谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.62
日本人の脳の働かせ方の仕組み
日本人の心の病気のシステム

みなさん、こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。

 ポルソナーレは、「脳の働き方」の「ソフトウェアのメカニズム」を解明しました。このことは、くりかえしお伝えしているとおりです。なぜこのようにしつようにくりかえすのかといいますと、ドイツの科学ジャーナリスト、ロルフ・デーゲンののべるように「脳についての多元的無知」をつくり出す「エセ脳科学者」が、日々、脳トレとか、脳の活性化などと言い、教材を売り、本も売って、ビジネスの商品をつくって流通させているからです。

 他の商品ならば、競争社会なので商品どうしの競争をおこない、いずれ落ちつくべきところに行きつく、ということがあるでしょう。しかし、「脳にかんするエセ脳科学者のつくる商品」は、ちょうど「抗うつ薬」や「向精神薬」に似ています。これらの薬は、「治らない」ばかりか、脳の働き方を再び社会に向かわせることはなく、保護と依存の中で「生きること」を自滅させます。その証明は、アメリカでは「抗うつ薬」は「自殺」や「人を殺害する」という副作用をもたらすので「販売」そのものが禁止されていることでも明らかです。
 ポルソナーレが調べたところ、「抗うつ薬」「向精神薬」「催眠薬」は、もともとの症状に加えて、より多くの副作用による症状をつくり出しています。服用している本人も、「自分は、一体、どういう症状で薬を飲み始めたのか?」の記憶もなく、忘れています。そして、副作用のつくる症状に悩まされて、その症状をなくすことを思いこんで服用しています。

 脳にかんする「エセ科学者ら」のつくって流通させている商品も、同じような「脳の働き方」を新たに作り出します。

■相談の事例

「私の娘は、33歳で自殺しました。首吊り自殺です。長い間、精神科の薬も服用していました。すすめられて、東北大学の川島隆太の『脳を鍛えるドリル』を買ってやらせました。寝たきりの人が起きた、などという効果が脳にもいいということでした。しかし、やり終えて二週間くらいして自殺したのです。『脳を鍛えるドリル』のせいだとは言いませんが、どういう効果があったのか知りたいです」
(大前田順子。69歳。主婦。福岡県八幡市)
(注・人物は仮名です。特定の人物とは無関係です。また特定の地域、職業、団体とも無関係です)


  東北大学教授、川島隆太が「寝たきりの人」に「本を読み聞かせると、起き上がってトイレにも行くようになった」という話が『新潮45』に紹介されました。これは、「fMRI」と同じ装置をつかって脳の血流を見ると、特定の部位に血液が動く、という観察の延長でおこなわれたものでした。その後、川島隆太は、「計算ドリル」「音読ドリル」をつくり、メーカーと提携して、大量に、同じパターンの「ドリル」をつくっていることはよくご存知のとおりです。

 川島隆太がつくった「ドリル」を買ってきて書かれているところを見ると、説明されていることは次のようなものです。
「前頭葉野を鍛える」
「前頭葉は、コミュニケーションをおこなう」
「創造性をつくる」
「積極性をつくる」
「発想を転換させる」
「複数のものごとを同時に行う」
「短期記憶力」
「前頭葉をふくむ多くの脳の領域を活性化させる。これを脳機能イメージング研究により発見した」
「脳の基礎体力を向上させる」
「脳のウォーミングアップ効果がある」
「脳が10歳若返る」
「抗痴呆の特効薬になる」
「空間認知の能力も10%〜26%向上する」
「暗算はできるだけ速く解く」
「読みもできるだけ速く読む。(声を出さなくてもよい)」。
(『脳を鍛える大人のドリル』くもん出版)

 川島隆太は、ここで何を言っていることになるのでしょうか。MRIなどで血流の動くところが、「前頭葉のあたりだった」ので、「脳が鍛えられるし、脳が活性化する」ということがいわれています。
 「ドリル」をやったのちに、「心理テスト」をやってみて、憶えているものが3個増えた、だから10歳若返った、というように言っています。
 しかし、川島のつくった「ドリル」のやり方は、仕事などの中で、誰でもやっているのではないでしょうか。「目をとおす」「サッと読む」「頭に叩きこんだ」などのことです。しかし、「うつ」や「痴呆」は年々、増えています。川島隆太の「ドリル」だけが特別に「脳を鍛える」「脳を活性化させる」のでしょうか?「ドリル」を最初の1ページから終わりの1ページまでを読んでも、要点をご紹介した以上のことは何もありません。

川島隆太のとらえる「脳」とその「イメージング研究」とは、「ハードウェア」としての脳のことです。
人間が、「言葉を憶える」「言葉を表現する」ということは「ソフトウェア」に相当します。

「ソフトウェアとしての脳の働き方」の基本のメカニズムは、次のとおりです。

  1. 右脳系で、五官覚の知覚を認知する。この認知を記憶する。
  2. 左脳系で、1.の認知の記憶を「認識」して、記憶する。
  3. この1.と2.の記憶を相互にくりかえして、やがて「左脳系」で「記号としての言葉」を記憶する。
  4. 3.をさらに「右脳系」で認知して、「左脳系」で「概念」に変えて記憶する。

これが「ものごとを記憶して、表現する、そして行動にあらわす」という脳のメカニズムの基本型です。

 川島隆太の「ドリル」は、3.の「記号として憶える」ことだけをおこなわせています。
 「右脳系のパターン認知」がないのです。「意味」としてのイメージが学習されず、記憶されていません。これは、「行動を止める」のです。「元・首相の安倍晋三」がこのような脳の働き方で、胃腸にダメージを与え、職を放棄しました。
 また、もともと心の病いの人がこれをおこなうと、「池田小学校事件」を起こした「宅間守」型の「全般性不安障害」になるのです。

 事例の女性の「川島隆太のドリル」をやった「娘の自殺」も「全般性不安障害」を深化させて「うつ」に陥り、自殺したものと思われます。

●ポルソナーレの脳の働き方の学習にとりくみたい方は、こちらをどうぞ
http://www.porsonale.co.jp/t8.htm



学習に役立つ書籍

←連載No.61 連載No.63→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.