谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

うさぎです。 ポルソナーレ式イメージ療法

リチャード・バンドラー
『あなたを変える神経言語プログラミング』
より援用、再構成

リチャード・バンドラー+ジョン・グリンダー
酒井一夫訳、東京図書・刊
イメージ療法 バックナンバー

「ポルソナーレ式イメージ療法のシミュレーション」
をやってみましょう


補足:
脳の働き方が明らかにする
日本人の心の病いの発生のしくみ


「恋愛できない、結婚できない自分」を
「恋愛できる、結婚できる自分」に変える


「好きな人が見つからないので、恋愛できない自分」を
「好きな人を見つけて仲良くできる自分に変える」


『子どもが出会う犯罪と暴力・防犯対策の幻想』
「心の病いの学が不在の時代の新しいイメージ療法」
リチャード・バンドラーが研究・開発した
『あなたを変える神経言語プログラミング』を、
ポルソナーレが独自のプログラムとして構成したもので、
ポルソナーレのメールマガジンで紹介されたものです。

ご紹介するイメージ療法のプログラムは
「〇〇ができない自分」を「〇〇ができる自分に変える」
というモチーフで構成されています。

「〇〇ができない」という具体的な内容を当てはめれば、
いろいろな「〇〇ができる自分に変える」に応用ができます。

心の病いの症例研究
ポルソナーレ式イメージ療法シミュレーション
をやってみましょう
みなさん、こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。
今回は、「ポルソナーレ式イメージ療法のシミュレーション」をお届けします。いつもより長めになりますが、全文を一気にお届けします。ぜひ、プリントアウトして「イメージ療法」をシミュレーションしてみてください。事例の「イメージ療法」の対象には別のテーマの置き換えが可能です。
劇的な効果を体感していただけます。

「ポルソナーレ式イメージ療法」のシミュレーションをおやりになって心身の不安や症状の解消を実感できたら、本文の中の「社会的チェック」の内容の「社会教育」の必要をお感じになられる方もいらっしゃるかもしれません。その時は、ご遠慮なくポルソナーレ本部にご相談ください。

日本人の心と身体の病気は、大正時代から急激に増加しました。「人の目が気になる」「人と話すと頭の中がまっ白になる」「なぜか顔がほてってきて勝手に赤くなる」……などが、日本人だけの心の病気です。
 自殺する人が多い、学校や職場の中で「いじめ」が多いというのも日本人ふうの心の病理の傾向です。
 海外でのいじめは「人種問題」や「階級差別」に根ざしています。日本人の場合は、心の中で(頭の中の無意識が)自然に不安をつくって心と身体の病気を深くしていくパターンになっています。
 そこで、ポルソナーレのカウンセリングの「イメージ療法」がお役に立ちます。あなたも本物の健康でキラキラ輝きませんか。

イメージ療法……
ご紹介している「イメージ療法シミュレーション」で「見られる不安」、「人から悪く言われる不安」「心と体が虚しさを感じる」…を即効で治すテクニックをお試しください!!

あなたの脳の働き方を自己診断しませんか……
多くの日本人は、「右脳・ウェルニッケ言語野」の無意識の働きで、暗記・憶える思考のパターンで病気の原因をくっつけています。イメージ療法のシミュレーションで自分の脳の働き方を自己診断してみませんか?

心は身体と切っても切れない深い関係にあります
心の病気は、脳の働き方がつくっています。すると身体の働かせ方も、心の病気をつくります。これが記憶されて脳の働き方は無意識の働き方に固めます。あなたもご自分の脳の働き方を正しく理解しませんか?

脳の働きは、「発達」するか「退行化」するかの二つに一つの働き方しかありません。

諦める、回避する、逃避すると脳の働き方は、「右脳・ウェルニッケ言語野」から「大脳辺縁系」へと移行します。脳の働きの3分の2は無意識です。「自覚」という脳の働きは無意識がつくる不安を根拠にして、病気の原因の快感だけを求めています。

イメージ療法シミュレーションをやってみましょう。

ポルソナーレのゼミで教えているイメージ療法が、やってもらった人、やってみた人にはパッと実感できる感動と感激のすばらしい効果をもたらしています。
 「頭がスッキリしました」「体がスッと軽くなりました。緊張がとれて楽になりました」「トリ肌が立つくらい感動しています」、が直後の感想の声です。
なぜ、こんな驚きの効果があがるのでしょうか。
 「PTSD、トラウマなどは、みんな脳の中の記憶によるイメージがつくる病気です。水泳や自転車乗りをいつまでも忘れないことからも分かるように、脳の中のウェルニッケ言語野が記憶したことはその人の身体の知覚神経とくっついています。記憶して困ることをほったらかすと脳の働き方は、いつまでも困ることだけを考えるのです」
 では、記憶して困ることとは?それをどんなふうに改善するのか?あなたにも特別にご紹介!

