谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.118

ポルソナーレ実践実技通信講座
「谷川うさ子王国物語」のご案内

日めくり式プリント形式のテキスト 最強の言語能力に変わる性格教育法7
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」

みなさん、こんにちは。
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

●「谷川うさ子王国物語」はお届けをスタートしています

ポルソナーレの実践実技通信講座「谷川うさ子王国物語」は、第一ヵ月めの「一週め」と「二週め」のプリント形式のテキストを完成させました。第一回めの「自宅お届け」(ディケンズやスティーヴン・キングがおこなった方式の受注生産システム)は5月18日に配送します。二回めの配送は、5月末頃に「第三週分」と「第四週分」のプリント形式のテキストをお送りします。

「谷川うさ子王国物語」は、何年間もかけて研究してきた「脳の働き方のソフトウェアのメカニズム」の解明にもとづいた「実技版」の特別の個人指導の通信教育です。いわば、一人一人に向き合った専門教育です。特殊な専門教育なのでいっぺんにたくさんの人向けには販売できません。
そこで、定員制にして、責任をもてる範囲の人数に限定して予約を受け付けています。
また、毎回、日本の現実の病理の実体を見ながら、現実に役に立つように工夫をこらして製作をすすめています。

●日本人の抱えている「言語障害」をこんなふうに実技指導しています

今、「会員になった人」へは、特別のカウンセリングをおこなっています。カウンセリングは、予約制で、ポルソナーレ本部でおこなっています。対象は、「LD」(学習障害)「ADHD」(注意欠陥多動性障害)、「アスペルガー症候群」(高機能自閉)のカテゴリーの人です。
LD(学習障害)とは、「本が読めない、文章を手で書けない、人の話を落ちついて聞けない」といった「障害」のことです。
子どもにも多く、大人にもいます。
なぜこのような「障害」が生じるのか?ということを「谷川うさ子王国物語」のプリント形式のテキストで正しく理解して、危険なものの考え方(脳の働き方)を改善してもらっています。
もともとは、日本語の「文法」に原因があります。
みなさまにも当てはまる原因です。

●自分の会話に自信のある日本人はいません

みなさまも、自分は普通に日本語を話しているので、「読めない」「書けない」「人の話を聞けない」ということはない、と思っているのではありませんか。
LD(学習障害)の子ども、大人もやはり、「読める」「書ける」「人の話を聞いている」ように見えるのです。
しかし、実際に「読む」とか「書く」「聞く」という場面に立ってみると、つまりそのような状況に身体を置いてみると「そうではないこと」が分かります。
ある文章を「読んだ」ということは「その文章の意味が分かった」ということとイコールでなければなりません。ここで「LDの人」は「どういうことが書いてあったか?」という簡単な答えに窮します。その最も極端なケースが「話せない」という状態です。ふつうの人の会話は、Aさんが何かを語り、Bさんが何かを語るというパターンです。しかし、その会話をよく聞いてみると、Aさんは「A」という話題についてのみ話し、Bさんは「B」という話題についてのみ話すというパターンです。これのどこがおかしいのかがお分りでしょうか。
本来の会話は「Aさん」の話す「A」という話題についてのみがつづいていくというものでなければならないのです。
「LDの人」の話は、この「Aさん」が「A」という話題をしゃべり、「Bさん」は「B」という話題のみをしゃべるという平行線の話題関係を極端にしたものです。「LDの人」は、「自分だけの関心」の話題は持っているのです。しかし、他者が関心をもっている話題には、何の関心ももてません。関心がもてないというよりも他者の話す言葉を「長期記憶」していないのです。すると、話されている言葉について、「自分は記憶しているかどうか?」を探すか、そうでなければ聞きながら暗記して、その話されていることの「意味」のイメージが一つでも二つでも思い浮ぶかどうか?に意識を集中します。

