谷川うさ子トップページへ ポルソナーレ電話0334966645
ポルソナーレ メール

ようこそ。私どもの全日本カウンセラー協会ポルソナーレのカウウセリング・ゼミへ

ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、平成28年2月より第18期のゼミを展開します。第18期の教育の狙いと目的をお伝えします。

日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、
ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」
(省略する、無視する、忘れるということです)
ということを本質にしています。

 日本人の最大の問題は、要介護状態誰にでも発生すること、にあります。直接の原因は、認知症(痴呆症)と、その内容の周辺症状です。周辺症状とは、「行動の部分、限定の止まり」が定義です。

 脳の働き方から解明すると、周辺症状とは「幻覚」と「幻聴」のことです。
 会話のときに、「相手の顔、目を見ない」、「相手の顔、目を見ても、作り話を話す」と「幻覚」、「幻聴」がつくり出されます。
 要介護状態に陥らない、認知症(痴呆症)にならない、ための対策の基本は、「相手の顔、目を見ながら話す」「自分の顔を相手に見せながら話す」「相手の話はおしまいまで聞く」、です。
 これが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが研究・開発した「要介護状態の治し方」「認知症(痴呆症)の予防と改善の仕方」です。
 慣れるまではガマンして実行しましょう。「やわらかく相手の顔、目を見る」ことがコツです。

 認知症(痴呆症)とは、ひとくちにいうと「行動が部分的、限定的の止まること」です。
 「学校に行かない」「引きこもり」「昼まで寝ていて、入浴しない」「一日中、オンラインゲームばかりしている」といったことが「行動の部分、限定の止まり」です。ひとりの力でトイレに行く、たまには入浴する、時々は家の外に出る、という「行動」はおこなわれているので「部分的、限定的な行動の止まり」です。

 認知症(痴呆症)というと、「人の名前を忘れる」とか、「自分の身近な人の顔も忘れること」だといわれてきました。長期記憶ができないことが認知症(痴呆症)だといわれてきました。
 しかし、この理解は誤りです。人間の脳の働き方から説明すると、長期記憶というのは、脳の言語野空間構造というルールきまり約束を記憶する領域があって、この領域を働かせることをいうのです。日本人の使う日本語は、「自分自身にとって」という已然(いぜん)、未然(みぜん)が話し方とか書き方の構文になっているので、短期記憶言語領域しか働いていません。
 日本人の脳の働き方は、全員、一人残らず短期記憶なのです。

 短期記憶とは、「短い間しか憶えることができない」ということではありません色とか、味とか、香りといったことしか憶えないということです。
 だから、言葉でいうと、名詞とか形容詞抽象名詞というものは「憶えない」のです。
 日本語は、短期記憶のための言葉です。それが「已然」と「未然」ということの本質です。
 山下秀雄日本のことばとこころ』(講談社)で日本語の「已然」と「未然」について分かりやすく説明しています。
《已然と未然の文例》

A「人はだれでも野菜を食べる」
B「ぼくは毎日、野菜を食べる」
C「わたしは今、この野菜を食べる」

 Aは、「食べる」の一般論です。ふつう「現在形」といわれている形です。
 Bは「食べる」という行為が成立しているし、同時に進行状態もあらわしているので「已然」です。
 Cは、まだ「この野菜を食べていない」ので「未然」です。

D(問い)「わたしたちは、目でどんなことをしますか?」
E(答)「わたしたちは、目でこの部屋の黒板を見ます」

 Dは、「目の働き」の一般論を尋ねています。したがって「已然」ではありません。
 Eの答えは「未然」の言い表し方です。しかし、正しくは、一般論としての「目の働き方」を答えればいいので「見ます」とだけ言えばよいことがわかります。ここでの「見ます」は「已然」ではなく、一般論です。

F「友だちが、いま居る」
G「友だちが、いま帰る」
 Fは「已然」です。話し手と友だちとは、同じ時間、同じ空間の中に立っているからです。Gは、友だちが同じ場面にとどまっていますが、やがて「帰るだろう」と「まだ」を言い表しているので「未然」です。

