谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

ようこそ。私どもの全日本カウンセラー協会ポルソナーレのカウウセリング・ゼミへ

ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ

平成25年5月5日

 『カウンセラー養成ゼミ』『ゼミ・イメージ切り替え法』のゼミ生の皆様、こんにちは。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミを受講していただいていることに、心より、厚く御礼を申し上げます。

『無縁社会・無縁死・3万2千人の衝撃』という番組が放映されました(二〇一〇年一月三十一日放映)。
 年間3万2千人の無縁死とは身元不明の自殺、行き倒れ、餓死、凍死で亡くなった人のことです。「行旅死」(こうりょし)ともいいます。
 全国の市町村で年間3万2千人にものぼるとNHKスペシャル取材班は調べた結果を発表しています。
 「行旅死」の中には、アパートの一室で孤独に生活をしていて一人でポツンと死んだ高齢者も、身元と同義の親族や遺骨の引き取り手がいないので「無縁死」に数えられています。
 この「無縁死」に孤立や孤独の意味を見た人が「共同墓」を希望して生前契約をしています。
 これらの事実は、日本人の孤立、孤独を象徴します。

   とりわけ「共同墓」とは、一体どういう孤立、もしくは孤独を意味するのか?に焦点を当てるのが、今回のポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。

 カウンセリングの見地から参考になるのがE・ミンコフスキーの『生きられる時間』(みすず書房)とハンナ・アーレントの『人間の条件』(『谷川うさ子哲学入門』67、68所収分をご参照ください)です。


まず、ハンナ・アーレントは、「人間の寿命」は二重になっているといいます。それは、人間の生理的身体の寿命のことです。生理的身体は、動物一般と同じように自然の一部です。したがって、人間の寿命(生きられる時間)は、草木、犬、猫、タヌキと同じように、短い時間しか生きられないという特質をもっています。それは、「自律神経の症状」といわれている疾患や症状が象徴します。

 例えば、次のような「自律神経の症状」です。

◎自律神経の症状 《解説》
  1. 脳の言語野「左脳の言語野」と「右脳の言語野」の交感神経が働いていなくて、副交感神経優位による症状です。

  2. 左脳・右脳の言語野の交感神経は、「ブローカー言語野・3分の2」の言語領域です。

  3. 左脳・右脳の言語野「ブローカー言語野・3分の2」は頭頂葉に到達した視覚の知覚神経の「Y経路」支配です。

  4. 脳の言語野の交感神経と首から下の身体の交感神経は対応関係にあります。

  5. 交感神経は血管の収縮をおこないます。
     この交感神経が「止まる」とは、血管が拡張した状態になります。すると、血管拡張の生化
     学物質が血液の中に滞留して、自己免疫疾患、アレルギー、腫瘍をつくり出します。

■「自己免疫疾患」の例

 「関節リウマチ」「SLE(全身性エリテマトーデス)」「腎臓障害」「バセドウ病」「シェーグレン病」「ベーチェット病」「多発性硬化症」(視力障害、感覚障害、手足の麻痺、歩行障害など)「強皮症」「自己免疫性の糖尿病」など。

■生化学物質とその主な作用

ヒスタミン…アトピー性の皮膚炎やアレルギー疾患をつくります。
セロトニン…行動を止める不快感、眠気、無気力をつくり出す。
アセチルコリン…重症筋無力症など、自己免疫疾患をつくり出す。
プロスタグランジン…痛み、苦痛感をつくり出す。
ロイコトリエン…喘息などの発作をつくり出す。不安発作もつくり出す。

■「交感神経が止まる」という自律神経の症状の例

全身症状…「倦怠感」「疲れ易い」「冷え性」「圧迫感」「焦燥感」「もの忘れ」「肥満」「るいそう」など。
神経筋症状…「不眠」「目まい」「耳鳴」「頭痛」「偏頭痛」「背痛」「腰痛」「手指・眼瞼(がんけん)の震え」
循環器症状…「動悸」「息切れ」「血圧の動揺性」「不整脈」など。
呼吸器症状…「呼吸困難」「喘息」「上気道の感染傾向」「呼吸促進」「喉頭異物感」など。
消化器症状…「食欲不振」「胃痛」「胃潰瘍」「胃けいれん」「神経性下痢」「習慣性便秘」
皮膚症状…「じんましん」「アトピー性の皮膚炎」「多汗症」など。
泌尿・生殖器症状…「頻尿」「夜尿症」「性欲障害」「残尿感」「神経性の多尿・および欠尿」など。