●日本人は、Y経路で長期記憶していないので、すぐに無呼吸症になる

このことは、三木成夫が言っているように「無呼吸状態」を伴うということに目を向ける必要があります。「自分は話さない」ということは無呼吸状態になり、心臓の心拍が低下することでもあります。つまり、「じっと考える」ということは、「呼吸を止めること」であるので、この心停止の無意識の不安を回避するために「考えること」をひそかに止めるのです。これが「LD」(学習障害)の「障害」の中身です。客観的には、学習の場にじっと居るだけで微動だにしないように見えるのが「LD」という障害です。

●「ADHD」の成人版について説明します

ADHDというと小学生や中学生が、学校の教室の中で走り回ったり、おしゃべりをしたり、遊んだりといったイメージを思い浮べるかもしれません。しかし、ADHD(注意欠陥多動性障害)は、大人でいうと(未成年も)「自分の関心のある話題だけを果てしなく、いつまでも話す」ことと同じカテゴリーに入ります。「話す」「聞く」というのは必ず、「無呼吸状態になることだ」とポルソナーレのゼミでは、ずっと説明しています。だから腹筋や背筋の運動を毎日、おこなってください、とも伝えています。日本人は、このように聞いても「無呼吸になる」「精神活動には、心拍の低下を伴う」という意味を「忘れる」という脳の働き方をおこなっています。
「X経路」中心の言葉の憶え方のために、一回だけ聞くと「すでに自分は腹筋の運動はおこなった」と錯覚します。日本人の脳の働き方は、つねに、どういう時も「自分はもう行なった」という行動の完結のイメージを表象させます。これは、「さて、今日は、腹筋の運動をやろう」と決めても、直前になると「いや、自分はもう行なったのではないか」という肯定性バイアスが働いて「行動を止める」のです。

●人の話に関心をもてないので回避のイメージをつくるのがADHD

ADHDは、このような肯定性バイアスの延長で起こります。
多少、体力がついているので「会話」の関係で「相手の話すこと」には耳をかたむけることは可能になります。
しかし、すぐに「心拍の低下」が起こります。このストレスを感じると、サッと「自分の興味のある話題」に話の方向を切り換えるか、頭の中で歌を歌うか、眠るか、自分にとって関心のあるイメージを思い浮べるかをおこないます。これが「多動性」です。いずれにしても「無呼吸症」を避けるために脳の働き方がおこなわれているのです。

●アスペルガー症候群は、仕事ではガマンするが、プライベートではガマンしない

「アスペルガー症候群」は、この回避の常習者のことです。
相手が言ったこと、相手の話す話題にすらも関心をもてずひたすら「回避」の時間の経過の中で「心拍の低下」に抑制力を働かせるということを最大の特徴とします。なぜかというと「働く」とか「恋愛、結婚」の中では「多動」(症)としてあらわすと関係が壊れるので、ただガマンすることを優先するのです。これが職場の中での「自閉」(孤立)です。
「アスペルガー症候群」は、「日本型のうつの病理」であることがよくお分りでしょう。

●対策の実践実技を教えます

対策として、ポルソナーレが今、成果を上げているのは、幼児教育でおこなった「言葉の学習法」です。
次のようにトレーニングします。

  1. イスに座って腹式呼吸をおこなう。
  2. 次に、この腹式呼吸で息を吐く時に、「母音」を発声する。
  3. 次に。日本語(和語)は「表音文字」なので、この「表音」を一つ一つ発声する。「あひる」ならば、「あ」「ひ」「る」の三つの表音だから、腹式呼吸のパターンで一つの音ずつを発声する。
  4. 次に。腹式呼吸の代わりに、発声と同時に「手拍子」を一つずつ打つ。
    脳のウェルニッケ言語野に記憶させることが目的である。
  5. 次に。「遠い」「近い」の遠近と音を一致させるトレーニングをおこなう。テーブルの上に文字カードをおいて、距離を決める。A点=近い、B点=中くらいの位置、C点=遠い位置、という具合だ。A点に置いた文字カードの時は小さい音の手拍子、C点に置いた文字カードの場合は大きい手拍子、というようにおこなう。
  6. このパターンのレベルを上げていく。文字カードを「言葉のカード」に変え、声の「大」「中」「小」で発声して距離意識と発語とを同時に記憶する。

