谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.87
日本人の「脳の働き方」の変え方
■脳の働き方から変える新・性格教育法
■日本人の、ブローカー言語野の「3分の1」のゾーンの「うつ病」のつくり方と対策を教えます

みなさん、こんにちは。
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

●今、そこにある危機「金融不安」についての解説

 すでにどなたもよくご存知のとおり、世界的な規模の「金融不安」が起こっています。この「金融不安」は、もともとはアメリカの金融機関(銀行、証券会社、など)が引き起こしました。「サブプライムローン」という金融商品が「売れない、買わない」という事態になり、巨額の不良債権が発生したことが直接の原因です。

 その「不良債権」という損失の額がどれくらいの規模のものになるのか?の実体が把握されていないことが「信用不安」の直接の原因です。コンピューターをつかって「証券」という金融商品を複雑に組み合わせたので、さながら、地面の下に広く根を張る巨木の木の根のように隠れて目に見えないので、掘り起こして調べるまでは誰にもよく分からないという現象が「サブプライムローン」という金融商品です。

●「サブプライムローン」についての解説

 「サブプライムローン」とは、アメリカの低所得者向けの「住宅ローン」のことです。アメリカでは、「金融商品」の一種として、「住宅」が「値上りすること」を絶対の条件にして、値上がりするごとに融資していました。この「融資」の分をアメリカの国民は、世界各国から輸入した商品を購入していました。「バブル」をつくりつづけてきたのです。

 ところが、もともと「低所得者」へのローンだったので、「ローンの支払い」をできない人が続出しました。つまり、「バブル」というものは、「ちゃんとした本物の価値をもつサーヴィスなり商品の価値を、お金と等価交換する」という後追いの裏打ちがあって、「投機性」が「投資」に変化して、解消します。

 アメリカの国民(低所得者層)は、この「投資」の法則性を正しく学習していないまま、「ローン」という「バブル」を膨らましつづけました。返済の見込みもない、返済する自覚と知性もない「借金」だけの生活をくりかえしてきました。このような生活パターンをチューインガムのようにどこまでも引き延ばす技術が、ノーベル賞級の金融工学者がつくった「バブル性の金融商品」です。「金融派生商品」(デリバティブ)です。
 その究極の金融商品が「サブプライムローン」であったわけです。

 アメリカの「金融機関」は、この「サブプライムローン」の金融商品を世界中に売ってばらまきました。このために「アメリカの金融不安」が世界中に広がったのです。

●日本に迫っている「金融危機」についての解説

 日本の「金融機関」は、EU諸国のように大量に「サブプライムローン」の金融商品を買っていなかったので、「比較的損害は少ない」(ダメージは軽い)といわれています。

 その代わり、日本は知る人ぞ知る「超低金利」(政策金利)で日本の国民に渡されるはずの「金利」の分のマネーをアメリカの国債を買ったり、日本の大企業に投入し、さらに、政府主導で日本の株式市場へと「個人投資家」のマネーを集めて「三つの過剰」(人員、設備、在庫)を解消して、「不良債権」(日本のバブルがつくった不良債権)を解消してきました。この「間接性のバブル」による擬似健全性の企業体質が、今、「円高」となっています。
 「円高」は、輸出型の企業の収益を減らしているといわれています。アメリカ発の「金融不安」は、日本にはこのように波及しています。

 日本の株価(東証)は、10月10日の時点で「8200円」となり、5年前の株価の水準に戻ったと伝えられています。個人投資家の資産は、約125兆円の含み損を抱えるか、消失したと報道されています。(大和総研による)。

 すると、少なくとも消失したこの「5年間の株価」の水準は、「バブル」に吸収されて、そして今、目の前で消失したという構図を思い描くことができます。これが、日本の不況の実体です。

●「バブル性の商品」についての解説

 このことは、何を意味するのか?というと、「バブル」という投機的な膨張を支える「実体経済」への投資がおこなわれてこなかったことを意味します。
 その典型が「分裂病」を「統合失調症」と言い換え、「薬物療法」を固定化させたことです。「薬」を与えつづけて、何年にもわたって放置し、「障害者年金」を支給して無能力化するという「医療」は、実体経済への「投資の不在」を象徴します。

