谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

電話を「左耳」で聞く人は、
鬱病、分裂病、認知症(痴呆症)のリスクを抱えている。

人間の心、精神の病気は、全て、「言葉」がつくる。
病気とは、不完全な言葉のことだ。
脳の働きでいうと「聴覚」の障害のことだ。
世界で唯一、ポルソナーレだけが改善の仕方を教える。

 認知症(痴呆症)の症状といわれているものに「お金を盗られた」「身近な人の名前を忘れた」「今日は、何月何日かが分からない」というものがある。
 「体験したことを忘れる」というのが認知症(痴呆症)の特徴だ、というものだ。
 そこで、「脳トレ」と称して、「ゲームをさせればよい」「計算ドリルをさせればよい」という対策が思いつかれて、教材やコンピュータのソフトが作製されて売られる

 しかし、ポルソナーレの脳の働き方のメカニズムの解明にもとづく見解をいうと、認知症(痴呆症)は、目の前にいる人、目の前にある物、日常生活の中の物を「見る」ということと「見たものを言葉にする」という結びつきが全く成立していないことをいうのだ。

 認知症(痴呆症)の病状は、「言葉」(聴覚)が、完全に「視覚の認知」から切り離されて言葉(聴覚)だけが勝手に、ひとりでに動く、という場合のことをいう。
 認知症(痴呆症)も鬱病も、分裂病も、「聴覚」(発語すること、発生すること)が「視覚の認知」から離れて、勝手に動くことが共通する。

 だから、認知症(痴呆症)、鬱病、分裂病のいちばんのリスク「電話機」を「左の耳」に当てて聞く、話すことだ。
 聴覚野は、「視床」が「左脳向け」「右脳向け」に分かれている。
 「左耳」は「右脳」につながる。「右脳」は「言語野」(記号性をつくるデジタル野)ではない。
 「右脳」はアナログ脳で、恣意的なイメージを表象する
 「左耳」に電話機を当てて聞く、話すと、ここでは、「記号性」という法則も規則も無いから、「視床下部」の「性の欲」か「食の欲」かがつくる感情とか、欲求が不定形なイメージをつくる
 この「性の欲」か、「食の欲」かの感情が選択した「視覚の認知」を言葉にして言いあらわすのだ。

 これが、認知症(痴呆症)の場合は「お金を盗られた」「あなたはどなたですか」(自分の家族の誰かに向かって聞く)といった聴覚障害となってあらわれる

 ちなみに分裂病の場合はどうか?
 多くの日本人は、「人の目が気になる、怖い」という聴覚障害のあらわし方になる。
 「電話に出るのが怖い。何を言われるか、分からないから」
 「人から言われたちょっとした言葉がいつまでも気になる。その言葉が頭の中に思い浮び、聞こえつづける」といったものだ。

 この分裂病の聴覚障害は、「見ている人」「聞いている人」という対象(相手)についての「視覚の認知」を「否定する」とか「拒否する」というものだ。
 「左耳」に電話機を当てて話を聞いたり、話したりすると、こういうことが起こる。
 「マジで?」「マジかよ」「ヤバイよ」「うれしい」「かわいいー」「…みたいなかんじ」「…てゆうか」などのジャルゴン失語症の発語、発声も広い意味の分裂病のカテゴリーにある。
 会話のルールが成立していなくて、ひとり言のように話されている。相手を不在に陥れる関わり方が分裂病の聴覚障害を構成するのだ。
 認知症(痴呆症)に進むには、「話す」「聞く」という行動秩序(モラル)を壊すだけで足りる。
 気がつかないうちに出てくる「言いがかりをつける」、「難癖をつける」、「根にもった不満を一言だけ言う」などが要注意だ。
 最近の事件は、女子高校生や女子大生の「誰でもいいから人を殺してみたかった」という発言がある。
 これは、「そんなふうに、ひとり言のように、くりかえし、くりかえし言葉に言い表すのを止めましょう」と、行動秩序(モラル)の破綻を止めて、聴覚の働き方を改善しなかった結果の痛ましい事件だ。

 認知症(痴呆症)も鬱病も、分裂病も、対策は、「電話は、右耳で聞き、話す」ことでリスクが減る、と覚え実行しよう。

関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.