H「あの子はおやつを食べているのよ。あと少しで食事だからもうおやつは食べさせないでほしいね」
I「毎日、深夜まで働いていて、休日も働くのってとてもつよく精神力だね」
J「毎日、職場のブラックな状態を見ているのに、病人が出るまで放置していましたね」

 Hの「已然」は「…ている形」です。「完了後の現状」をあらわしています。
 Iも「完了後の状態」をあらわす「已然」です。
 Jも「已然」ですが「現在の状態」をあらわしています。

 この山下秀雄の日本語の已然(いぜん)と未然(みぜん)の説明で重要なことは、「自分自身にとって」という判断の仕方であるということです。
 已然未然の意味は「自分自身にとって」ということです。已然未然は「動詞」、すなわち「自分の行動」を憶えるという脳の働き方になります。

 日本語の構文では已然(いぜん)と未然(みぜん)が基本の表現形式になっているということは、「相手」とか「複数の人間にとってではなくて、「自分にとって」、を言いあらわすということです。
 「相手」「複数の人間」のための言葉とは、「名詞」「抽象名詞」「形容詞」です。
 すると、已然と未然の動詞中心の言葉は、ルールきまり約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。
 この「相手についてのことを話さない、聞かない。自分の動詞の言い表す言葉しかしゃべらない」というのが「内扱い」です。

 人間の脳は「左脳」と「右脳」で成り立っています。
 左脳右脳は、共時して働きます。そして独立しても働きます。

左脳言葉をつくり出すルールきまり約束学習する。
右脳行動をつくり出す行動の目的や必要を学習する。
◎左脳の視覚野聴覚野…「場面」「状況」を見る。名詞、抽象名詞、形容詞の中の法則を聞く
◎右脳の視覚野聴覚野行動の対象の色、味、香を見る。風の音、動物や小鳥など自然音を聞く

 日本語の「内扱い」は、「左脳の視覚野」「左脳の聴覚野」に受容される知覚情報を「右脳の視覚野」「右脳の聴覚野で否定するということです。
 已然未然の動詞文が、「外扱い」の「名詞」「抽象名詞」「形容詞」のもつルールきまり約束といった「法則」を否定するということです。

 これは、人間の顔についている「目」「耳」の働き方に影響を及ぼします
 母親が子どもの「顔、目を見ない」「子どもの話すことをおしまいまで聞かないという「視覚」と「聴覚」の働き方になります。ここで当の子どもは「目」と「耳」の自律神経の交感神経働かないので、副交感神経中心「見方」「聞き方」をおこないます。副交感神経を働かせる血管の中の血液には、生化学物質セロトニンヒスタミンアセチルコリンプロスタグランジンロイコトリエンコレチストキニンなどの苦痛、痛み、不快感をつくるホルモンが滞留します。これが大脳辺縁系の中枢神経の扁桃核海馬線条体に作用して不安定な記憶のイメージを選択的に表象させます。

 母親が子どもの「顔、目を見ない」というときの子どもの脳(右脳・実像)の「感覚の知覚」の領域には、「外側核」(食べたい欲)に、已然未然の「動詞文」が移行して「人の言葉を憶えない」「書かれたものを憶えない」「行動の秩序も憶えない」という周辺症状つくり出します
 人間に対して敵対的な「幻覚」をイメージします。
 外側核は「過食症」を中心とする症状をつくり出します

 母親が子どもの「顔、目を見る」しかし作り話を話す」というケースは視床下部の「腹内側核」にシフトします。ここでは、子どもの目の自律神経交感神経は働くので「食べたくない欲」の腹内側核に、已然未然の「動詞文」がシフトするのです。
 ここで母親の話す「作り話」は「名詞」「抽象名詞」を壊すという話し方になります

 「お隣の山田さんは変な人なのよ」(人の悪口を話す)、「お母さんはね、悪い病気になっているのよ」(自分の病気の話をしゃべる)「お母さんもね、中学生のころから人の目が気になっていたのよ」(自分の妄想を話す)「お母さんは、あなたのお父さんのことを尊敬しています」(本当は、不安の目で見ている)などの作り話」が、子どもの「脳」右脳・実像)の「知覚の認知」(知覚の了解作用の過程)(吉本隆明によります)に、「幻聴」を表象させます。
 「幻覚」も「幻聴」も「行動の目的」になるので「右脳ブローカー言語野3分の1の領域」に常に自己」として無意識化して表象しつづけています。

