谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.71
日本人の脳の働かせ方の仕組み
■日本人の「うつ病」の脳の働かせ方
■特集・脳科学者「茂木健一郎」の『脳を活かす勉強法、奇跡の「強化学習」』の「うつ病のつくり方」とは、こういうものです(パートU)
みなさん、こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。

 前回の号では、脳科学者「茂木健一郎」が出演して説明している「脳の話」を中心に、お話しました。出演しているテレビ番組は、NHKの『プロフェッショナルの流儀』(6月13日、再放送)でした。その後、新聞に『脳を活かす勉強法、奇跡の「強化学習」』(PHP研究所・刊)の書籍広告が出ていました。「58万部突破!」という売れゆきの好調さがアピールされていました。このテレビの宣伝効果が出て、約3万部が追加して売れたということの強調のようです。

 なぜ、このようなことからお話するのかといいますと、「東京・秋葉原無差別大量殺人」(平成20年6月8日、日よう日)が起こりましたが、この事件は、誰もが「なぜこういう事件が起こったのか?」の真の原因については「よく分からない」と語っているからです。たしかに、現象的には「日記代わりに書き込みがおこなわれている掲示板」のコメントを読むと、「日頃のうっせきが爆発して」ということになるでしょう。

 しかし、誰もが気がついているように、この「東京・秋葉原無差別大量殺人」の核心は、容疑者による「誰でもいいから人を殺す」という『言葉』にあります。この「誰でもいいから人を殺す」と言葉に出して表現して、これを『行動』にあらわすことに事件の本質があります。

 「言葉」は、「表現された言葉」と、「表現されていない言葉」の二通りがあります。前者は、日常の中で目にする文字、文章、そして話し言葉のことです。人間は、誰でも、この「表現された言葉」を見聞きしてその人の行動の動機や目的を知ろうとします。
 しかし、「秋葉原事件」の容疑者の「誰でもいいから人を殺す」という「言葉」を見聞きして、そこに、容疑者の「無差別殺人」という行動の動機や目的を正しく知ることができるでしょうか。

 「淋しかったんだな」とか「彼女がいなくて、ひどいコンプレックスに陥っていたんだな」とか「働いても収入が増えないので未来に絶望していたんだな」ということくらいしか理解されません。
 多くの解説や推測の文章を見聞しても、のべられていることは、だいたいこういうものです。

 『週刊新潮』(08、6月26日号)に「2ちゃんねる」に投稿されている「容疑者」への賛辞がピックアップされて紹介されていました。共通する主調音は、「派遣、契約、日雇いが急増。年収二百万円の低賃金で、不要になったら切り捨てられる。若者は、現代社会に希望を見出せない」といったことによってつのらせる「抑うつ感」の感情です。

 「書かれたり話されている言葉」だけに注目すれば、『2ちゃんねる』に書き込みされている言葉は、一人の個人が「誰でもいいから人を殺す」という行動を起こす動機にも、理由や原因にもなりえません。しかし、「誰でもいいから人を殺す」という言葉は、まちがいなく容疑者から発せられている言葉です。そして『週刊新潮』(6月26日号)が紹介している「2ちゃんねる」に書き込まれている容疑者への「礼賛」の「文章」もまた、不特定多数の誰かの「脳」から生成されて表現されている言葉でもあります。

 「誰でもいいから人を殺す」という事件が、この日本ではずっと相次いでいることに気がつきます。「表現された言葉」だけを見ると、ここには、共通する動機も原因も、目的もよく分かりません。すると、このような「言葉」を生成する「内面」はどうなっているのか?という考察の視点が必要になることは、誰にもよく分かるのではないでしょうか。
 「内面」といっても心理学でいうような実験的な推理のことではありません。また、精神医学(DSM‐W)や、精神鑑定のような、曖昧な概念で「想定される人格的な意思」を「建築」して「設定」することでもありません。DSM‐Wの、すでにアメリカの精神医学が、破綻していることの言い換えの病理学のことでもありません。解決策といえば、薬物療法で副作用を増産して新たな病理を拡大していることを指しています。

 「内面」という言い方が、しばらくは流通していました。「心の病い」という言い方も同じようなものです。
この曖昧さが文学好きの日本人の心性にぴったりとフィットして、「誰でもいいから人を殺す」という「言葉」や「行動」を放置しています。放置というのは、今年になってすでに「13人」の「死刑囚」の「死刑執行」がおこなわれているように、「心の病い」がつくり出す社会病理が厳罰化によって抑止されることも含まれます。また、「10年間もつづいている自殺者が3万人」という事実のことも指します。昨年は、「3万3千人」になって、増えつづけていると報道されています。「3万2千人台」で推移してきていたものが、「3万3千人」を超えたということです。

 このことは、「誰でもいいから人を殺す」という「言葉」とその「行動」は、それじたいが「負の言葉」として生み出されている、というとらえ方をしなければならないということを意味しています。
 このような「言葉」は、一体、どのように生成されるものなのか?とアプローチするときの問いかけの言葉を「メタ言語」といいます。
 「メタ言語」とは、「表現された言葉」を「対象言語」というのにたいして、「表現されるべき言葉」について説明するときの「言語」のことです。「超言語」ともいわれています。一般的には、「をは主語にはなりえない」という事例で説明されています。しかしごらんのように、この事例では「を」は、「主語」になっています。
 実際に表現すると矛盾が発生することから、このように「表現」以前の言葉を説明するときは、「メタ言語」という言葉を用いて理論的に想定した「対象言語」のしくみやメカニズムが説明されるのです。

 茂木健一郎の『脳を活かす勉強法「奇跡の強化学習」』でいちばんのメインのテーマは、「記憶する方法」でしょう。テレビでも実演と実験をやって見せていました。「鶴の恩返し」という方法です。「声に出す」「テキストを見ないで、手で書く」という肉体労働のようなことをおこなえ、というものです。目、手、声、などの知覚を動員して暗記せよ、というものです。
 「人には見られたくない姿」なので「鶴の恩返し」というネーミングだと茂木は言っています。

 これは、「言葉」というものを「記号」として覚える、という暗記の仕方です。「メタ言語」というアプローチから見ると「記号としての言葉」を憶えていることになるのです。そのくわしいメカニズムの説明は別途、おこないますが、ここには、「言葉」の『意味』を学習するということは、全くおこなわれていません。言葉は、原則として、どのような言葉も『概念』です。この『概念』というのは、辞書に載っているとおりの『意味』を別に学習して記憶したときにここで初めて成り立つ言葉のことです。人間の行動は、『意味』によっておこなわれます。すると、茂木の説く「鶴の恩返し」なる暗記の方法は、「行動不能」を生み出す「脳の働き方」をつくり出していることになるのです。

 「行動不能」とは、いいかえると「うつ病」のことであるでしょう。「行動が止まった時」に、逃避の美化のイメージが表象されれば、「分裂病」にもなるでしょう。
 このような「病気の行動を生成するための本」が、「58万部突破」と絶好調の売れ行きを示しているところに、「誰でもいいから人を殺す」という共感と絶望の背景があるのです。

●ポルソナーレの「脳の働き方」を学習して健康で健全な人生を目ざしたい方は、こちらをどうぞ。
http://www.porsonale.co.jp/t1.htm



学習に役立つ書籍

←連載No.70 連載No.72→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.