谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.66
日本人の脳の働かせ方の仕組み
■日本人の「グレーゾーンの分裂病」の脳の働かせ方のメカニズム
■特集・「願いごとが叶う魔法の言葉」「願いごとが叶ってお金持ちになる『そうじ』」「眠りながら願いごとを叶える潜在意識」などの病気のメカニズム

みなさん、こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。

 ポルソナーレは、脳の働き方の「ソフトウェアのメカニズム」を解明しつづけています。
 脳の「ソフトウェアのメカニズム」とは、「言葉を生成するメカニズム」のことです。
 人間の「行動」には、「言葉」が必要です。すると、「脳は、行動をどう生成するのか?」の仕組みも明らかになります。

 ここから、さらに次のようなことが明らかになります。

  1. 脳は、「健康で健全な言葉と行動」を生成する。
  2. 脳は、「病気の言葉と行動」を生成する。

 では、「病気の言葉と行動」とはどのようなものでしょうか。
 最近、「ベストセラー」といわれて大量に売れている本があります。一つ一つ題名と著者名はあげませんが「愛されてお金持ちになる魔法の言葉」「願いごとが叶うそうじの力」「眠りながら、イメージして潜在意識を活性化させる」などといったものです。

 あるいは、「速聴」「スピード暗記力」といったものです。

 これらのことが、全て「病気の言葉」であるとは、どなたもなかなかナットクしがたいものであるでしょう。
 「そうじをすること」や「願いごと」の「お金持ちになりたい」とか「幸せな結婚をしたい」「誰からも好かれて愛されたい」「仕事ができるようになりたい」などは、かくべつ悪いことではないように思えて、そのために「いつも笑顔になる」「人を悪く思うことを止める」「そうじをしたり、西や南に花とか野菜を飾るなどの行動をする」ことは、「良いこと」のようにも思えるからです。

 百歩ゆずっても、これらのことは「どこか、うさんくさくておかしい」とは感じられても、「このように、変で、いかがわしくておかしいことだ」とは説明できない、と誰もが思っているのではないでしょうか。

 このようなことについて、「脳の働き方のメカニズム」から「これは分裂病の言葉であり、行動なのである」と実証的に、論理的に明らかにしえているのは「ポルソナーレ」だけです。「脳の働き方のメカニズム」を明らかにすると、誰の目にも手に取るように理解できます。

 「認知バイアス」ということがあります。「バイアス」とは「歪み」とか「片寄ってねじれる」という意味です。具体的にはこういう心理学の実験例があります。
 「カニッツァの白い三角形」というものです。正しくは、三角形ではなくて、「三つの三角の角の一つ」は「すき間」が空いていて「角」になっていない図形です。しかし、パッと見た目には「三角形」に見えるので「見た人」は「三角形である」と「認知」します。このようにパッと見て、こまかいことは分からないという「視覚」は「Y経路によるパターン認知」によります。「Y経路の視覚」は、「ものの動きのパターンを見る」「色やこまかいことは分からない」という「分かり方」を特性とします。「Y経路」は、「左目、左耳」による分かり方です。「右脳」の「ブローカー言語野」で記憶します。

 人間には、もう一つ「X経路」があります。
 「X経路」は「右目」「右耳」による分かり方です。「X経路」は「認識」をおこないます。
 「焦点を合わせる」「線、面、点などのいりくみ」を分かるのが「認識」です。

 「そうじをすれば、心がキレイになって、人から好かれるし、お金持ちになれる」「眠りながら願いごとをリアルにイメージすると、潜在意識が活性化して、願いごとのための行動をおこなうようになる」などというものは、「脳の働き方のメカニズム」が、このような「言葉」を、「認知のバイアス」(右脳系のY経路)として記憶し、これを「X経路の認識」が「記号性の言葉」として「記憶する」、というように憶えてしまっている人が実行するのです。つねに「そうじをする」とか「西か、東を向いてノリ巻きを食べる」「東や南に花を飾る」「眠る前に願いごとの言葉とイメージを思い浮べる」などというように、「認識のバイアス」による「言葉」と「行動」をあらわしつづけるのです。

