谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら


全日本カウンセラー協会・ポルソナーレのマスターカウンセリング

読むだけで幸せになる手紙

認知症(痴呆症)も鬱病も、分裂病も、脳の聴覚障害

認知症(痴呆症)になれば一ヵ月35万円から55万円の費用がかかる。
「市場」になっている。「治らない」と誰もが疑わないから諦めてお金を出す。
介護地獄も楽しいと言う人もいる。
「明日は我が身だ」と思えば諦めてお金を吐き出す。
それが本当の地獄だ。
だが、「治し方」は、ある。

 認知症(痴呆症)の人は「まだご飯を食べていない」、「貯金を盗られた」、「ここは、自分の家ではない」、などをしゃべる聞くとストレスになる

 うつ病の人は、「腰が痛い、頭痛がする」、「将来が心配だ、人と何を話せばいいか分からない」「片付けられない」「人の書いたものが読めない」などと話す
 ゲームやマンガや音楽は元気になるんです、と、しゃべる聞くとストレスになる

 分裂病の人は、「気になる人がいるんです」、「人の目が気になります」「いつも頭の中に人の声とか、音楽が鳴るんです」「ネットで悪く言われているので心配です」などと、しゃべる
 「おまえのせいだ」とか「あのとき、あの場所で、あんなことを言われなければ、本当は幸せだった」などと話、おしゃべりが向かってくると対立が生じ、緊張を生み、ストレスになる

 人間の心や精神の病気は、全て、「言葉」に現われる。
 「言葉」だけが、ひとりでに、ゾンビのように動き回り、徘徊する。それが、脳の働き方のメカニズムから見た認知症(痴呆症)、「鬱病」「分裂病」だ。

 どんなことにも「全体」がある。
 「家」の「全体」は「屋根」、「壁」「部屋」だ。
 「駅」の「全体」は「出入口」「線路」だ。

 「人間の脳」の全体は「言語野」「聴覚野」「感覚野」だ。
 動物一般と共通する「欲」「運動」の部位は「自然と同じ」だから「人間の本質」からは除外する。

 「感覚野」は「目で見る」という視覚領域が60%くらいだ。
 この中に「言語」とつながる「客観」の認知の領域がある。「聴覚」は17%くらいといわれている。

 人がしゃべる、話す、聞く、という「聴覚」は、「客観を見る」という「視覚」に結びついて正常に働く。
 「客観」とは、事実の「きまり」「ルール」「やくそく」を本質として存在することだ。
 人間の「聴覚」(話す、聞く、発語する)は、「目で見る」という視覚の「客観」と結びついて「正常」なのである。

 だから、認知症(痴呆症)、鬱病、分裂病は全て「聴覚の障害」である。
 「聴覚」(聞くこと、話すこと、発語すること、言葉を伝えること)が、ひとりでに、勝手に働くことという障害だ。

 治し方は次のとおりである。
 ハーバード流交渉術 の中に「認知的不協和の法則」がある。
 人間のは、どこの部位でも相反する二つのことを同時には思い浮べないどちらかを排除する、という法則である。

 視覚と聴覚についてのことを、ひとりごとのように話す
 強制しない、分からせようとはしない
 聴覚障害の人は、勝手に働く聴覚の「言葉」をしゃべるだろう。それが「不協和」だ。

 「ブルガリア方式」というものがある。正しい「視覚と聴覚」のむすびつき言葉を、一日、5回話す。これをノルマにする。
 「不協和」の聴覚障害が排除されるまで「ノルマ」にして話すという方式だ。

 認知症(痴呆症)でも鬱病でも、分裂病でも、困っている人は試してみよう。


関連ページ:脳を発達させる日本語トレーニングペーパー パートIV、第9ヵ月め学習テーマ
認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ
うさ子
谷川うさ子さん
◎この「読むだけで幸せになる手紙」は、メルマガでも配信しています。
https://www.porsonale.co.jp/magazine.htmからお申し込みください。
メルマガバックナンバーはこちら

うつ病を治すカウンセリングのご案内
「うつ病」とは、「生きていくために意味のある場面、その対象との関係」の中で「行動停止」が続くこと、が定義です。この時の「行動」には「生きるために必要」「生きるための価値がある」ことをあらわす特化した言葉があります。この言葉を「知らない」「放棄する」「否定する」「拒否する」などで喪失すると「行動停止」になり「孤立」の悲哀の感情が「右脳」に思い浮びます。「孤立」とは「行動の必要」が前提になっています。この前提にたいして「行動の回復」が諦められると「自殺」が思い浮びます。「自殺」は、「A9神経」がつくる快感のドーパミンがイメージさせます。


不安恐怖 感情 欲 好き嫌い 敵味方 と脳
右脳 (目、手、耳、舌、鼻などをとおした認知と、左脳のコトバのイメージをつくる)
左脳 (学校の教科書の言葉、仕事の言葉、社会のルールの言葉をおぼえる)
聴覚野 ゼミの学習で発達させる中枢神経 (関係が豊かになるから、
豊かになる人格=パーソナリティが発達します)
ウェルニッケ言語野 1人の時に心配になったり、気にする言葉が思い浮ぶ
人格=キャラクターをコントロールします
うさ子
谷川うさ子さん

←前へ  次へ→


学習に役立つ書籍

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.