谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。
ポルソナーレ 今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」 No.117

ポルソナーレ実践実技通信講座
谷川うさ子王国物語」のご案内

日めくり式プリント形式のテキスト 最強の言語能力に変わる性格教育法6

みなさん、こんにちは。
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

●「谷川うさ子王国物語」の進行のご連絡

ポルソナーレの実践実技通信講座「谷川うさ子王国物語」は、学習ガイダンスをかねた「案内書」を完成させました。第1ヵ月め分のプリント形式のテキストは、「2週め分」を完成させて、第一回めの配送をおこなう段取りに入っています。
5月中旬頃に第一回めの配送をおこない、5月末頃までに1月め分の「3週分」と「4週分」を完成させて二回めの配送をおこなう予定です。

「谷川うさ子王国物語」は、イギリスの作家ディケンズやアメリカの作家スティーヴン・キングがおこなった「受注製作・お届け方式」で、「予約者」の一人、一人に、製作した分ずつをこきざみにお届けするシステムです。

●「谷川うさ子王国物語」のご案内

「特別の個人指導」を一週間分単位でおこなう指導システムですので、「定員制」です。
定員になり次第、しめ切ります。また、「一年間の入会期間」だけの限定販売です。現在、予約受け付け中です。

入会資格は、現ポルソナーレのゼミ生、元ポルソナーレのゼミ生とその家族、親戚関係の人の男性、および「小学5年生」より以上の未成年、成人です。

●「谷川うさ子王国物語」の内容をお知らせします。

ところで、「谷川うさ子王国物語」とはどういうストーリーなのか?についてお話します。

みなさまの関心と一致するかどうかは、分かりませんが、先日、NHKで「日本国憲法と天皇」についてのドキュメントを放映していました。主旨は、「今の日本の憲法と、明治憲法とは、形が変わっただけで、地続きの上にあるものだ」ということです。
立花隆がこのことをコメントしていました。明治憲法では天皇が統帥権を持っていた、今の日本国憲法は、天皇は「象徴」になっている、これは、日本の国民の「総意」しだいでどうにでも変わるという形式になっている、というものです。この発言は、なかなかの鋭い指摘です。

そして、立花隆が考えている以上に重要な意味をはらんでいます。どういうことか?についてお話します。
吉本隆明が、『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の中で、日本人の「アジア型の共同幻想」の内容と、国家の起源についてのメカニズムを「規範論」「起源論」の二つの章で解き明かしています。
ここでのべられていることは、もともと、「和語」(やまとことば)という「話し言葉」しか持っていなかった日本人の観念に、「漢字・漢語」を持ち込んで、「書き言葉」の『意味』を「行動のルール」にする「主体意思」を持っていた人間が、「和語」(やまとことば)の「文法意識」を取り込んで「アジア型の共同幻想を構築した」というものです。

今の日本人の多くの人にとって、今もなおそうであるように、「日本語」とは「和語」(やまとことば)のことです。その文法は、人間関係を「遠いか、近いか?」で区別することを原型にしています。
「助詞」の「の」や「が」「は」は、「遠い所のものを示す」「近い所のものに確定する」というように、今も多くの日本人は行動意識に用いています。

●日本人の「共同幻想」が病理を生成しています

人間の「観念」には、どういう未開の原始人の「観念」にも「共同幻想」が表象されています。この「共同幻想」とは、比喩的にいうと「運航地図」「航海地図」のようなものです。原則として、ひとりの人間は、「行動のための言葉」を長期記憶しているというのが「脳の働き方のソフトウェアのメカニズム」から見た本質です。この「行動のための言葉」には、『意味』があります。『意味』の無い言葉というものはありえません。この言葉の『意味』が「共同幻想」という「行動地図」を生成して、「右脳の前頭葉」に常に表象しています。このような表象の仕方を「恒常性」といいます。

●吉本隆明の「共同幻想論」の現在の意義

吉本隆明の『共同幻想論』による解明を見ると、日本人の「共同幻想」とは、「漢字・漢語」の『意味』は「遠くの人」の説明に任せる、一般の人の説明に任せる、一般の人は、言葉を「丸暗記」で記号として憶える、「遠くの人」の「支配意思」に従属する、というものです。「遠くの人」とは、「自然」であり、「血縁関係の権威」であり、「権力意思」のメタファーです。支配意思に従属するとは、「行動のための言葉」の『意味』を指示されたり、号令されたとおりに「活動する」ということです。
吉本隆明は、この支配の仕方のメカニズムを「田植えの儀式」を共同幻想の支配意思が、自然神になり代ったり、代行したり、取り憑いて演じて見せて農作物の生産行動を秩序化してアピールすることでひとびとの観念に、自らは「意思主体」を持たない「共同幻想」を表象させた、と論述しています。

