、動作、行動を止められないの?」と問うと、誰にも原因が分からないから、答えられない。

 答えられなければ放置するしかない。それが日本人の認知症(痴呆症)にいきつく
 「2025年問題」といって、認知症(痴呆症)者が、一気に160万人とか170万人が発生する問題だ。
 日本には、すでに400万人とか、500万人の認知症(痴呆症)の人がいる。

 認知症(痴呆症)は、脳の働き方のメカニズムからみると、「耳」の「聴覚」が、「目で見ていること」とは無関係に、勝手に、ひとりでに働いている状態のことだ。
 だから「ご飯を食べていない」とか「貯金を盗られた」とか「ここはわたしの家じゃない、帰らせてもらいます」などとしゃべる。
 「聴覚」(発音、発語)が、夏の雑草とか、庭の木の枝葉のように、好き放題に伸びて、勝手に、無秩序にしゃべるあるいはしゃべらない、というのが「認知症」(痴呆症)なのである。

 誰にも分かりやすい例が「スマホの見ながら歩き、持ちながらディスプレー(画面)をじいっと見つめつづけて歩く」という現象だ。
 人間の交叉支配になっている。脳は、左脳、右脳に分かれている。左脳はデジタル脳、言葉をつくる。伝達の速度は秒速100メートルだ。
 右脳はアナログ脳で、イメージを表象する。伝達の速度は秒速1メートルだ。
 この「右脳」にもうひとつ「目の感覚野」の「実像」という部位がある。この「実像」も、「客観」「主観」「自己」(触覚)というメカニズムを独立して機能している

 耳の聴覚と目の視覚は、「視床」が共時している(外側膝状体が視覚、内側膝状体が聴覚だ)。
 この「視床」は、「左脳」向けと「右脳」向けに分かれている。
 脳の交叉支配とはこのことだ。「左耳」で人の話を聞けば、右脳の非言語の主観の対照を聞くのだ。虫の音とか、動物の鳴き声とか。自然の音とか、だ。
 「目」の「視覚」は、「右脳・実像」の「客観のゾーン」「主観のゾーン」につながっている。「聴覚」は、この「視覚」の神経の動きにぴったりとくっついている

 「聴覚」(発声、発語)を視覚の「客観のゾーン」に意識的に、つまり学習としてぴったりとくっつけるということを教えられていない人がいる。「左耳で電話を聞く」という人でなくとも、「視覚」のもつ「客観」と「聴覚」とがむすびついていない人は、「聴覚」が、主観のままに発声し、発語する。これが、人間の心、精神の異常の実体というものだ。

 スマホ、パソコンの本質は、テクノロジーによる通信技術だ。
 マトリックスといって、空間の距離を縮めることに本質がある。しかし、距離がゼロになるわけじゃない。距離が無いと錯覚させるのだ。コードをプログラムにして「ソフト」を供給する人間は、このことをよく知っている。錯覚を売り物にして、真実らしく見せかけることで巨額の利益を得ている。

 テクノロジーは、「右脳・実像」の「客観のゾーン」だけを通信技術化しているのである。ここには、画像もあるが、「音」「言葉」もある。「視覚」と「聴覚」がセットになっている。
 スマホ、パソコンの画面を見る者は、「音」「音声イコール言葉イコール文字」を「右耳」でも「左耳」でも、「聴覚」が完全に占領されて、支配されるのだ。
 自分の、人間の「聴覚」は、左耳、右耳ともに機能停止となる。
 「視覚」(右脳・実像のY経路・ゲシュタルト原理)との結びつきを完全になくしていく

 「左脳・右耳の聴覚」は言語、言葉の機能をなくして、「認知症」(痴呆症)と同じ聴覚障害になっていくのだ。
 ポルソナーレだけが教える予防、改善の仕方を実行していらざる出費を防ぐべきではないのか。

うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.