ステップ・1

 「私、お友だちができないんです。人と仲良くなれたらいいなあとか、お友だちがいっぱいできて楽しく遊べたらいいなあとは思います。でも、人が近くに来ると体が固くなって何を話せばいいかって考えて、だんだん、頭の中がまっ白になるんです」。

 この人はAさんです。28歳の女性。電話でならスムーズによくしゃべれます。
 聞くと、人と仲良くできないといっても、母親とか姉とはよく話すらしい。でも、母親や姉が自分の側から離れようとすると、なぜか、胸がズンと重く響いて、喉がしめつけられるような気分になる。10年以上になる。
 さっそく電話で「イメージ療法」を。

 人生を立て直すイメージ療法を試みます。
 「当事者として考えて、今、自分が母親といっしょにいる、という場面を考えてみてください」
 電話で話しかけて指示します。
 Aさんは、しばらくして「はい」。
 「その場面は、どんなふうに見えますか?明るい、暗い、大きい、小さい、歪んでいるなどの目に見える感じは、どんなふうでしょうか?」
 「明るいです。母親は、まん中にいます。大きく見えます」

 Aさんの頭の中ではこんなふうなイメージが記憶されています。母親と姉は、不安な感じを与える人ではないことが分かります。明るくて、中央にいるということは、右脳のウェルニッケ言語野に、好意をもって、好きな感情として記憶されていることが分かります。大きく見える、中央に見えるというのは、「右脳・ブローカー言語野」の「3分の1」の視覚のイメージのことです。

 「では、今の場面はそのままにしておいてください。次に、母親が自分から離れていく、姉も立ち上がって遠ざかっていく、という場面を思い浮べてください。画面はどんなふうに見えますか?」
 「夜になっていく夕方のように暗いです。場面はグラグラして揺れ動いています」
 「Aさんご自身はどんな様子ですか?」
 「泣きそうな表情です。母親の後を追いかけていくという動作です」
 「身体に感じる感覚はどんなふうですか?」
 「胸が詰まって、息ができない感じです。
 泣き叫びたくなります。でもガマンするので頭が痛くなって、全身から力が抜けていくようでフラフラします」


 リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』では、こんなふうにくわしく話させることはありません。このようなイメージはとても強力なものなので、うっかりすると質問する人間にもイメージが記憶されて奇妙な感情の世界に誘いこまれることがあるからです。ポルソナーレは、「右脳・ウェルニッケ言語野だけで母親とかかわってきた記憶しかないんだな」と読み取って知的な対象にします。この知的な対
象にするというのがカウンセラーとしての知的能力の一つです。
 Aさんは、母親からの言葉がけが全くないか、もしくは、母親自身の心身がとてつもなく不安定で動揺している時に生まれて、育てられたことが分かるのです。ちょうどまっ暗な部屋の中で放置されて育てられたか、母親の胎内にいるときに羊水のPHの値が高くなって酸性度の高い羊水を液体呼吸として肺の中に入れたので、つねに、「息ができない」という不安を抱えているかのいずれかだと観察されるのです。

ステップ・2

 「今の場面は、また、そのままにしておいてください。次に、お友だちがほしいなあという状況を当事者として考えてみてください」
 「はい、考えました」
 「お友だちになりたい人とは、どんな人ですか?」
 「私の前から少し離れたところで、何人かの人と楽しそうにしゃべっています。私は、近づけないで、離れたところからじっと見ています」
 「近づいてみようという気持ちになっていますか?」
 「嫌われそうで、こわくて、体が固まっています」
 「耳に聞こえてくるものはありますか?声だとか。あるいは音とかです」
 「声は聞こえません。悪口を言われている感じはしません。話し声は楽しそうなので、すっごくうらやましいって思っています。なんで、この人たちと仲良くできないんだろうとそれが辛いのです」

 このAさんの脳の中の記憶は、「右脳・聴覚野」にはダメージを受けていないことを明らかにしています。
 もし、母親から怒鳴られたとか、叩かれたということが記憶されていれば、「右脳・ウェルニッケ言語野」は、「右脳・聴覚野」の記憶も「イメージ」に加えるのです。「右脳・ウェルニッケ言語野」は「触覚だけを認知」するばかりで何らのイメージもつくりません。だから、「触覚として認知したもの」を何かにくっつけてイメージします。「右脳・ウェルニッケ言語野」は、たとえていうと「そうじ器のコロコロ」のようなものです。じゅうたんの上をコロコロと転がすといろんなものがくっついてくるという「そうじ器」です。「コロコロ」は、ガムテープのような粘着性の紙のロールを床の上で転がすのでこんなふうなネーミングになっています。
 Aさんの「右脳・ウェルニッケ言語野」には、幼い時に母親から怒鳴られたとか叩かれたという体験は記憶されていません。では、何が原因でAさんは、母親の側から離れられなくて、母親の側から離れると不安にもなって、お友だちと自分から仲良くすることができないのでしょうか。

