谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.26
『私の脳の働き方は、どうなっていますか?』
大学生で一人暮らしをしていますが、食事のこと、片付けのこと、学校の勉強のこと、生活のリズムのこと、など、分かっているのにきちんとできない、取り組めずに放置しています。
■相談の事例

「私は21歳の女子です。自分に自信がない、人と会うのが怖い、という不安を抱えています。一時は、うつ病か、分裂病か、というひどい精神状態で一日中寝ている生活がつづきました。ポルソナーレのおかげで立ち直れましたが、まだ、生活の中のおかしな状態がつづいています。これがなくならないかぎり、また再び、あのひどい対人不安がいつ襲ってくるか心配でたまりません」
(神戸智子。21歳。女性。大学生。横浜市金沢区)
(注・人物は仮名です。特定の人物、地域、職業、団体とは無関係です)。

■相談の内容

 私は、大学3年生の女子です。親元を離れて一人暮らしをしています。一人暮らしを始めたのは、自分は料理も家のことも何もかもきちんとできていないので、このまま結婚しても困ることになると思ったことが理由の一つです。もう一つの理由は、父親も母親も嫌ではないけれども、どこか尊敬できないところがあるので、離れて暮らしたいと思ったことです。

 しかし、一人暮らしを始めて3年目になりますが、何の進歩もありません。
 朝起きるのもなかなかできず、目覚し時計を二つもかけているのに、止めてしまってお昼頃まで寝ています。お昼過ぎまで寝ていて学校をサボることもしばしばです。夕方からアルバイトや部活の集まりに出かけていき、帰ってくるのが11時とか12時頃です。帰ってきて、ご飯を食べたり、新聞を見たり、テレビやネット、メールといったことをやって寝るのが2時とか3時頃です。もっとも、メールやテレビは、ポルソナーレから対人不安や自分に自信がないというひどい症状を治してもらったときに指導していただいた実践項目のコントロールのおかげで、だいぶ制限できています。

 こんな調子なので「洗濯物」がたまります。
 あまりにもたまっているので横になり、時間があってもやらなかったりで、するとまたたまる、ということの悪循環です。

 部屋もひどく散らかっています。よっぽどひどい散らかりになればしぶしぶ片付けますが、でも一時しのぎのやり方です。
 そうじも、ごくたまにしかやりません。

 食事も不規則です。朝食は摂りません。食べている時間がないからです。
 昼食は「学食」ですが、毎日、学校に行っているわけではないので、週に2日か3日くらいです。夕食は、外食か買ってきたおにぎりやパンになることが多いです。家でご飯を炊いてタマゴ料理くらいは作りますが、ここ最近、料理らしい料理はしていません。

 このような生活のことと関係があると思いますが、どうも家で勉強に集中できません。集中する以前に、勉強をやり始める気持ちになれないのです。絶対に出さなければならないレポートも、提出の前の日にならないととりかかる気持ちにもなれないのです。やり始めればさすがになんとかなりますが、一晩でやろうとするといいものが出来ないことが多く、そこで「あと一日早く始めればよかった」といつも思います。
 わかっているのですが、「一日早く始める」ことができずに、今日まで来てしまいました。誰でもこういう思いをしているようですが、私はとくにひどいような気がします。

 ギリギリの日程でも書いたレポートを提出できればまだいいですが、私は、結局、途中で止めてしまって、提出しないことが多いのです。それがまた自分でも嫌になって、その授業をサボってしまうことにつながります。

 私は、こんな調子の学校生活のために、一年と二年でずいぶん単位を落してしまいました。文系の学生は、3年になると楽になるはずなのに、私は、人の倍は単位を取らないと卒業が危ないという状態です。勉強のために学校に行っているというよりも卒業するために、単位を取るために、やっとの思いで学校に行っているという感じです。このままではいけないと思いつつも、ずるずると毎日を引きずって無為に毎日を過しています。

 やらなきゃいけないと思ったことはやればいい、この当り前のことができないというのはどうしてなのでしょうか。
 「分かっているんだけどできないんだよなあ」と過ごしているところに、私の「脳の働き方」の問題があるのでしょうか。

 私は、自分は「うつ病」か「分裂病」か?というひどい状態になりました。「人に会うのが怖い」「人としゃべれない」「人と話すと声や手が震える」ということで「自分に自信がなくなった」という暗く、どん底の日々でした。ポルソナーレのおかげで、劇的に立ち直り、元気になりました。でも、こういう生活をやっている自分の「脳の働き方」が改善されないかぎり、また、新しい困難な状況にぶつかったときに、自分というものをなくしてしまう気がしています。今は、ポルソナーレだけが自分の人生の進みゆく方向と軌道をつくってくれるとかたく信じています。

●ポルソナーレの「指示性のカウンセリング」とは、こういうものです

 この相談の事例の女性がのべているように、ポルソナーレのカウンセリングは、「症状」とか「不安や緊張などの精神的な不調感」は、即効で、しかもスピーディに解消しています。治すカウンセリングの技法は「浅見鉄男・井穴刺絡療法」と「ポルソナーレ式イメージ療法」です。井穴刺絡療法は、すでにポルソナーレのゼミの会員のどなたにもお教えしているので、アレルギーとか内臓の痛みとか、足や手のシビレ、痛みなどは、即座に一人で治していただいています。

 「ポルソナーレ式イメージ療法」は、ポルソナーレだけが開発して、実用化している「脳の働き方」を劇的に変えるテクニックです。つねづねお教えしていることですが、脳の働き方の基本型は、「右脳でイメージをつくって完成する」というようになっています。この「右脳のイメージ」を「右脳」の働きの特質として「表象」(ひょうしょう)といっています。

 人間は、誰でもしゃべったり、書いたりします。これは、「言葉」を用いておこないます。これは、「左脳」の働きです。言葉をしゃべる、言葉を書きあらわす、ということを「表現」(ひょうげん)といいます。

 「心の病い」というのは、「右脳」に表象された「イメージ」がくりかえし思い浮べられて、止まらないことをいいます。これは、どなたもご経験がおありでしょうk。
 いつも思い浮ぶ、止まらない、ということは、脳の中から勝手に浮び上がったイメージ(表象)のことしか「考えていない」という状態のことです。
 すると、事例の相談者がのべているように「片付けない」「起きない」「食事をしない」「勉強をしない」という「行動の停止状態」が起こります。脳は、右脳にイメージをつくって完結する、ということは、「現実との関わり」の場合にもあてはまります。「洗濯物」「部屋の片付け」「勉強」ということのイメージが「右脳」に喚起しないと「行動」はできません。

 「ポルソナーレ式イメージ療法」は、「洗濯物」「部屋の片付け」「食事」「目の前の人間」「会話すること」などということの「イメージ」を「右脳」に思い浮べさせる、というただそれだけのことしかおこないません。すると、誰でも「不安」「恐怖」「緊張」などという「行動停止の状態」の「安心していない心の状態」が解消します。これは、「脳の働き方」をよく分かっていないとおこなえないテクニックです。また、「脳の働き方」のしくみやメカニズムをよく分かっていればスムーズに、確信をもっておこなえるテクニックです。

 これだけのことにはかくべつの費用は発生しません。そこで、ポルソナーレは「カウンセリング・ゼミ」に入会していただくことを前提にして、どんな症状も即効で、スピーディに解消しています。

 今、日本は、「心の病いの心身の不調」は、即効で、しかも無料で治す時代になっているのです。


学習に役立つ書籍

←連載No.25 連載No.27→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.