●「谷川うさ子王国物語」は、孤立、自閉、うつの脳の働き方を徹底して改善するのにはうってつけです

ざっと、LD、ADHD、アスペルガー症候群の発声と発語の訓練の仕方をお話しました。「谷川うさ子王国物語」のプリント形式のテキストは、この延長上にあって、日本語の「文法のしくみ」から説明して、「Y経路」でのイメージのつくり方、表象のさせ方の基礎から教えます。

人間関係の中で「自閉的」であってお困りの人は、このメールマガジンでご紹介した訓練をおこない、そしてプリント形式のテキストの学習にとりかかると不安や恐怖のつくる「自閉」や「うつ」が解放されていくでしょう。

●関心のある方は、ポルソナーレ本部「谷川うさ子王国物語」会員事務局にお問い合わせください。

東京03(3496)6645



学習に役立つ書籍

←連載No.117 連載No.119→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ! 携帯メルマガ メルモ
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙

powered by
携帯メルマガ メルモ

読むだけで幸せになる手紙
空メール登録は こちら
バックナンバー(メルマガその他過去の連載)は、こちらをごらんください。

NEW ポルソナーレからあなたへの緊急のメッセージ 平成28年5月7日 日本人の心身の病気の改善連絡会議
自分のこと、将来のことで心配なことはある。
しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。
しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内
NEW 「胃の不調、甲状腺が異常のわたし。体の不調感で外に出るのが怖い。胸がドキドキすると死にたくなる」の治し方
日本の女性の悩みは強迫神経症だ。どんな女性も、例外なく強迫神経症で「行動を可能」にしている。
行動の目的は不明、行動の対象も不明、しかしバタバタと、あわただしく「行動」が成り立つ。
「行動が止まる」ときが要介護状態、もしくは、若年性痴呆症だ。原因と対策を教える。
NEW 「瞑想、ヨガ、自律訓練法をやったが、空想癖は治らない。ネットの中では自由な自分なのに、現実の自分は、女性と話すこともできず、仕事の中では無口」の治し方
日本人は、人と、しゃべることができない。日本語の「動詞文」が人と話す能力を伸ばさない。日本語の「動詞文」は、「動詞」しか話せない。
「動詞」が一致すれば仕事も人間関係も「行動可」となる。その「行動」は強迫神経症が止める。ポルソナーレだけが治し方と対策を教える。
NEW 「有名大企業に勤めている。仕事に興味がなく、毎日おもしろくない。夢も希望もない」の治し方
多くの日本人は、有名企業に就職すれば、自分の人生は安全、安心、夢を見ているような毎日になる、と確信している。
日本語の「動詞文」はこれしか行動の仕方がないからだ。しかしそれは、毎日、強迫神経症の日々でもある。
ポルソナーレが治し方と正しい行動の仕方を教える。
NEW 「人から見られていると思うと顔が赤くなり、汗が出てきて困ります」の治し方
「人から見られるのが嫌だ」という人は多い。顔が赤くなるし、ひきつるからだ。汗が出てくる人もいる。
「見られている」と思うと、手が震えて字が書けない人もいる。
日本人だけの病気「対人恐怖症」だ。正しくは「強迫観念」という。原因と症状のしくみ、対策を教える。
NEW 日本人の要介護状態の直接の原因は「対人恐怖症」です。「対人恐怖症」とは、「強迫観念」と「強迫行為」(神経症)のことです。
NEW 「いつも体の調子が悪くて、頭には雑念が起こり、自分に自信がない」の治し方
いつも頭に心配ごとが思い浮んでいる、考えることは悪いことばかり。本を読んでも、勉強をしても、すぐに疲れて集中できない。