ステップ・3

 「お友だちの場面は、そのままにしておいてください。次に、お母さんと離れたときにちょっと心配になった、お母さんの側にいくと心配が消えて安心した、という場面を考えてみましょう。つい最近の経験ではなくて、いちばん初めの時の経験です。
 それは、いつ頃ですか?」

 「小学2年生の頃です」
 「では、小学2年生の頃の場面を当事者として思い浮べてみましょう。Aさんの前の母親はどんな様子でしょうか?」
 「フトンに入って寝ています」
 「ご自分は、どんな様子でしょうか?」
 「母親のフトンの中に入っています」
 「なぜ、母親のフトンの中にいるのでしょうか?
 自分の部屋とか、自分のフトンないしベッドはなかったのでしょうか?」

 「自分の部屋もベッドもありました。
 ひとりでちょっと心細くなったので、母親のフトンの中にもぐりこんだのです」

 「小学2年生になってからも、ひとりで寝ている時に、淋しくなるとお母さんの寝室に行ってフトンにもぐりこむ、ということはたまにありましたか?」
 「ありました」
 「小学生の高学年、中学生になってからはどうでしょうか?」
 「あったと思います」

 Aさんの「右脳・ブローカー言語野」の記憶の中枢神経には、母親の顔や母親の声、母親の目のまなざしといったものが全く記憶されていないことが分かります。
「右脳・ブローカー言語野」とは、「視覚のイメージ」を記憶して思い浮べさせます。
 たとえば、テーブルの上にリンゴが置かれているとしましょう。テーブルの近くでこのリンゴを見ると、大きくクローズ・アップされて見えるでしょう。
 このように「大きく、クローズ・アップして見える」というのも「右脳・ブローカー言語野」の働きです。ちなみに、じっといつまでもこのリンゴを見つめつづけると背景が消えて、リンゴの一部分しか見えなくなります。もう少し見つづけると、自分の身体とむすびついているかのような認知に変わります。これが「右脳・ブローカー言語野」の3分の1の働き方です。クローズ・アップして大きく見える、自分の身体と一体になって感じられる、というものです。「右脳・ウェルニッケ言語野」と同じメカニズムになるのです。「右脳・ウェルニッケ言語野」は、それ自体は、何のイメージも思い浮べないので「右脳・ブローカー言語野」の3分の1のメカニズムを借りて「触覚として認知したもの」をイメージするようになっているのです。
 もう少し、「テーブルの上のリンゴ」の例を考えてみましょう。
 テーブルから離れて遠くになった位置からリンゴを見ると、目にはどう見えるでしょうか?小さく見えます。リンゴの形や色が見えるでしょう。テーブルのある部屋の外に出たとしましょう。ドアを閉めます。テーブルの上のリンゴは見えません。でも、頭の中には、ドアを隔ててリンゴとテーブルのイメージが思い浮ぶでしょう。これが「右脳・ブローカー言語野」の3分の2のメカニズムです。「視覚のイメージ」が思い浮べられます。

 Aさんの話に戻りましょう。
 Aさんは、遠くにいる「母親の顔」が「右脳・ブローカー言語野」に思い浮べられていないのです。子どもは、一般的に、幼稚園や学校に行って、自宅から遠く離れても「母親の顔をイメージすること」ができます。すると、自分の気持ちが安心するのです。人間は、自分の気持ちが安心しないとものを正しく考えることができません。
子どもはもちろん、大人も、同じです。学校の授業で「今日は、母の日です。お母さんの顔を描いてみましょう」と先生が言います。あなたも描いたことがあるでしょう。
 画用紙に母親の顔だけを大きく描く子どもは、母親からよく言葉がけをしてもらったからです。母親を全身像として描いて紙の端寄りに小さく描いた子どもは、一人で留守番をして母親の帰宅を淋しく待っていた子どもです。
 母親よりも、背景や服をくわしく描いた子どもは、母親がよく外出していたか、食事のしたくも遅くなってお腹をすかした記憶をもっています。じっとガマンしてマンガを見たりして気をまぎらわしていたのです。隣の子どもの描く母親像をチラチラと見ながらマネをして描いた子どもは、母親から叱られながら手伝いを命じられて、いつも母親に気に入られようとストレスを感じていた経験を記憶しています。母親の代りに自分に優しくしてくれる人からなかなか離れませんでした。Aさんの場合はどうだったのでしょうか。おそらくは画用紙のまん中に小さく、全身像を描いたにちがいありません。
 母親の顔は、大きく、笑顔で、優しげな表情として記憶されていないのです。ちょうど、赤ちゃんが母親から抱っこしてもらって安心するとか、ミルクを飲ませてもらって安心するとか、抱っこして言葉がけをしてもらったので安心する、というようにしてしかそんなふうにしてしか気持ちの世界は安心できなくなっていたのです。「右脳・ブローカー言語野」に、遠く離れたところにいる母親の顔が思い浮ばない、というのがAさんの記憶の内容です。なんらかの事情で、苦しい日々、ガマンばかりしている日々、誰かの犠牲になって耐え忍んでいる母親の子どもは、Aさんのように「母親の顔」が、「右脳・ブローカー言語野」に全く思い浮ばなくなるのです。「子どもだけが生き甲斐」と思い詰めたように子育てに人生の生きる目標を見出した母親の子どもも同じように「右脳・ウェルニッケ言語野」に「右脳・ブローカー言語野の3分の1の領域」の「母親の顔」しか記憶されません。大きく、クローズアップされた顔です。時には哀しげで、辛そうな表情をしています。
 「お母さんはね、こんなに身体が痛くて、病気なのよ」という声が聞こえてきそうです。
 Aさんへのイメージ療法はつづきます。