 パソコン、スマホ、デバイスなどのテクノロジーによる画面(ディスプレー)は、これらの「幻覚」と「幻聴」が「ネット検索」によって選び取った「文字」「文」「画像」を表示させます。「幻覚」と「幻聴」とディスプレー(画面)表示の「ネット情報」とは同値です。つまり多くの人にとっては、已然未然の「動詞」によって「入力」「指先で検索」した「幻覚」と「幻聴」を「見る」「聞く」ことをおこなっています自分の目が見ている、耳が聞いているので、「見る」「聞く」という行動」(已然と未然の動詞)が已然」として完成します。
 すると「手、足の行動」もディスプレー(画面)に見る「已然」のとおりに止まるのです。
 現在の認知症の周辺症状幻覚幻聴)はこのようにして「行動の止まり」をあらわしています。

 このような脳の働き方の解明から日本人の要介護に至る認知症(痴呆症)周辺症状予防し、改善するのが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミの教育の狙いと目的です
 この第18期のカウンセリング・ゼミも変わらずに厚い御支持をいただきますようどうぞよろしくお願いいたします。


読むだけで幸せになる手紙
←前へ  次へ→

うさ子

クマ江



■ポルソナーレのカウンセリング・ゼミのご案内

◎カウンセラー養成ゼミ(プロ教育者対応ゼミ)
◎ゼミ・イメージ切り替え法(女性のためのカウンセリング・ゼミ)

(1)新しくご入会される方は「初級コース」から学習していただけます。
(2)学習することが無気力などで困難な方へは、無料でガイダンスなり、レクチュアもしくはカウンセリングを実施します。
(3)「子どもへの言葉の教育の仕方」もアドバイスしています。
(4)就職の能力、就業の能力についても個人指導をおこなっています。

◎お申し込みはこちらへどうぞ。うさぎ
   〒150‐0021
    住所 東京都渋谷区恵比寿西1‐14‐3 サンライズビル3F
    TEL 03(3496)6645
    FAX 03(3464)5905
   全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ本部


学習に役立つ書籍


「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
 受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
女性向けカウンセリング・ゼミ、男性の「女性」対応・ゼミ

ゼミ・イメージ切り替え法

プロ「教育者」向けカウンセリング・ゼミ

カウンセラー養成ゼミ

脳と心の解説

教育方針は「教える・育てる・導くカウンセリング」です 。
「女性」「子ども」のこんな心身のトラブルならあなたにもすぐ解消できます。

「女性向け」、「男性の“女性”対応」のカウンセリング・ゼミです。
女性は「相手が喜ぶ」という共感がないと、ものごとを正しく考えられません。

女性と心を分かち合える「脳」を、最高に発達させる!!が教育の狙いと目的です。女性を「見る」「見たい」、女性から「見られる」「見られたい」関係をつくる、カウンセリング術です。

女性の「脳を健康を働かせる」!安心と安らぎを分かち合う、が教育のテーマと目標です。「気持ちが安心する。だから、知的に考えられる」という女性の本質を支えつづけるカウンセリング術です。

女性の脳の働きが伸ばす「人格=パーソナリティ」を目ざましく発達させる!が教育の方針です。 女性が社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と、知的に関われる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスを楽々のりこえる女性の「脳」を育てる!!が教育の人気の秘密です。女性は、脳の働きと五官覚の働き(察知して安心。共生して気持ちよくなる)とぴったりむすびついて、一生、発達しつづけます。


脳と行動の診断

人の性格(ものの考え方)が手に取るように分かる「心の観察学」

心の病いに感染させられない「人間の関係学」がステキに身につきます。

心の病いを救出する、心と心をつなぐ「夢の架け橋術」

相手に好かれる「対話術」がまぶしく輝くので、毎日が心の旅路。

相手の心の働きのつまづきが正しく分かって、「正しい心の地図をつくれる」ので、損失、リスクを防げます。

性格のプロフィールが分かるから正しく「教え・育て・導く」ができる本物の社会教育の実力が身につきます。


よくある質問

学校に行くとイジメがこわいんです。私にも原因ありますか?