女性にたいして自信がなく、親とは言い争いがたえない。
これが日本人の男性の一般的な「強迫神経症」だ。原因と対策を教える。
NEW 「人と話せない。頭の中で思うことはいっぱいある。メールならどんどん入力できる、しかし人と会うと話すことがない」の治し方
日本人は、話し好きだ。ひとり言のように、いつまでもしゃべる人もいる。
相手が黙って聞いているだけだと、気分よくいつまでもしゃべれる。 時には、興奮して話すことを止められない人もいる。
しかし、人と会うと、何を話せばいいのか?と悩む。なぜ、話ができないの?原因と対策を教える。
NEW 「父親が嫌い。母親は父親のグチを言う。自分は、強迫神経症になり、仕事を辞めた」の治し方
日本人の家族関係は、子どもにとって安心、安らぎ、平和、という家庭ではない。必ず、父親か母親のどちらかが異常な行動か言葉を見せる、聞かせる。
子どもは、まちがいなく対人恐怖症になる。強迫観念と強迫行為(神経症)のことだ。対策を教える。
NEW 「受験勉強なのに、ヤル気もあるのに、すぐにマンガを見たり、スマホを眺めて実行できません」、の治し方
勉強する気持ちはある、しかし続けられないという人は多い。
勉強にとりくむと、すぐに疲れて休む、マンガ、スマホ、パソコンを眺めて3時間くらいが経つ。
これが日本人に多い強迫観念の症状だ。原因と対策を教える。
NEW 「わたしは広場恐怖症。一人で電車に乗ると、動悸、目まいがして孤独感で胸がつぶれそうになる」の治し方
電車に乗るとパニックになる、という人がいる。広場恐怖といわれている。
一人で外出することができない。家族の誰かが一緒ならば買い物にも行ける。
これも日本語を「内扱い」で使う脳の働き方だ。
仕事に行かない、学校に行かない、など、社会不適合をつくる。ポルソナーレだけが対策を教える。
NEW 「この人には気楽に話せる。でもあの人には自由にしゃべりにくい。ムリに話すと不安とストレスがたまる」の治し方
親しくなればなるほどその人とは話しにくくなるという人がいる。
何も言えなくなる。不安がつのり、本当の自分らしさを抑圧している、と感じる。日本人の「内扱い」の心の状態だ。
イバれる相手には冷酷非情になり、「相手を否定する」から嫌われる。対策を教える。
NEW 「広場恐怖症です。人ごみの中、電車の中でパニックをおこし、乗り物に乗れなくなりました」の治し方
電車に乗るとパニックになる、という人がいる。心臓がドキドキして冷汗、目まいがしてくるというものだ。
刃物が怖い、高い所が怖い、不潔に恐怖をかんじる強迫神経症も同じカテゴリーにある。脳の働き方の原因と対策を教える。
NEW 「わたしは妊娠中。医者が控えた方がいいと言う甘い物を食べつづけます。健康にいいことは、一日もつづきません」の治し方
甘い物ばかりを食べるのを「止めなさい」と言われると、かえって止めないで食べる人がいる。
妊娠中は適切な運動をするようにと言われると、全く運動しない人がいる。医学の本を読んでも信用しない人もる。
これも対人恐怖症の症状だ。原因と対策を教える。
NEW 「人と会うと顔が赤くなるので、 人と話すのが嫌でたまりません」の治し方
日本人の心・精神の病といえば、対人恐怖症だ。人と会えば、顔が赤くなったり、心臓がドキドキして苦しくなるのが症状だ。
なぜ、日本人だけが対人恐怖症をつくるのか。脳の働き方から見た原因と理由、そして対策を教える。
NEW 日本語の内扱いとは、こういうものです
日本人の要介護状態のつくられ方をご説明します。
脳の働き方からみると、日本語を内扱いで使う人が要介護状態に向かいます!
バックナンバー(メルマガその他過去の連載)は、こちらをごらんください。

クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第18期」(平成28年・2016年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.