このような日本人ひとりひとりの「共同幻想」を形式的に規定しているのが「日本国憲法」であると立花隆は語っていることになるのです。

●グローバル・リセッションが突きつけている日本人の危機の正しい理解の仕方

2008年9月に起こったリーマン・ブラザーズの破綻から始まったアメリカの「金融システムのバブルの崩壊」は、「信用のバブル」が全世界に拡大していたために、「収縮した信用」の分だけ「実体経済の市場」の「バブル」も崩壊させました。日本の経済社会は、「実体経済」を「バブル化」させていたために「行動の主体意思」を長期記憶していないという日本人のひとりひとりの「共同幻想」が、「依存」と「甘え」の対象をなくして「行動障害」を激発させています。

「行動障害」とは、次のようなものです。

A・働いている人…「強迫観念」(仕事の意味が分からないので、恐怖のイメージを表象させてその恐怖の緊張で丸暗記を深化させる病理)。

B・働いている人…「保護のシステム」に依存して「行動を止めるうつ病」。仕事の言葉を暗記するほどの体験が無い。本を読む、手で文章を書く、などの体験が乏しい人が「うつ病」になる。

C・働いている人…「アスペルガー症候群」。自分の「行動」を他者に正確に説明できない。「何をした、何をしない」という結果だけを話す。事前の連絡、行動の報告のためのY経路系の活動のメタファーが長期記憶されていないことがこの病理の原因。人と安定した情緒交流の会話ができない、などの「障害」をあらわす。

D・働いている人…「強迫観念」パターンU。特定のもの、ことがらを「恐れる」。その恐れのイメージを常習的に表象しつづけて、さらに、その恐れの対象を探すことに集中する。この過緊張のために特殊な妄想に取り憑く「丸暗記」の能力が深化する。

E・働いていない人、もしくは非正規社員の人…対人不安、対人恐怖、対人緊張を抱えつづけている。社会参加の不適応がつづいていく。

●大人も抱えている「LD」「ADHD」のしくみとはこういうものです

日本人の病理は「アスペルガー症候群」化しています。理由は、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)という「障害」を、「幼児」「小学生」「中学生」「高校生」の時期に体験していることにあります。
LD(学習障害)とは、「文字が読めない、書けない、人の話が分からない」などの病理のことです。日本人は、「言葉」や「漢字」の『意味』を教えられず、また、自分でも調べる、ということをしないので、「意味」を問われる場面で「書かれたもの」「話されたもの」に不適応に陥るのです。「意味も分からずに読む、書く、聞く」という「障害」が「LD」です。
「バーバリズム」といいます。
ADHD(注意欠陥多動性障害)は、「注意する」「集中する」ことが不適合から始まります。いくつかの心理学の実験と観察では、指示や号令、命令などの言葉を「記号」として憶えて、これを「行動」に移すことが不全であることが指摘されています。指示されて「行動」に移すまでの自己運動のイメージが表象されないか、表象されるまでに時間がかかることが「注意の欠陥」の実体です。行動しながら、つねにたえず逃避のイメージを右脳前頭葉に表象させているので、学習や、仕事の対象との関係が「自閉」して孤立しているのです。

現在の日本人は、日本語(和語)を中心に「アジア型の共同幻想」を抱えて、究極の病理を「障害」の域まで深化させていることがよくお分りでしょう。このような脳の働き方(アジア型の共同幻想という原始社会の社会意識)の呪縛を解き放ち、ひとりひとりに「自由」と「主体」と、「自立した意思」を手に入れるというストーリーが「谷川うさ子王国物語」の世界です。

●お問い合わせは、ポルソナーレ事務局の「谷川うさ子王国物語」までお寄せください。

東京03(3496)6645


学習に役立つ書籍

←連載No.116 連載No.118→

「個人べつの病気と症状の傾向」 バックナンバー


脳の働きと心の世界 「個人べつの症例とカウンセリング」

ポルソナーレ式イメージ療法はこちら

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第20期」(平成30年・2018年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.