ステップ・4

 「今までの経験の中で、誰かと、自分から仲良くして、とっても仲良くできたという経験はありますか?
 胸がわくわくして、ときめいたという成功体験です。相手の方が近づいてきてくれて仲良くなった、というのではなくて、自分の方が仲良くしたいと思って、話しかけていき、何か、楽しいことを経験したといった成功例です」

 「あります。高校の夏休みに、遠くに転校した幼い頃からの友人に会いに行った、ということです」
 「その場面を考えてみましょう。5つくらいの場面に分割してください。始まりから終わりまでのプロセスをスライドのように5つに分けましょう。
 ただし、分けた場面ごとに、動機と目的も思い出して確かめましょう。初めの場面ではどう思いましたか?」

 「不安で、止めたいと思いました。でも、がんばってみよう、と」
 「そんなふうに、2つめ、3つめ、4つめ、5つめの場面ごとの動機と目的を思い浮べてみましょう」
 「2つめでは、電車に乗って一人で心細かったです。でも、会えるので嬉しいと。
3つめでは、会って仲良くできるか心配でした。けども、どうしても会いたいって。
4つめでは、見知らない土地の風景の中で脱力感とすごい緊張が。
 でも、見知った友人の顔を見たら嬉しいだろうなあと。5つめの場面では、先方の母親も歓迎してくれて、ごちそうもいっぱいで。ホタルを見たり、海辺でお弁当も食べて、嬉しかったです」

 「その5つの場面を一つずつ、動機と目的をセットにして順々に思い浮べてください。
 画面は明るくしましょう。口から息を吐いて、鼻から息を吸うという呼吸法をやりながらリラックスして、思い浮べましょう。
 当事者として、わくわくする気分もたしかめながら、思い浮べてください」

 「はい、考えました」
 「次に、母親と姉がいて、遠ざかっていくという場面を考えましょう」
 「考えました」
 「母親が遠くに行って一人で待っていて、母親が帰ってくる場面を考えます。5つに分けます。
一人で友人に会いに旅行に行った時と同じように、1つの場面ごとに心細い、しかし、また会えるので嬉しい、
2つめは、心配だけどどうしても会いたい、
3つめの場面は会って仲良くしたい、
4つめは顔を見たら嬉しい、
5つめの場面は、歓迎してくれてごちそうも食べて、一緒に楽しんだ、
という動機と目的をセットにして一人でがんばっている場面を考えてみましょう」

 「はい。考えました」
 「今と同じことをもう一度、初めから思い浮べます。すばやく、順々に考えてください」
 「はい。考えました」
 「頭の中を空白にして、ひと休みします。もういちど同じようにくりかえして、考えてください」
 「はい。考えました」
 「3度めです。同じようにもういちど考えてください。リラックスしながら、すばやくたどってください」
 「はい、考えました」
 「4度めです。もういちどやってください」
 「はい。考えました」
 「これでラストです。同じように考えてください」
 「はい。考えました」
 「ここで一つめのイメージ療法は終了です。
 うまくいったかどうかをチェックします。イメージ療法は、必ず、確かめることが大切なのです。では、今、母親と姉が自分の側から離れていこうとしている、自分は、後を追いかけていくという動きの動作をやってみましょう」

 「はい、やりました」
 「あっと不安になって、足が動いて、思わず後を追ってかけ出していきたいという衝動の気持ちになりますか?」
 「これは、驚きです。ムリに後追いの動作をしなさいと言われたのでやっているだけで、とり残されているとか、見捨てられているといった気持ちは全然、しなくなっています」