■ここでご説明しているのは、自然の一部としての人間の生理的身体の「生きられる時間」のことです。
 ハンナ・アーレントは、「人間は、世界性の中でもうひとつの寿命をもつ」と説明しています。
 そのもうひとつの「寿命」は、脳の言語野「ブローカー言語野」の「3分の2」の言語領域のことです。ここは自律神経の交感神経の支配です。(視覚の知覚神経のY経路です。二・五次元、三次元、およびゲシュタルト形態原理を構成して意識化します。)

 このブローカー言語野「3分の2」の言語領域を働かせないということが起こっています。その結果、このメッセージでご案内しているとおりの「自律神経の症状と疾患」が発生します。
 したがって、自律神経の症状や疾患を治そうと思うならば、「左脳」と「右脳」のブローカー言語野「3分の2」のゾーンを働かせるように「言葉」「言語」を学習する、その学習は「家の中」で行ない、この「一人練習」をつづけるということ以外には、有効な対策はありません。
 
 平成25年5月3日付の日本経済新聞に「DV目撃の子どもの脳が萎縮している」という記事が載っていました。「福井大学子どものこころ発達研究センター」の「友田明美教授ら」の研究で5月2日までに『米オンライン科学誌』に発表したというものです。「右脳」および「左脳」の後頭葉にある視覚野の一部の細胞が「6・1%小さい」「6・5%薄い」(右脳)、「左脳の視覚野の一部も6%薄い」というものです。

 ポルソナーレの推測では、視覚野・Y経路の領域が廃用萎縮を起こしていると考えられます。X経路は、「クローズアップ」「自分の身体との一体感」「距離が無い」「時間性の意味を了解させる」「関係づけが成立する」ということを意味するからです。

 このことから分かることは、日本語の「文法」の已然と未然にもとづく主観の及ぼす脳のメカニズムです。ブローカー言語野「3分の2」のゾーンを主観の内扱いのままに放置すると、どんなに努力してもなかなか内扱いのもたらす病理は解消しないという事態を抱えていって、悪化の一途をたどることは必然であるだろうと思われます。
 この内扱いの「愛狎」や「軽蔑」「侮蔑」にもとづく身近な他者に向ける病的な言動は、E・ミンコフスキーのいう『生きられる時間』の中の分裂病者の身近な他者に向ける敵対的な言動と「等価概念」であるというカウンセリングはここにもとづきます。

 日本人のこのようなリスキーな病理のしくみをよく分かって、ポルソナーレのカウンセリンゼミの学習意義をご理解なさってください。

 今回のポルソナーレ・カウンセリング・ゼミは、このようなことをご一緒に考えて習得します。

 今回も、皆様のポルソナーレのカウンセリング・ゼミの学習がよりよい学習成果を上げてお役に立つことを心よりお祈りしています。


「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
 受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
女性向けカウンセリング・ゼミ、男性の「女性」対応・ゼミ

ゼミ・イメージ切り替え法

プロ「教育者」向けカウンセリング・ゼミ

カウンセラー養成ゼミ

脳と心の解説

教育方針は「教える・育てる・導くカウンセリング」です 。
「女性」「子ども」のこんな心身のトラブルならあなたにもすぐ解消できます。

「女性向け」、「男性の“女性”対応」のカウンセリング・ゼミです。
女性は「相手が喜ぶ」という共感がないと、ものごとを正しく考えられません。

女性と心を分かち合える「脳」を、最高に発達させる!!が教育の狙いと目的です。女性を「見る」「見たい」、女性から「見られる」「見られたい」関係をつくる、カウンセリング術です。

