谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

鬱病、分裂病、認知症(痴呆症)の防ぎ方
電話は「右耳」で聞き、話そう!!

電話は「右耳」で聞く。
鬱病、分裂病そして認知症(痴呆症)を防ぐ対策だ。
治らなくても悪化を防ぐ。
改善のための必須の方法だ。

 鬱病というと「自殺念慮」「自分を責める」「不眠がつづく」「無気力…実務能力の低下」などがいわれている。
 これらの症状が鬱病の症状だ、とされている。

 ポルソナーレは、ゼミ生の皆様の御支持をいただいて、長い間、「脳の働き方のしくみ、言葉の生成のメカニズム」を研究し、対策を開発してきた。
 この「脳の働き方」のメカニズムから「鬱病」の症状についても考えてみると、因果関係がハッキリしない。「自分を責める」ことが、なぜ「鬱」なのか?「無気力…実務能力の低下」が、いったいなぜ、「鬱」なのか?

 人間は、「言葉」で動く。
 言葉の能力がすなわち人間の本質だ。すると「鬱病」も「言葉」の能力に原因と理由がある。
 「言葉」の能力とは何のことか。
 「脳の働き方」のしくみから説明すると「視覚」「聴覚」「触覚」が「言葉」をつくるのだ。
 「視覚」「聴覚」「触覚」のうち、「触覚」は生理的自然に属するので除外する。すると「視覚」と「聴覚」が「言葉」をつくり出すのだ。

 「視覚」と「聴覚」が、どのようにして「言葉」をつくり出すのか?のしくみの説明は省略する。
 結論だけをいうと、「視覚」と「聴覚」がセットになって、共時的に働くとき正常な言葉なのである。正常な精神」「正常な心といってもいい。

 「言葉」は、「聴覚」がつくる。
 この「聴覚」は、脳の中では大脳辺縁系にある「視床」に到達する。耳から「視床」の「内側膝状体」に到達して、次に側頭葉にある「聴覚野」に伝わる。

 「視床」の「内側膝状体」と密接しているのが「外側膝状体」だ。「外側膝状体」は「視覚」を受け容れる。後頭葉から頭頂葉へ届き、そして「右脳・実像」の「Y経路の領域」で「視覚の感覚による知覚」(認知)を表象するのである。
 「聴覚」は、「視覚」の情報経路と共時して、「目で見たもの」に「発音、発語」がむすびついて「言葉」をつくるのだ。

 この「聴覚」と、「視覚」のむすびつき方には、実際問題として「ルール」「マナー」「行儀作法」がある
 会話の場面でいうと「相手の顔を見る」とか「相手の目を見る」、「相手の目に同調とか同期の表情を向ける」などだ。
 この「相手の顔を見る」「相手の目を見て話し、そして聞く」という「聴覚」と「視覚」の結びつきの秩序(ルール、きまり、約束)を知らないこと、知っていても無視することが、すなわち「鬱」ないしは「鬱病」なのである

 人間関係がうまくいかない人会話の仕方を観察してみよう。
 「下を向いて絶対に相手の顔を見ては話さない人」がいるだろう。「スマホ」の画面をしょっちゅう見ているとか、パソコンのディスプレー(画面)を見ながらしゃべる医者とか。

 「相手の顔をしっかり見る」ことがとても辛いので、「わっはっはっはっ」と過剰に笑って相手の話を聞く人もいる。これが「鬱」なのだ。

 「耳」から伝わった「音」ないし「音声」が最初に到達する「視床」は、「左脳」用「右脳」用二つに分かれている。すると「聴覚」の中枢の「内側膝状体」も「左脳」と「右脳」の対応に分かれている。

 脳は、左脳、右脳ともに「交叉支配」になっている。左の目は右脳へ、左の耳は右脳へ、右の目は左脳へ、右の耳は左脳へ、というつながり方だ。
 「言葉」は「左脳」がつくる。すると「右耳」の音、音声が「言葉」と関わりのある左脳・側頭葉(視床・内側膝状体)に届き、「視覚の経路」に「共時」して「右脳・実像」の「客観」(Y経路支配)に到達するのである。

 「左耳」の「聴覚」は「右脳・実像・X経路・副交感神経」にしか到達しない。
 客観を不問にした主観による「形」「色」を認知するのが「左耳」の聴覚である。
 「かわいいーっ」「チョーかわいいー」「スゲー」「ヤバイ」などの感覚用語をつくり出す。
 「なんか、こう」「…みたいなかんじ」「ていうか」などのジャルゴン失語症(言葉癖)もつくり出す。

 すると、「鬱病」「鬱」を防ぐには、ケータイとか、固定電話も、「左耳」に当てて聞いたり、話したりすることは止めるべきだ、ということがよく分かるだろう。

 「鬱病」の対策は、「人と向かい合って話す時に、相手の顔を見よう」「相手の目を見て話そう」ということだ。
 「ソッポを向いて話さない」「下を向いて話す、聞くのを止める」。これが「鬱」の病の対策である。


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.