ステップ・5

 「けっこうです。Aさんの脳の右脳のブローカー言語野の3分の2の領域に新しい思考のパターンが記憶されたことを意味します。高所恐怖症の人のケースでいうと、このイメージ療法の後でビルの高い所から下を見下ろしても何の不安も感じなくなっています。同じように、母親が離れていく場面になっても、前と同じような恐怖感は、再び起りません。
 では、もうひとつの友人づくりのイメージ療法をおこなってみましょう。
 友人と仲良くできて、いっぱい話せて、とっても親しくなれたとしましょう。
 そんな自分とは、ポルソナーレふうにいうとどんなに社会的な価値をもつ自分になると思いますか?」

 「分かりません」
 「相手の健康や社会的な成長を喜んであげられる自分になるのです。
 これは、母親のまなざしをもつ自己像といいます。
 もうひとつあります。相手の人が自分に向けてくれる好意を受け容れて、きちんと評価してあげられる言葉を言える自分になります。社会的に価値のある結果を分かってあげられる、という父親のまなざしをもつ自己像です。女性といえども必要な社会的知性です。こんなふうな自己像をナットクしてください。こういう自己像がないと、体調が悪くなったり、うつ病になったり、不信や疑いや猜疑心、シット心にとりつかれた幻聴や幻覚に悩まされるようになるのです」

 「はい、ナットクしました」

ステップ・6

 「では、こんなふうな自己像をもつ自分を当時者として考えてみましょう。画面は明るくしましょう」
 「はい、考えました」
 「次に、数人の友人になりたい人がいて、自分は、遠くに離れてさみしげに見ているシーンを考えましょう」
 「はい、考えました」
 「この淋しげな自分の画面の右下の方に、母親と父親のまなざしをもつ自己像の自分の画面を小さくして、はめこみます。
 画面は暗くします」

 「はい、考えました」
 「次に、小さい、暗い画面を明るくします。
 一気に大きくします。そして、同時に、淋しい自分の画面を暗くします。
 こちらの方は小さく縮小します。一気にやってください。母親と父親のまなざしをもつ自己像の画面でおおいかくし、つつみこんで見えなくします。
 スピードでやってください」

 「はい、できました」
 「これも、全部で5回、くりかえします。一回ごとにひと息いれて、頭を空白にします。2回めをやってください」
 「やりました」
 「3回めをやってください」
 「やりました」
 「4回めをやりましょう」
 「はい、できました」
 「さて、5回めです。スピードでやることが肝心です。では、どうぞ」
 「はい、やりました」
 「そこで、ここでもうまくいったかどうか?をチェックしてテストします。
 友人になりたい人が数人、自分は遠くから見ているという場面でした。これをもういちど考えてみましょう」

 「はい、考えました」
 「話しかけられない、淋しくてひとりぼっち、友だちがいないので辛い、ミジメだという気持ちがしますか?」
 「いいえ、しません。思わずかけ寄っていって、話しかけたい気持ちでいっぱいです」
 「けっこうです。これでイメージ療法は終了です。右脳のブローカー言語野と左脳の聴覚野に、遠くにいる人と心を通わせられて、いつでもどこでも心を一つにして仲良くするという新しい思考のパターンが加わったのです。左脳のブローカー言語野に、人と仲良くする社会的な言葉をもつ人間関係の能力も記憶されました。明日から、社会性をもつ幸せを目ざしてどんどん親しい友人づくりが可能になります。
 ところで、イメージ療法をおこなった感想はいかがですか?」

 「とてもひとくちでは言えません。心が晴々としています。胸のつかえが取れて、喉に何か詰まった感じはすっかり消えています。体調もよい感じがします。
 自然に笑顔が出てきて、誰から見られても嬉しいっていう幸せでいっぱいの気分です」

あなたへのメッセージ

 ポルソナーレの「イメージ療法」は、ごらんいただいてお分りのとおり、誰でもかんたんにマスターできます。学習してマスターすると次のような能力が身につきます。
(1) 相手の頭の中の無意識のイメージがよく分かって、心からずっと仲良くできる
(2)相手の脳の中に記憶されているイメージがよく分かるので、心をひとつにして幸せに生きることができる
(3) 相手がとらわれている無意識の不安が分かって、ごく自然に心の病いを治してやれる
(4) 相手を元気にしてやれるということは、自分も元気になるということ。体の不調もみるみる治る、人生の中で勝ち残って幸せになる、もちろん豊かにもなれるなどです。
 あなただけの幸せと、あなたの愛する人とどこまでも仲良く楽しみながら生きていくために、ポルソナーレのゼミで「イメージ療法」をあなたもいそいでマスターして身につけませんか。


補足 『脳の働き方が明らかにする日本人の心の病いの発生のしくみ』

メールマガジン第81 号心の病いの症例研究 書評「今を読み解く。激増し、変化するうつ病の現在」
(日経、平成18年10月15日、斎藤環、精神科医)より

みなさん、こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。

今回は、「急増しているうつ病」について精神科医の斎藤環が、 日経の書評欄でいくつかの書籍をとりあげている話をご紹介します。今の日本の心の病いの「うつ病」がどんなふうな状況になっているのか?がよく観察されます。