 「分裂病」とは、特別な病気ではありません。「人の目が気になる」とか「人から悪く言われている」などの妄想をつねに意識して「対人関係」に緊張する心の病いです。日本人は、もともと「見る」「見られる」という「目」を中心にして人間関係をつくってきました。「視線」を中心にして人間関係を考え、理解して、不安や安心を感じつづけてきました。これが「分裂病」の本質です。このような問題の本質の解明や対策を放置して、病気そのものを固定化させる、という思想が「統合失調症」という言葉への言い換えです。このために、ニート、フリーター、ネットカフェ難民、不登校、年間3万人以上の自殺者の推移、などというように、「人材」という資源を衰弱させてきたのです。

 同じことは、「うつ病」にもあてはまります。アメリカの「DSM‐W」という診断基準が導入されて、「症状」が該当すれば「抗うつ薬」を処方する、というブローカー的な医療がおこなわれています。
 「うつ病」の人間的な考察や対策への投資はおこなわずに、「不登校」「年間3万3千人の自殺者が10年もつづく」という「解体」だけがおこなわれています。

●日本人の脳の働かせ方が「バブル性商品」を支持してきた

 このような、お金をつかった結果、何の有益な結果ももたらさない役に立たないサーヴィスや商品のことを「バブル性の商品」と定義することができるでしょう。
 バブル性の商品は、なぜつくり出されるのでしょうか?

 人間の脳の「大脳辺縁系」にある「トカゲの脳」(中隔核)が「脳内の最高の快感のドーパミン」を分泌する記憶が生み出します。このトカゲの脳を働かせるのが「ブローカー言語野の3分の1のゾーン」での言葉の憶え方です。日本人は、「人が自分を見る」「自分は人から見られている」という距離の無い対人意識で「自分」や「人のこと」を考えてきました。これは、人と自分は距離のないことが当り前で、安心することだ、という「言葉の憶え方」になります。

 ブローカー言語野の「3分の1」のゾーンは、次のような特質をもっています。

  1. クローズアップの視覚のイメージを思い浮べる。
  2. 相手と自分は、皮ふ感覚のレベルで、触覚的につながっていると認知する。
  3. 丸暗記しかできない。
  4. 言葉の「意味」を記憶できない。
  5. 短期記憶しかできない。
  6. 行動が止まると、憶えていたことを忘れる。
  7. 指示する人、命じる人がいないと「行動」が止まる。(半行動停止状態になって、不安や恐怖のイメージを思い浮べる)

 このような日本人の「脳の働かせ方」が「バブル性の商品」を生み出してきました。また、政府主導の「バブル性の商品」(超低金利や、株式への投資)を下支えしてきたのです。また、「統合失調症」という実体への「フタ隠し」を許容し、DSM‐Wによる「抗うつ薬の消費」を受け容れてきたのです。
ごく一般的に見られる「バブル性の商品」とは、次のようなものです。

  1. 川島隆太の脳トレ(丸暗記によってうつ病をつくり脳をシバりつける)
  2. 茂木健一郎の「鶴の恩返し暗記法」(超丸暗記の方法で、転職、派遣などの仕事が変わるとうつ病になる)
  3. 日本の暗記主義のテスト中心の教育制度(不登校をつくり出す。子どもの自殺、いじめの背景にもなる)。
  4. 心の病いの薬物療法(企業の中の働く人にうつ病が増えつづける)

●ポルソナーレの新・性格教育法だけが、唯一の生き残りの方法という理由

 あなたとあなたを愛する人の自滅と自壊を防ぐのがポルソナーレの「脳のブローカー言語野」の「3分の2」のゾーンで学習する「憶え方」です。
 また、日本人の「対人関係」のものの考え方を変えるカウンセリング・ゼミ「ワンマンカウンセラー・コース」です。
 「学習すること」を止めない、「ブローカー言語野」の「3分の2」のゾーンで憶えることを止めないことが、今と、これからの日本でゆいいつの「生き残りの方法」です。ポルソナーレは、そのためのバックアップのカウンセリングの技術として「イメージ療法」や「浅見鉄男・井穴刺絡免疫療法」で不安症状や身体症状をスピード解消しています。
 また、遠山啓の「水道方式」や「水道方式」を応用した日本語の憶え方を特別に指導して、「ブローカー言語野」の「3分の2」のゾーンの学習法をレクチュアしています。

●「ワンマンカウンセラーコース」のDVD通信講座へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

http://www.porsonale.co.jp/

←連載No.86 連載No.88→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.