怒りっぽいんです。反省しても、くりかえしています。治りますか?
脳と心の解説

「仕事・人生・組織に活かすカウンセリング」です。他者の心身のトラブルを解消できれば、自然に自分の心身のトラブルも解消します。

プロ「教育者」向けのカウンセリング・ゼミです。
人間は、誰でも「気持ちが安心」しないと正しく「ものごと」を考えられません。

「脳を最大限に発達させる」が教育の狙いと目的です。「指示性のカウンセリング」とは、 「一緒に考える」「共感し合って共に問題を解決する」カウンセリング術です。ものごとには「原因」(脳の働き方)があるから「結果」(心身のトラブル)があります。

「脳の健康を向上させる」、が教育のテーマと目標です。「指示性のカウンセリング」は、「考えたことを実行し、考えないことは実行しない」 という人間の本質を、最後まで励まし、勇気づけるカウンセリング術です。

脳の働きがつくる「人格=パーソナリティ」を育てる!が教育の方針です。
「指示性のカウンセリング」は社会性の世界(学校・仕事・社会の規範・人間関係のルール・合理的な思考)と正しく関わる!を一緒に考えつづけるカウンセリング術です。

ストレスに強い、元気に働く「脳」に成長させる!!が教育の魅力です。
「指示性のカウンセリング」は五官覚(耳、目、手、足、鼻)を正しく発達させて、言語の能力も最高に発達させるカウンセリング術です。


脳と行動の診断

「心の病いの診断学」が楽しく身につきます。

心の病いの予防と解消の仕方の「人間の理解学」が身につきます。

心の病いに気づける「人間への愛情学」が驚くほど身につきます。

「交渉術」の知性と対話の能力が目ざましく進化しつづけます。

相手の心の病理が分かって、正しく改善できるので心から喜ばれます。「心の診断術」

病気になるということ、病気が治るということが正しく分かる、最高峰の知性が身につきます。


よくある質問

朝、起きると無気力。仕事にヤル気が出ません。うつ病でしょうか?

仕事に行こうとおもうと、緊張して、どうしても行けません。治りますか?
バックナンバーの一部を9期後半分より、随時掲載していきます。
詳しくは下記をクリック
 ゼミ・イメージ切り替え法
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 ゼミ・イメージ切り替法の詳細
 ゼミ・イメージ切り替法トップページ
 自立した女性の性と家庭教育ゼミ
 カウンセラー養成ゼミ
 バックナンバー第7期まで
 バックナンバー第8期から
 カウンセラー養成ゼミ詳細
 カウンセラー養成ゼミトップページ
 戦う男性の社会教育ゼミ
入会も随時受け付けています。
入会と同時にご希望のバックナンバー等、ビデオ(DVD)学習で、学んでいただけます。


ゼミの見学、ゼミのバックナンバービデオ(DVD)試聴も無料です
ニューズレターと共にお送り致します。 詳しくは「入会案内」をご覧下さい。


ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
トップページ NEW! 年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料
『分裂病の自己診断表と自己診断』
男性に嫌われない女性の話し方
女性に嫌われない男性のしゃべり方
を教えます

ポルソナーレのマスターカウンセリング

メールマガジンの登録・解除はこちらから
まぐまぐ! メルマ!
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー(メルマガ・その他過去の連載)


クマ江
クマ江さん

《クマ江版・おそろし》
スクールカーストと
脳の働き方 百物語
第一話〜
バックナンバーはこちら
バックナンバーはこちら
うさ子
谷川うさ子さんの
お役立ちカウンセリング
 
バックナンバーはこちら
「第19期」(平成29年・2017年)ゼミ、開講中!
受講生の皆様へ 平成25年冬版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ
受講生の皆様へ 平成25年5月5日 版 ポルソナーレからの真実の愛のメッセージ 詳しくはこちら!
ポルソナーレ代表
 田原ごあいさつ

 
 著作一覧
/ 略歴
時代の病理デウスドクター初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子
 「今日の一言」掲示板
谷川うさ子です
谷川うさ子 です。
 私がご案内いたします
ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内 哲学入門 サンプル
社会的なるものと私的なるもの
twitter @porsonale

トップページ

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.