● 斎藤環による「うつ病」の考え方

  1. WHO(世界保健機関)がおこなった世界予測によると、総疾病の中で「うつ病」は、二〇二〇年には二位になると見られている。(二〇〇〇年は四位であった)。
  2. 日本でも「うつ病」が急増している。厚生労働省がおこなった調査によれば、一般住民の約15人に1人が「うつ病」を経験している。その4分の3は「医療」を受けていない。
  3. 日本人の「自殺者」は、一九九八年に三万人を突破して以来、現在に至るまでほぼ三万人前後で推移している。「うつ病」と「自殺」との関連は深い。ここにも「うつ病」の急激ぶりが反映されている。

● 斎藤環による『薬でうつ病は治るのか?』(片田珠美、洋泉社)『うつ病新時代』(内海健、勉誠出版)の書評

  1. 「うつ病が急増している」ことと変遷が書かれている。だが、かつての「うつ病のモデル」の「まじめで責任感のある人」といった分類にあてはまらない事例が増えている。若い世代に急増している。
  2. 「うつ病」は「心の風邪」と製薬会社と精神科医は宣伝するが、それは必ずしも事実ではない。
  3. また、薬物の効果も言われているほど確実ではない。自殺や犯罪を誘発する危険な副作用もある。
  4. 最近の「うつ病」は、「躁病」と「うつ病」とを交互にくりかえすパターンが目立つ。しばしば、「人格障害」や「気分障害」などととりちがえられている。

● ここで「製薬会社と精神科医がうつ病は心の風邪と宣伝している」というのは、「セロトニンが不足していることによる無気力や抑うつが、うつ病の実体だ」ということへの指摘です。
セロトニンは、脳幹の中央部にある「縫線核」にニューロンの細胞体から出発して脳全体に分布されています。
「覚醒と睡眠」「自発運動」「摂食や飲水の行動」「攻撃的行動」「学習、記憶の能力」「性行動」「血圧調節」にかかわっているとされています。

  1. 躁病…ノルアドレナリンの作動性ニューロンの活動が亢進。
  2. うつ病…セロトニン作動性ニューロンの機能の低下
  3. 強迫性障害やパニック障害…クロミプラミンは、セロトニンの再取り込みを阻止して「不安」を抑える。プロザックに代表される「SSRI」は、選択性セロトニン再吸収阻害剤。セロトニンだけに作用する。ブスピロンは、全般性不安障害にも用いられる。抗不安薬の特効薬といわれる。セロトニンの放出を抑えて抗不安作用を出している、というものです。
  4. セロトニンは、A6神経のノルアドレナリンとセットになって分泌される、とはポルソナーレのゼミでもレクチュアしています。すると、お分りのように、「セロトニン」の分泌を薬でコントロールするということは、分泌が多くなるか、少なくなるかのいずれかに傾いて、「A6神経のバランス」を崩すことが分ります。この中で「自殺衝動」が起きたり、「躁病」が誘発されるのです。

● 日本人は、世界で二番目くらいに自殺者が多い、というのはよく知られている事実です。なぜ、こんなにも「うつ病」(躁病も)が多いのか?ということは、日本人に独特の「脳の働き方」がつくられているからです。

  1. 脳の働き方は「脳内麻薬」といわれているドーパミンの分泌による「快感報酬」の原則にもとづいている。
  2. 日本人は、「対人関係」を第一優先に考えるという脳の働き方をつくっている。
    それは、「右脳のウェルニッケ言語野」で触覚の認知を中心に働かせているということだ。
  3. 右脳・ウェルニッケ言語野は「触覚」を認知するだけだから何のイメージも喚起しない。そこで、「右脳・ブローカー言語野」の3分の1の記憶の領域を借りて「触覚の認知」を記憶する。
    ちなみに「右脳・ブローカー言語野の3分の1の記憶の領域」とは「ものごとを大きく見る」(クローズ・アップ)のことである。

日本人は、「人間関係を第一優先に考える」ということは、擬似血縁意識の対人意識を記憶しているということです。これは、「右脳・ウェルニッケ言語野」でものを考えるということでもあります。すると「対人関係」になんらかの不安や緊張を抱えている人は、「社会の中の知的な対象」については、つねに正しく理解できないという脳の働き方のメカニズムを形成していることになるのです。このことは、「脳の働き方」の核心の「快感報酬の原則」に置き換えると「幸福のボタン押し」といわれている「中隔核」でドーパミンを分泌させているということを意味します。