女性の「脳を健康を働かせる」!安心と安らぎを分かち合う、が教育のテーマと目標です。「気持ちが安心する。だから、知的に考えられる」という女性の本質を支えつづけるカウンセリング術です。

女性の脳の働きが伸ばす「人格=パーソナリティ」を目ざましく発達させる!が教育の方針です。 女性が社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と、知的に関われる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスを楽々のりこえる女性の「脳」を育てる!!が教育の人気の秘密です。女性は、脳の働きと五官覚の働き(察知して安心。共生して気持ちよくなる)とぴったりむすびついて、一生、発達しつづけます。


脳と行動の診断

人の性格(ものの考え方)が手に取るように分かる「心の観察学」

心の病いに感染させられない「人間の関係学」がステキに身につきます。

心の病いを救出する、心と心をつなぐ「夢の架け橋術」

相手に好かれる「対話術」がまぶしく輝くので、毎日が心の旅路。

相手の心の働きのつまづきが正しく分かって、「正しい心の地図をつくれる」ので、損失、リスクを防げます。

性格のプロフィールが分かるから正しく「教え・育て・導く」ができる本物の社会教育の実力が身につきます。


よくある質問

学校に行くとイジメがこわいんです。私にも原因ありますか?

怒りっぽいんです。反省しても、くりかえしています。治りますか?
脳と心の解説

「仕事・人生・組織に活かすカウンセリング」です。他者の心身のトラブルを解消できれば、自然に自分の心身のトラブルも解消します。

プロ「教育者」向けのカウンセリング・ゼミです。
人間は、誰でも「気持ちが安心」しないと正しく「ものごと」を考えられません。

「脳を最大限に発達させる」が教育の狙いと目的です。「指示性のカウンセリング」とは、 「一緒に考える」「共感し合って共に問題を解決する」カウンセリング術です。ものごとには「原因」(脳の働き方)があるから「結果」(心身のトラブル)があります。

「脳の健康を向上させる」、が教育のテーマと目標です。「指示性のカウンセリング」は、「考えたことを実行し、考えないことは実行しない」 という人間の本質を、最後まで励まし、勇気づけるカウンセリング術です。

脳の働きがつくる「人格=パーソナリティ」を育てる!が教育の方針です。
「指示性のカウンセリング」は社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と正しく関わる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスに強い、元気に働く「脳」に成長させる!!が教育の魅力です。
「指示性のカウンセリング」は五官覚(耳、目、手、足、鼻)を正しく発達させて、言語の能力も最高に発達させるカウンセリング術です。


脳と行動の診断

「心の病いの診断学」が楽しく身につきます。

心の病いの予防と解消の仕方の「人間の理解学」が身につきます。

心の病いに気づける「人間への愛情学」が驚くほど身につきます。

「交渉術」の知性と対話の能力が目ざましく進化しつづけます。

相手の心の病理が分かって、正しく改善できるので心から喜ばれます。「心の診断術」

病気になるということ、病気が治るということが正しく分かる、最高峰の知性が身につきます。


よくある質問

朝、起きると無気力。仕事にヤル気が出ません。うつ病でしょうか?

仕事に行こうとおもうと、緊張して、どうしても行けません。治りますか?
バックナンバーの一部を9期後半分より、随時掲載していきます。
詳しくは下記をクリック
 ゼミ・イメージ切り替え法
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 ゼミ・イメージ切り替法の詳細
 ゼミ・イメージ切り替法トップページ
 自立した女性の性と家庭教育ゼミ
 カウンセラー養成ゼミ
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 カウンセラー養成ゼミ詳細
 カウンセラー養成ゼミトップページ
 戦う男性の社会教育ゼミ
入会も随時受け付けています。
入会と同時にご希望のバックナンバー等、ビデオ(DVD)学習で、学んでいただけます。


ゼミの見学、ゼミのバックナンバービデオ(DVD)試聴も無料です
ニューズレターと共にお送り致します。 詳しくは「入会案内」をご覧下さい。


ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.