谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.80
日本人の「脳の働き方」の変え方
■脳の働き方から変える新・性格教育法
■特集・日本人のうつ病の治し方

みなさん、こんにちは。
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

●日本人のうつ病は子どもに連鎖している

 小学生と中学生の「不登校」が増えています。文部科学省の発表です。
 「学校基本調査連報」(2008年度・8月8日発表)によれば、「不登校の子ども」は、5年ぶりに増加して、過去最高の比率になっています。

 「不登校」とは、「うつ病」のことです。「学校に行かない」ということは心の病気とは直接、関係がないと思っている人もいるかもしれません。
 しかし、「学校に行かない」というのは、れっきとした「心の病い」です。その心の病いの基本型は「うつ病」です。

 小学生、中学生の「うつ病」は、親がつくって、親が促進しています。文部科学省が調査して明らかにした「不登校」の理由は、次のとおりです。

「なんとなく登校できない、集団の中に入れないなど、本人の性格にかかわる問題」(38・8%)。
「いじめを除く友人関係」(18・4%)

の二つが半分以上の理由になっています。「いじめ」による理由の不登校は、わずか、3・5%です。

●脳の働き方から分かる「うつ病」の実体

 ポルソナーレは、「脳の働き方のソフトウェアのメカニズム」を解明しています。
 日本はもちろん、世界でもゆいいつ、「脳の働き方のソフトウェアのメカニズム」を明らかにしているのはポルソナーレだけです。

 「脳の働き方のメカニズム」から見た心の病いとは、「行動が止まること」をさしています。人間の「行動」には必ず、「言葉」が必要というのが本質です。「言葉」が「長期記憶」されているときにだけ「行動」が可能です。「学校に行かない」というのは、「学校」にかかわる「言葉」が記憶されていないことを意味します。

 「学校」にかかわる「言葉」が「長期記憶」されていないとは、かならずしも「学校までの道順」や「学校の所在地」、「どういう校舎だったか?」などが「忘れられた」ということではありません。

●うつ病とは?の誰にも分かる本質

 人間の「行動」は「言葉」によって可能になるということは、「脳の働き方のメカニズム」から理解する必要があります。
 「料理が出来ない」という「行動」の不全について考えてみましょう。これだけでは、何の料理が出来ないのか?は分かりません。「料理」という「言葉」には中身があります。「料理」という言葉には『意味』があるということです。それは、「カレーライス」かもしれないし、「ミソ汁」かもしれません。あるいは、「目玉焼き」のことかもしれません。だから、「料理ができない」と言う人には、「どういう料理がつくれないのか?」と尋ねてみる必要があります。「料理」という「言葉」の『意味』を明らかにする必要があります。これが「脳の働き方のメカニズム」です。

 「学校に行けない」というときの「学校」の言葉の『意味』は「教科の勉強」のことです。
学校に行くという「行動」は「教科の勉強」「教科の学習」が目的になっています。「学校に行く」のは、「自分ひとりだけ」ではありません。
 同じ年齢の子どもがたくさん同じ空間に集まって、一人の教師から同じ教科書をとおして学びます。すると、「学校に行けない」とは、「教科書をとおして勉強することができない」という「意味」の行動ができないという「行動停止」が言われているのです。「勉強する」ということにたいしての「行動停止」が起こっているのです。「小中学生の生徒」には、「勉強が分からない」という「うつ病」による「行動停止」が起こっています。学校で、教師が教科書をつかって教える各教科の勉強の「言葉が分からない」という「うつ病」です。

●子どもの「うつ病」は、母親と父親がつくっている証明

 『プレジデントFamily』(2008・10)で「母の叱り方・父の叱り方」というテーマの特集をおこなっています。「小学生」へのアンケートや「中学生」への質問の回答によって構成されています。この中に、「中学生への質問」があります。「テスト前に、どのように勉強するか?」という質問です。次の4つのパターンであるという回答になっています。

Aタイプ…テストの一週間前から勉強する。ノートを整理する。単語帳を覚える。マーカーを塗る。
Bタイプ…一夜漬け、半分徹夜で、ガーッと詰め込む暗記型。
Cタイプ…テストに出題されそうな問題のヤマを張る。強化ポイントをしぼって暗記する。
Dタイプ…「勉強だけが人生じゃない」と言って、全く勉強しない。

 小学生も、中学生も、「勉強する」という「行動」とは、「暗記することである」というのが実体です。暗記して、テストに出題されている「問い」に正しく回答できれば、「成績がよい」という評価になっています。

