谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

認知症(痴呆症)になる人、ならない人の性格診断

認知症(痴呆症)は、年齢が増えることが、原因ではない。
若くても、聴覚障害が排他的になれば起こる。
対策を分かって、介護、介助の出費を防ごう。

 認知症(痴呆症)も、うつ病も、分裂病も、その病気の症状は「話し方」(しゃべり方)がつくる。おかしな話し方、聞き方、発語の仕方は、症状ではない。病理の本体そのものなのだ。
 認知症(痴呆症)とは、体験そのものを忘れることだというのが一般的な見解だ。「食事をしたこと」とか「目の前の人の名前」とかを忘れることだ、と。
 身近な人がこういう発言をすれば、たしかに衝撃だ。胸が痛くなる。

 だが、いくつかの若くしての認知症(痴呆症)の症状を現わす人を観察してみると特異な脳の働き方が見られる。
 ある人は、ノートに同じ絵ばかりを書いていた。
 そして、現実の人間はみんな「トーフ」に見えると言う。
 道を歩く人々は、みんな、ブラブラと遊んでいるように見えるという。やがて、人から変に見られないようにと家の中でも帽子を深くかぶって生活をするようになった。

 また、べつの人は、どんな会話でも必ず一つのことしか話題にしない。幼い自分のある時期のことをくりかえし話す
 どんな話題でも、必ず自分の幼い日々の不遇な経験と惨めな思いをしゃべる

 こういう話し方、発言の仕方に誰しもが思い至るだろう。自分でなければ、身近な他者の言うことに思い当るだろう。
 もし気がつかない、思い当らないとすれば、それは「聞いていない」(忘れている)からだ。

 聞く、話す、発語するというのは「の働き方」でいうと「聴覚」のことだ。この「聴覚」は、見ている「視覚」の対象に一致して結びついて「正常」となる。紹介した事例の人は、「見ている対象」も不完全だ。話している言葉は、勝手に口から出て、感情のほとばしりのままに次から次へといつまでも果てしなくしゃべる
 聴覚が「視覚」から離れて独立して、聴覚の機能が故障したかのように言葉や音や感情の言葉だけが生き物のように動き出す

 分裂病では、これが、話している相手か、身近な人の対立の色をおびるときに聴覚の異常となる
 ある女性は、母親につかみかかり、奇声をあげていた。べつの女性は、鬱の母親に「子どもの頃、こういうことを言っただろう。なぜだ?なぜ言った?」と大声で、何時間も問いかけていた。
 こういう「視覚の感覚」が切断されるときが認知症(痴呆症)である。

 鬱病は、認知症(痴呆症)のきっかけをつくるものだ。
 鬱病(うつ)の聴覚障害とはどういうものか?
 「相手の目も顔も見ないでしゃべる」というものだ。ある人は、対面して向かい合っているとき、顔をわざわざまげてどこかあらぬ方向を見て、そこに人がいるかのようににこにこと話していた。話していることは、完全に「ひとり言」に近い。「聴覚」が独立しているが、会話の「マナー」という行動秩序が破壊されている
 これは、「右脳・実像」の「客観の領域」との対応の法則、規則が壊れていることによる聴覚障害だ。

 認知症(痴呆症)は、「介護市場」という「市場」になっている。月35万円から55万円くらいの支払いが必要になる。今から対策を分かって予防すべきではないか。


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ
うさ子
谷川うさ子さん
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.