  1. 「うつ病」の脳の働き方とは、どういうものか?
    「右脳・ブローカー言語野の3分の2の記憶の領域」は、「右脳・ウェルニッケ言語野」に直接、記憶されない。「抽象」だから、である。したがって、社会現実の中の「抽象のものごと」と関わりをもつ時、「関係はある。しかし、内容が無い」という孤立が生じる。これが「うつ」である。
  2. それでも、「抽象のものごと」を「暗記」しようとして憶える場合がある。
    この場合は、「右脳・ブローカー原語野」に「ヒモ」となる別の快感のイメージの対象を憶える必要に迫られる。おもに、「遊び」「性」「インターネット」などだ。これは「扁桃核」でドーパミンを分泌する。だが、憶えた「抽象」は、何らのドーパミンも分泌しない。むしろ、関わりはミスを生じ、失敗をつくるので自信を喪失し、不安をつのらせる。ノルアドレナリンが分泌する。これが「パニック障害」や「全般性不安障害」である。
  3. パニック障害や強迫性障害、社会不安障害、全般性不安障害のどれかを経験すると、「社会」との関わりをリタイアする契機になる。逃亡や逃避のことだ。この時に、快感を得るためのことをおこなうのが「幸福のボタン押し」(中隔核)である。ここで「うつ」と「躁」とが交互に反復してくりかえされることもある。

「恋愛できない、結婚できない自分」を
「恋愛ができる自分」「結婚ができる自分」に
人格を融合させるためのイメージ療法
注1・「指示」にしたがって「答え」のところで「イメージ」を思い浮べてください。
注2・一人でおやりになる時は、ノートに書き出して「指示」の言葉を憶えて順序よく実行してください。
注3・もし「うまくいかない」(恋愛、結婚ができない)場合は、社会的チェックが必要です。この場合は、別途、指導が必要です。あらかじめご了承ください。

指示1 「過去の経験の中で、恋愛に失敗した、もしくは結婚したいがうまくいかなかった、という状況を当事者として具体的に思い浮べてください」
答え1「       」(考えたら「はい」。以下同じ)。

指示2「次に、過去の経験の中で、心から好きになった人との状況、もしくは、心から結婚を望んで願った時の状況を具体的に思い浮べてください」
答え2「       」

指示3
「次に、答え1の状況の自分を考えてみましょう。ここでは身体に感じる感覚をくわしくイメージしてみましょう。息苦しいとか、喉が詰まっている感じとか、まわりがよく見えない、などです」
答え3「       」

指示4「今の画面はそのままにしておいて、こんどは答え2の状況の自分を考えてみましょう。
ここでは、当事者の自分は全身像にします。まわりを明るくします。自分をカラーにしましょう。息をゆっくり吐いてリラックスしながらイメージしましょう」
答え4「       」

指示5「答え3と答え4の画面を同時に思い浮べましょう。思い浮べているあなたの左手を目の前に出してこの上に答え3の自分を乗せて思い浮べます。次にあなたの右手を目の前に出してこの上に答え4の自分を乗せます」
答え5「       」

指示6「目の前に出している左手の上に乗っている自分に、右手の上に乗っている自分を近づけます。右手を左手に近づけてくっつけてください。この時左手の自分に、右手の自分をくっつけて融合させてください」
答え6「       」

指示7「左手に右手をくっつけたまま、融合した自分の顔を思い浮べましょう。カラーにして画面を明るくしましょう。笑顔にして優しい表情にします。声も明るく、高い調子にしましょう」
答え7「       」

指示8「答え7の融合した自分を全身像にします。ここでちょっとした実験をします。この全身像の自分が高く飛び上がり、今のあなたを見下ろしていると想像しましょう。次に、その自分が、今のあなたのところに降りてきて、あなたの中に入り込んで融合した、と想像してください。左手に、右手をくっつけたまま、おこなってください」
答え8「       」

チェック・テスト
指示9「答え1の状況の自分を考えてみましょう。身体に感じる不快で不安な感じがありますか?」
答え9「       」(正直に話す)

注4・ここで不安、緊張、恐怖などの感覚がある場合は、「社会性のチェック」をとおして、「社会性の能力」を学習して、答え2を修正しましょう。


「好きな人が見つからないので、恋愛できない自分」を
「好きな人を見つけて仲良くできる自分に変える」イメージ療法
(『あなたを変える神経言語プログラミング』の「分身の融合」より)
注1・指示の言葉にしたがってイメージを思い浮べてください。
注2・指示にたいしてイメージしたら「答え」で「はい」と軽く返事します。一人でおこなう時も、同じです。
注3・プログラムを終わったら、「テスト・チェック」で効果を確かめてみましょう。

指示1「好きな人がいない、という自分の状況を具体的に考えてください。あの人は合わない、この人はキライ、べつの人は緊張する、といった状況です」
答え1「       」(考えたら「はい」。以下同じ)