●「恋愛の仕方」によって分かる「短期記憶」がつくる「うつ病」

 「暗記」と「記憶」とは違います。
 「記憶」には、二通りがあります。
 「長期記憶」と「短期記憶」です。「短期記憶」とは、「その場限りの行動」しか成り立たない記憶のことです。「恋愛」でいうと「その場限りのセックスをする」という恋愛のことです。
 あるいは、5人、10人、20人と多くの人と性関係をおこなう恋愛のことです。電車の窓から見る景色のように通過している光景のような「記憶」しか残りません。「短期記憶型の人」が「暗記すること」が「勉強することである」という脳の働かせ方をおこないます。
 恋愛でいうと、「相手の人」の「心や精神」(ものの考え方)といった中身(意味)は、何も分かりません。もともと「中身」という『意味』の「記憶のソース」が何も無いので「長期記憶」としての恋愛の「行動」をおこなうことができないのです。

●日本人は「長期記憶」ができない

 「長期記憶」とは、恋愛でいうと「相手のものの考え方」に価値を認めて恋愛関係の行動をおこなうことです。したがって同一人物との関係が維持されます。「相手のものの考え方」に重大な欠陥が生じれば恋愛関係は終わるでしょう。
 その欠陥とは、「短期記憶型のものの考え方による行動が発生する場合」でしょう。

 「学校の勉強」は「丸暗記」「暗記」が「短期記憶」に相当します。

 教科書の「言葉」を「マーカーを塗る」「ガーッと暗記する」「単語帳を憶える」というように「詰め込む」というのが「短期記憶」です。「テストの出題に回答する」というだけの「行動」のためにだけ記憶します。

 「短期記憶」しか記憶できない「暗記」の「丸暗記」は、「うつ病」をつくり出します。なぜでしょうか?
 恋愛のケースに置き換えて考えてみましょう。相手を次々に変える、もしくはその場限りのセックスしかしない、あの相手はカッコいいからセックスしよう、というのが「丸暗記型のタイプ」です。もし、同一の人物と長期的な関係になれば、お互いの関係は「セックスだけの関係」ということにとどまりません。会話が必要になります。会話によって心身の安心を享受する必要が生じます。この「会話」が不能になるのが「短期記憶」です。相手の話すことの「意味のイメージ」の「記憶のソース」が無いので「自分をふり向いて見てくれていない」という疎外感を感じるでしょう。「群集の中の孤独」という言葉があります。人は大勢いるけれども、誰ともコミュニケーションがないので、「ひとりぼっちだ」と意識することです。恋愛状態の中にいても、結婚しても「孤立感」を感じるのが「丸暗記型」のつくる「うつ状態」です。

●恋愛で次々に相手を変える人は、「短期記憶」しかできないことが原因です

 「短期記憶」しかできない「暗記型のタイプ」は、恋愛の関係の中で「相手の話す言葉」の「意味」のイメージを「右脳」のブローカー言語野に「思い浮べること」ができないのです。「言葉の意味」の『言葉』の「記憶ソースモニタリング」の「ソース」が記憶されていないからです。

 「学校の教科書」に書かれている言葉にも「意味」があります。
 この「意味」を憶えることで、「考える」「話す」「人とコミュニケーションをおこなう」という「行動」が成り立ちます。

 「言葉の意味」を「長期記憶」として学習することができないと、「勉強をするために集まっているクラスメート」や「学校の教師」との共通の会話が成り立ちません。人間関係から孤立するのです。これが「学校に行けない」という「うつ病」の発生のメカニズムです。

●ポルソナーレだけが「子どものうつ病」を改善できる秘密

 ポルソナーレは、小学生、中学生の「勉強の仕方」に象徴されるような「短期記憶」しかできない脳の働き方を変えるために「カウンセリング・ゼミ」の『ワンマンカウンセラー・コース』(初級コース編)のDVD通信教育を好評発売中です。日本人は、もともと「短期記憶」しかできない脳の働かせ方しか知りません。恋愛をしても、次々に相手を変えてやがて誰とも恋愛ができなくなる、結婚しても相手との関係に緊張関係が生じる、その結果、子どもも不登校に陥る、という心の病いをつくりつづけています。

 ポルソナーレのDVD通信教育『ワンマンカウンセラー・コース』(初級コース編)は、日本人の脳の働き方が「見る」「見られる」という「対人意識」が根拠になっていることが原因である、と明らかにして教えます。この対人意識のしくみを正しく分かって、最も望ましい「対人意識」の能力を身につけないかぎり、「長期記憶」を可能にする「脳の働き方」に変わることはありません。

●ポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の『ワンマンカウンセラー・コース』(初級コース編)のDVD通信教育のお問い合わせはこちらからどうぞ。

 http://www.porsonale.co.jp/



学習に役立つ書籍

-

←連載No.79 連載No.81→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.