 冷静に考えれば誰にでも分かることですが、「ガラス」を割ろうと思えば、直接、石をぶっつけるとか、金づちで叩くしかありません。一万回、ガラスの割れることを心から願っても「ガラス」は割れません。もし「ガラス」が割れることがあるとすると、それには、相当の因果の原因があってのことで、単なる偶然による出来事です。しかし、この偶然を「願いごとをしたこと」と、「そうじをしたこと」のためであるとむすびつければ、それは「バーナム効果」といいます。
 「良さそうなこと」を結びつけることが「バーナム効果」です。
 バーナムとは、「バーナム・サーカス」が由来の心理学の用語です。
 客が喜びそうな出し物をたくさん並べてみせたことが「バーナム効果」の由来になっています。

 ここでは、「バーナム効果」を本に書いて語ったり、言葉に出してしゃべったりした人と、この「バーナム効果」の言葉や行動の指示を受け取った人の二種類があります。本に書いて語ったり、しゃべった人と、「受け取って信じて、実行した人」とは、共に、同じような「脳の働き方のメカニズム」を生成して、そのような脳の働かせ方をしています。

 「そうじをする」ということと「人に好かれる」もしくは「お金持ちになる」もしくは「心がキレイになる」ということを「むすびつける」ことは、なぜ、可能なのでしょうか?つまり「そうじ」という認知が、「人に好かれる」などといった「認識」となぜ、むすびつくのか?という問題です。

 「そうじをする」と、「清潔になる」か「秩序立った空間になる」かのいずれか、いずれともの効果しかありません。この二つの内容が「そうじ」という概念の意味です。この「意味」が不問にされていることが分かるでしょう。脳の働きのメカニズムの「記憶のソース・モニタリング」として「清潔になる」とか「秩序立った空間になる」という「意味のイメージ」が「右脳に表象されない」という人に限って、「お金持ちになる」だの「人に好かれる」だの「幸せになる」だのの「バーナム効果」の「自分の身体にくっつくようにクローズ・アップされるイメージ」の「言葉」を新たに記憶するのです。

 「クローズ・アップ」したバーナム効果のイメージの言葉が「記憶される」というところが「脳の働き方のメカニズム」になるのです。「クローズアップ」とは「認知」(Y経路)の視覚のイメージのことです。

 簡単な実験で誰も確かめられますが、テーブルの上にリンゴがある、として、そのリンゴを2分、3分、4分、5分と見つめつづける、ということを想定してみてください。リンゴは、クローズ・アップして思い浮べられます。やがて、自分の身体にぴったりくっついている「認知の仕方」に変わることが分かるでしょう。これが「認知バイアス」です。ここで「リンゴが身体にくっついた」と考えたとすると、それが「認識のバイアス」です。ここでは、「リンゴはこのようにこまかく、写実的に見える」という概念とその意味が「無い」ことにお気づきでしょう。

 この概念とその意味を分かるという脳の働き方は、0歳児のときに「母親」が「共同指示」という「指さし」と「喜びの表情」をおこなったときに「メタファー」として記憶されます。この「メタファー」(言葉の意味)の記憶が無い人が、「自分の身体にぴったりくっつく」という「触覚の認知」を脳の働き方のメカニズムをつくるのです。

 この乳児は、「ハンカチしゃぶり」をし、「バスタオルをしゃぶり」「指しゃぶり」をおこないます。
 「記号としての言葉」の「負の意味のイメージ」が「しゃぶること」なのです。やがて、ハンカチ、タオルのかわりに「ぬいぐるみ」となり、やがて成人して、「そうじ」や「西を向いてノリ巻きを食べること」や「風水のいう良さそうな行動」「宗教の語る良さそうな行為、表情」へとつながります。クローズ・アップのイメージが「人に好かれる」とか「お金持ちになる」とか「結婚する」とか「恋人ができる」、「幸せになる」「運がいい」「ツイている」などであることは、よくお分りでしょう。

●ポルソナーレの「脳の働き方」を学習して、「健全」で「健康」な人生を送りたい方は、こちらをどうぞ。http://www.porsonale.co.jp/t1.htm



学習に役立つ書籍

←連載No.65 連載No.67→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.