指示2「好きな人がいない、という状況の中にいる自分を考えてください。
この時に、身体に感じる感覚をくわしく調べてみましょう。
頭が痛くなる、喉がひきつる、胸が苦しくなる、イライラするなどです」
答え2「       」

指示3「ここでもういちど、好きな人がいないという画面を考えます。こんどは、自分を不快にさせた相手も登場させましょう。その相手を全身像にして、白黒にします。その人物を遠ざけましょう」
答え3「       」

指示4「今の画面はそのままにして、過去の中で、勇気と希望をもって積極的にかかわって、親密に打ちとけて仲よくすることに成功した状況を考えてみましょう」
答え4「       」

指示5「ここで、ちょっとした実験をします。今のあなたからもうひとりの自分が脱け出して、上から見下ろしている、と想像しましょう。この分身の自分が、成功してうまくやれている自分のところまでさかのぼって出かけていきます。分身の自分に、成功している自分に、なぜうまくいったのか?を尋ねてもらってください。教えてくれる人の指示に従ったとか、下調べをしたとか、相手との会話の時間を長くとった、相手と何かをやって学ぶことがあったなどです。答えがナットクのいくものだった
ら、分身には戻ってきてもらいます」
答え5「       」

指示6「また、実験をします。
左手を、片手拝みのポーズで目の前に出して、答え3の場面の自分を立たせましょ う。
次に、右手を片手拝みのポーズにします。答え5の自分を、右手の手の平の前に立たせます。
右手を左手にだんだんに近づけていき、左手の自分に右手の自分をくっつけて融合させましょう。この時、右手が左手にくっつきます」
答え6「       」

指示7「右手と左手をつけたまま、融合した自分の顔を大きくします。笑顔で、自信に満ちた表情にしましょう。この自分は、新しい知性や勇気、優しさを身につけています。この融合した自分が高く上がって、今のあなたの中に入りこみ、融合したと想像しましょう」
答え7「       」

● テスト・チェック
指示8「答え2の状況を考えてみましょう。まだ、好きな人がいないという辛い感覚がありますか?」
答え8「       」(正直に話す)

注4・まだ、孤立な気分がして、辛く感じるときは指示5、答え5に戻って社会的チェックをおこないます。
正しい動機、正しい目的に見合った成功例の方法かどうかを調べて、修正しましょう。修正した自分を融合させると、うまくいくようになります。


『子どもが出会う犯罪と暴力・防犯対策の幻想』
(森田ゆり、生活人新書、NHK出版より)
「心の病いの学が不在の時代の新しいイメージ療法」
指示1「暴力をふるいたくなるような、暴れたり、大声を出したくなる状況を考えてください。
その相手の人も思い浮べてみましょう」
答え1「       」(考えたら「はい」。以下同じ)

指示2 「次に、同じような気持ちになった時の自分は、いつだったか?を思い出してみましょう。
初めにそんな気持ちになった時はいつか?を考えてください」
答え2「       」

指示3 「ここで簡単な実験をします。今のあなたからもう一人の自分が抜け出して、高い所から見下ろしていると想像してください。この分身の自分が初めて暴力を受けた時の自分の所までさかのぼります。
その幼い日の自分はどんな様子か?を教えてください」
答え3「       」

指示4 「分身の自分に、どうすれば悔しい気持ち、悲しい気持ち、怖い気持ちが無くなるのか?を尋ねてみましょう」
注1・ここでは「父親に暴力をふるうことを止めてほしい」とか「暴力をふるって悪かったと謝ってほしい」とか、「母親には、あなたは悪くない、お母さんがついているから、守ってあげるから心配しないでね、と言ってほしい」などを「社会的チェック」もかねて指示するか、本人に言わせる。本人が言えない時は分身に代わって言ってもらう。
答え4「       」

指示5 「幼い自分は、安心して笑顔になって喜んでいますか?」
答え5「       」
注2・「幼い自分」が安心して、笑顔になったことを分身に確認させる。

指示6 「分身のあなたは、幼い自分の手をつないで、今のあなたまで戻って来ます。今のあなたに融合してしまったと想像しましょう」
答え6「       」

指示7 「もういちど答え1の状況を当事者として考えてみましょう。不快に感じる相手の人を全身像にします。白黒にしてどんどん遠ざけます。背景を鮮明にしてカラーにしましょう。相手の人の声も小さくして、代わりに優しい母親の声を流して大きくしましょう」
答え7「       」

◎ チェック・テスト
指示8 「答え1の状況を考えてみましょう。まだ、暴力をふるいたくなり、暴言を吐きたくなる気持ちになりますか?」
答え8「       」(正直に話す)
注3・ここでまだ、暴力をふるいたくなる、うつ状態がある場合は、答え4に戻って「社会的チェック」(社会教育)をおこない、修正します。再び、指示1からくりかえすと改善し、治ります。

ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.